カテゴリー別アーカイブ: アート

40年分の夢の記録の結晶 田名網敬一「夢の悦楽」

田名網敬一「夢の悦楽」(東京キララ社)¥4800+税

75年から2016年まで40年以上にわたる、田名網敬一の夢の記録を厳選収録した夢日記集。

夜毎まぶたを閉じれば現れる、見たこともない日常と過去の記憶。
さらにそれらが絡まり合い、新たな現実をつくりだす。「夢からの情報が私の制作に強い刺激を与え続けたから」これほどまで長く記録し続けられたという、膨大な記述から多数のイラストと文章で綴る豪華装丁夢日記。

不思議な視点から非日常を眺めたり、異様に具体的だったりリアルかと思えば、ありえないくらいにエロティックだったりグロテスクな夢の数々。作品の源泉に触れるようなイメージの数々に圧倒されます。

【田名網敬一 略歴】 1936年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業。1991年より京都造形芸術大学教授。
1960年代からメディアやジャンルの境界を横断して、デザイン、イラストレーションといった商業美術の枠に留まらず、アニメーション、実験映画そして絵画、彫刻作品まで幅広く手掛け、現代の可変的なアーティスト像の先駆者として世界中の若いアーティストたちに大きな影響を与えている。特にアンディ・ウォーホルとの出会いに触発され、現在に至るまで「編集」というデザインの方法論を用いながら、「アートとデザイン」、「アートと商品」、「日常と美の関係」といった今日の現代美術が抱える主用な問題に対して実験的な挑戦を試み続けている。近年の主要な展覧会:個展「No More War」(ベルリン)、個展「KILLER JOE’S (1965-1975)」(スイス)、グループ展「Ausweitung der Kampfzone: Die Sammlung 1968-2000」(ベルリン)、出展「International Pop」(アメリカ・巡回展)

B5判変形上製328pages(カラー40pages・モノクロ288pages)

柳生忠平「モノノケマンダラ」

柳生忠平「モノノケマンダラ」(瀬戸内人)¥1400

八十八か所の霊場をめぐるお遍路信仰がいまものこる霊性の島、小豆島で、そこにつたわる妖怪やカミガミの民俗の蒐集しながら、目に見えない妖怪たちの声に耳を澄まし、”全身これ一本の筆となり”ひたすら妖怪のすがたを描く妖怪画家・柳生忠平。

島の古い民家の天井、取り壊した家屋の戸板など、何かが宿った素材に絵を描くことが多く、不定型の作品が多い作家の作品群を、フォークロアに明るい地元の出版社が24葉のポストカード画集に編集。
怖いだけでない、ユーモラスな異形に、妖怪世界の深さを感じさえられます。

A6判48pages

●柳生忠平(やぎゅう・ちゅうべい)
妖怪画家。1976年、香川県小豆島生まれ。東京、大阪、京都、香川等で個展を開催。
近年はイタリアや台湾でも展示を行うなど、世界中に「妖怪アート」の魅力を伝えている。
巨大妖怪天井が「モノノケマンダラ」など柳生忠平の作品は、香川県小豆島「迷路のまち」のアートギャラリーMeiPAMで鑑賞することができる。

ラトビア発のコミック雑誌 š! #28 「Scandal!」

š! #28 「Scandal!」¥1018+税

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌。
28号は、Scandal!がテーマ。
メディアによって拡散される情報がときととしてとんでもない事になってしまう時代だからのテーマ、スキャンダル!!

表紙と本文に、「25年以上商業的成功とは無縁にファンジンなどでコラージュ作品を発表してきた」という
フランス人アーティストSamplermanが登場。クリエイティブブランド「BRAIN DEAD」とLAのコミックストアSECRET HEADQUATERSの共同プロデュースSECRET BRAIN Comicsの第一弾として、コミックブックがリリースされ最近注目されるアーティスト。
日本からはICHASU、嘉江、山崎若菜、秋元机が寄稿しています。

掲載作家は—
表紙: Samplerman (France)
執筆者: Ana Galvañ (Spain), Conxita Herrero (Spain), Dace Sietiņa (Latvia), Emmi Valve (Finland), Ichasu (Japan), Ingrīda Pičukāne (Latvia), Jannis Esselbrügge (Germany), König Lü. Q. (Switzerland), Līva Kandevica (Latvia), Līva Piterāne (Latvia), Lukas Weidinger (Austria), Mārtiņš Zutis (Latvia), Samplerman (France), Tara Booth (USA), Tsukue Akimoto (Japan), Ville Kallio (Finland), Wakana Yamazaki (Japan), Yoshie (Japan), Zane Zlemeša (Latvia). – See more at: http://www.komikss.lv/books/#sthash.liVJaVNF.dpuf

