雑誌」カテゴリーアーカイブ

ラトビア発のコミックアンソロジー š! #40「The Very End」

š! #40「The Very End」 ¥1019+tax

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌š!40号のテーマは、前号のThe Endからさらに進んでThe Very End。

様々な問題を抱えた世界に、コロナ感染の波はおさまるどころか、第2波、第3波までやってきています。
そんな今だからこそ、自分を大切に。コミックの世界にどっぷり浸かりながら自身をいたわりましょう。

表紙: Valentine Gallardo (France)
寄稿:Agate Lielpētere (Latvia), Alessandra Marin (Italy), Amber Gyselings (Belgium), Ana Maçã (Portugal), André Lemos (Portugal), Antoine Beauvois (France), Daniel Lima(Angola), Daphné Geisler (France), Emelie Östergren (Sweden), Ingrīda Pičukāne (Latvia), Iván McGill (Spain), James Turek (USA), Keiler Roberts (USA), König Lü. Q. (Switzerland), Lauri Mäkimurto (Finland), Leandro Waibe(Argentina), Lote Vilma Vītiņa (Latvia), Michael Fikaris (Australia), Nico Troti (France), Oskars Pavlovskis (Latvia) Pauls Rietums (Latvia), Sanita Skvarnavica (Latvia), Scott Travis (USA), Tanya Hrabovska (Ukraine), Valentin Orange (France), Valentine Gallardo (France), Vivianna Maria Stanislavska (Latvia)

A6判180P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

コミックアンソロジー Glaeolia 2

Glaeolia 2 (Glacier Bay Books)¥4000+tax

ポートランドのGacier Bay Booksが発行するコミックアンソロジーGlaeolia.
Glacical(氷の、氷河の)とAeolia(浮島、ギリシア神話の風の神)の合成語がタイトル。
第2弾は、300超ページ、12人の日本の漫画家の作品を収録しています。
シアトルのCold Cube Pressによる500部のリソグラフ印刷で、カバーはラミネート加工によりソフトなタッチになっています。

執筆者は—
INA「DAYS」
川勝徳重「電話・睡眠・音楽」
大庭賢哉「リーザの左手」
嶽まいこ「深夜旅行記」「手のひらに地上の星」
黒木雅巳「茶碗」
山本美希「ファミリーレストラン」
三島芳治「原子爆弾ノート」「最近のCG」
森雅之「雪の夢」「不在」「遠くから」「踊る幽霊」
森田るい「出るってウワサ」
ネルノダイスキ「M1」
中山望「ムーンドッグは待ち続ける」
詩野うら「はなびら」「プロローグエピローグ」
表紙: oratnir

17.8cm x 25.4 cm 330pages
※本の開きの関係で「電話・睡眠・音楽」は上下が逆になっています
英語 (日本語の作家・作品紹介のペーパーつき)

中くらいの友だち Vol.8(韓くに手帖) コロナ時代の韓国で

中くらいの友だち Vol.8(韓くに手帖) コロナ時代の韓国で(韓くに手帖舎) ¥1000+tax

前号に続き、コロナ禍の韓国から。
流行と抑制を繰り返すwithコロナの中で、これまでの当たり前がそうでなくなったり、予想外の事件が展開。

ちょっとした異変に、念のため受けたMRI検査で脳に動脈瘤が見つかってしまった在韓ワーキングママ。
コロナ禍で、病床が足りない中、思わしくない診断、急を要する手術に、不安を抱えながらも、いくつかの幸運と、家族や友人、医療スタッフの強力サポートのおかげで、診断から退院まで、韓流ドラマさながらの怒濤の3週間を送った闘病記は涙もの。

ほかにも、日本製品の不買運動やらコロナによる子供たちの在宅学習などに翻弄されながらも、助け合う現地のママさんバレチームのお話など、韓国の生活者たちの声が届いています。

旅行が自由にできない時期、偶然にも「1974年のソウルへの旅」(李銀子)と「1976年のピョンヤンへの旅」(宋毅)を収録。同時代、南北の二つの都市への旅が隣り合せに。

【目次】
<目次>

巻頭特集 コロナ時代の韓国で
韓国タワー探求生活⑧ コロナ時代の南山ソウルタワー  …… 清水博之
わたしの好きなまち⑧ アンニョン! WWW  …… 大瀬留美子
私の韓国闘病記   …… 韓麻木
韓流ママさんバレーの世界  …… 山岸由佳
閉ざされた国境の両側でーーその後  …… 伊東順子

だから泣かない  …… カン・バンファ
間島紀行  …… 金起林著/斎藤真理子訳
留学生の僕が考える「韓流」と日本のこと  ……クォン・ジェミン
日本語人アッパの韓国スケッチ⑧ 愛しの大怪獣ヨンガリ  …… ゆうき
コプチャンチョンゴルの飲んだり、食べたり、歌ったり⑧
コリアン・ロック復刻盤特選! ピックアップ・レビュー  …… 佐藤行衛
韓国美術行脚⑤ はんぶんの美術史  …… らさおらさ
母を偲ぶ  …… イム・スウン
柿の木  …… 南椌椌
若き日にピョンヤンでのこと
1976年12月 18歳の私は厳冬のピョンヤンにいた …… 宋毅
「言葉の杖」を求めて 李良枝―同時代を生きた友へ(後編Ⅰ)  …… 李銀子

A5判144pages

カルチャー & タトゥーマガジン「SUMI(スミ)vol.3」

カルチャー & タトゥーマガジン「SUMI(スミ)vol.3」¥600+tax

タトゥーを通して、人物、食、銭湯、ショップ、本などカルチャー全般を紹介する雑誌。

これまでよりも10ページ強増ページし、今号は音楽関係のアーティストのインタビューが充実しています。

タトゥーのある人はもちろん、銭湯やショップはオーナーやスタッフのタトゥー有無に関わらず、タトゥーに寛容なスペースがが取材されています。

内容はーーー
RAHに感謝 JNKMN×らーめん陸
読むDRUG ILNESS 「ラスベガス・71」
[インタビュー]Jin Dogg ラッパー
[インタビュー]ELLE TERESA ラッパー
[インタビュー]WILYWNKA ラッパー
[インタビュー]PIZZALOVE ラッパー
[インタビュー]CRUELLASEX ジュエリーショップ
銭湯の片スミ 齋藤湯(銭湯・日暮里)
[インタビュー]戦慄かなの アイドル、プロデューサー

A5判46pages

NEUTRAL COLORS 1 : 自分でつくると決めたインドの朝

NEUTRAL COLORS 1 : 自分でつくると決めたインドの朝(NEUTRAL COLORS)¥2400+tax

旅の雑誌、NEUTRAL、TRANSIT、ATLANTIS を世に送り出してきた、編集者・加藤直徳の新雑誌『NEUTRAL COLORS』の創刊号。

個人的な体験や創作や記憶を、オフセットに加えて活版印刷、リソグラフ、シルクスクリーンなどのハンドメイドな印刷手法の合わせ技で構成した誌面から発信します。

特集は「自分で作ると決めたインドの朝」。
シルクスクリーンの美しい絵本で世界中にファンを持つ南インドの出版社タラブックスの工房取材にはじまる超個人的なインドへの想いが綴られた現地取材を新旧の手法を織り交ぜながら印刷することで、色彩やデザイン的にユニークなだけでなく頭の中で様々な記憶が合成されて像や考えが浮かぶように、奥行きある誌面が楽しめます。
在本彌生、矢萩多門、ユザーン、千賀健史らの寄稿もあり、テクスト量も豊富で、何度でも手にとりたくなります。

25.7cm×18.2cm 232P