宮崎希沙「CURRY NOTE 2015」


curry note 2015

宮崎希沙「curry note 2015」¥194+税

カレー好き、zine好きで、毎年、手帳サイズのカレージンを作っているうちに、プロのデザイナーになり、昨年は5年分のcurry noteをまとめた新書判まで作ってしまった宮崎さん。そのDXも好評のうちに売り切れ、いつものフォーマットにもどったcurry noteを発行。

この1年で足を運んだカレー店の中からおすすめを紹介して、見開きの反対側のページは読んだ人がメモれるようなノートになっています。

このジンの目的は、カレーのランクづけでなく、自らのカレー体験を通し、皆さんと情報を共有し、カレーを愛すること。
所在地ほか、欧風、印度風、和風などの分類と「辛さのの唐辛子マークといった基本データ以外は、お店全体の雰囲気やメニュー構成も含めてのカレー体験や感想が中心。

カレー好きとして知られ、情報提供も増えてか、まだこんな穴場があったのか?!的なお店もあれば、ブッフェスタイル、カフェカレーといろいろの20軒。
一人でもサクッと入れるカウンター式のお店から、ディナー向きのお店など、カレーの味だけでなく、カレーを食べにゆくシチュエーションや同伴者、カレー店やお店の人にまで、カレーをとりまくすべてに暖かい目を向けて、それぞれの良さを紹介してくれているので、読むだけでハッピーになれるし、実際に足を運んで食べてみれば美味しいという具合。

巻末にはtopicと題して、イベントのカレーや、デザインしたウミネコカレーの看板やショップカードなど、イレギュラーなネタもあり。2010年、2011年,2012年、2014年、2015年版で紹介したお店リストも出ています。

表紙は蛍光イエローでタイトルとカレーイラストのスタンプがおされています。

A6判52P

curry note 2015 中身