A6判164P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

櫛野展正「アウトサイドで生きている」

櫛野展正「アウトサイドで生きている」(タバブックス) ¥1800+税

専門の美術教育を受けず、美術業界のシステムの外で独自の活動を続ける特異なアーティストとその作品に魅了され、アウトサイダーアートのキュレーションを行い、自身も規制の美術業界とは一線を画した活動を行う決意表明としてアウトサイダー・キュレーターを名乗る櫛野展正が18人のアーティストを取材・紹介。

70才すぎて写真とMacをはじめた自撮りおばあちゃん、大量の死んだ甲虫を使って武者人形を作るおじいちゃん、10代からの食べたものを詳細な絵で記録する中年男性、河川敷の草を刈ってキャラを描く路上生活者…外からの情報や評価を気にせず、自らの意志と方法で表現を続ける人々を各地に訪ね、”自らを生きる”ことを問う。

福祉施設での就職を機に、アート活動支援を始め、鞆の津ミュージアムの開館に携わりキュレーターとして活動する中で、障害者だけでないアウトサイダーアート「極限芸術~死刑囚の表現~」「ヤンキー人類学」などを企画するようになった作者だが、ミュージアムが障害者の作品を中心とした場所への原点回帰を打ち出したことで独立し、2016年、アウトサイダー専門ギャラリー・クシノテラスをオープン。福祉と美術の間で模索を続けるキュレーターが
「障害がない」ゆえに既存の福祉制度でとりあげられず、美術界でも評価されない周縁アーティストたちの人生に迫った渾身のドキュメンタリー。

目次————-

はじめに
クイーン・オブ・セルフィー 西本喜美子
妄想キングダム  遠藤文裕
隠密ツーリスト  熊澤直子(忍者ぶきみ丸)
怪獣ガラパゴス天国  八木志基
昆虫メモリアル  稲村米治
ラーテルになりたい  ラーテルさん(あなぐまハチロー)
ドローイングディズ  辻修平
路上の果て  爆弾さん
お水のカラクリ道  城田貞夫
極彩色のラッキーハウス  小林伸一
落書きラビリンス  野村一雄
進化するデコ街道  山名勝己
ヲタの祝祭  武装ラブライバー(トゥッテイ)
記憶を包む極小絵画  大竹徹祐
草むらの親善大使  藤本正人
あの味を忘れない  小林一緒
進化を続ける愛の砦  大沢武史
仮面の奥の孤独 創作仮面館

世界を治癒する者 解説:花房太一
おわりに
———————–

●櫛野展正(くしの・のぶまさ)
日本唯一のアウトサイダー・キュレーター。1976年生まれ。広島県在住。
2000年より知的障害者福祉施設で介護福祉士として働きながら、
広島県福山市鞆の浦にある「鞆の津ミュージアム」 でキュレーターを担当。
2016年4月よりアウトサイダー・アート専門ギャラリー「クシノテラス」オープンのため独立。
社会の周縁で表現を行う人たちに焦点を当て、全国各地の取材を続けている。
クシノテラス http://kushiterra.com

四六判304pages
カラー136ページで、関連作品の図版も多数収録しています。

ICHASU イチャス「SUKAPONTAN」

ICHASU イチャス「SUKAPONTAN」¥926+税

芸大在学中はデザインを専攻し、オモチャを改造して作品を作ったいたが、卒業制作でマンガを制作したのを機に、おちゃらけキャラが自由に生きるPOPな世界を、なめらかでクリアな線と鮮やかな色使いで描いてきたアーティストICHASU。

コミックに登場するようなキャラクターを描きながら、5年ほど、漫画から遠ざかっていた彼女が
2016年大阪excubeでの個展で、久々にマンガを描きました。

おいしいものに目がない主人公が、その空腹を探知した謎の「句売る句助け隊」にいざなわれ、旅に出るのですが、なかなかおいしいものに辿りつけぬまま紆余曲折のうちに神様と出会うものの、主人公と登場人物たちは神様に翻弄されて…とんでもない体にされてしまうのでした。

フリーキーなまでに奇想天外、数ページにわたって描かれる絵巻物のような構成…
杉浦茂やキクチヒロノリ、ネルノダイスキなどが好きな人にオススメかも。ポップでダイナミックなICHASUの世界をお楽しみください。