カテゴリー別アーカイブ: アート

Jeffrey Cheung「Jeffrey Cheung 2016 Zine」

Jeffrey Cheung「Jeffrey Cheung 2016 Zine」(Tiny Splendor)¥926+税

あざやかな色彩と、コミカルなフォルムで男性を描くJeffery Cheungのイラスト集。

ほのかなミント色の厚紙に、7色のインクを使ってリソで印刷されています。

サン・フランシスコとバークレーに拠点を持つTiny Splendorからの出版。

203mm×140mm 16pages(表紙含む)

再入荷 珍奇世界社「オール見世物」

珍奇世界社「オール見世物」¥9800+税

珍奇世界社のカルロス山崎編集による、見世物小屋の雰囲気を満喫できる豪華ヴィジュアルブック。

実際の見世物小屋に掲げられ各地を旅した巨大な布製看板90枚をメインに、舞台に登場した蛇女、牛娘、女相撲などの芸人、双頭の動物の剥製など小屋の様子を伝える貴重な写真や書き起こした口上を収録。
大半のページは看板の形にあわせて観音びらきという豪勢なつくりで、98ページですが150ページ分くらいのボリュームがあります。

317×220mm上製、タイトル金箔押し 98pages

80年代台湾を描いた漫画+イラスト Gao Yan 高妍「1982」

Gao Yan 高妍「1982」¥1800+税

かつての台湾の何でもない日常や景色を描いた漫画小冊子とA4判ポスター集。

10葉のポスターには、今は台湾では絶滅してしまった台湾豹虎や高砂豹の別名を持つ雲豹や台湾犬などの動物たち、ローカルでレトロな風物とともに人々が描かれています。

作者のGao Yanは台北出身のデザインを専攻する学生。96年生まれの彼女が、古書店で働いているときに「これは6年前の私たちーーー」という書き込みとともに1982年+台湾人の名前が記入された、アメリカの写真家パトリシア・シモンズのPortraits of Taiwan in the year of dragonをみつけたことから、歴史の上では特別な年ではない82年を中継点に、写真家の視点や息づかいを感じとり、かつての台湾の何でもない日々が積み重なって作られた歴史、歴史に記録されない日々や自分の知らない台湾に思いを馳せ、情緒豊かにポスターを描きます。

また漫画冊子では「雨」と題して、台湾でたくさん目にするスクーターの情景の中に父と娘の姿を描きます。亡き祖母への父の想いを察しながら、その死を思い出させる事柄には触れずに、二人乗りの父の背中に顔をうずめる少女の姿から、他愛ない日常の中に人々の歴史があることを語りかけてくれます。

台湾には、親が亡くなったときに婚約中の子供は100日以内に結婚するか、1年先まで待つという
ならわしがあるそうで、これに従って自身の両親が祖母の死から間もなく結婚し、やがて作者自身が誕生した経緯に、生と死の連鎖を感じつつ、漫画の中でも歴史の一部をなす、何でもない日常を詩的に表現したのだそう。

漫画冊子 17.5×12.5cm 16pages
ポスター 27cm×19cm 10枚
英訳ペーパー 28×40cm
活版印刷厚紙ホルダー入り 29.7cm×19.2cm ポストカードカードつき

フランスのアーティストデュオicinoriの活版折り本「COUNT DOWN」「DESSUUS DESSOUS」

シルクスクリーンやリソグラフに限らず、古い印刷技法やローカルな印刷の愛好家でもある、フランスのアーティストデュオicinoriが、地元オルレアンで3代続く活版印刷職人リビィ兄弟のアトリエで古い活版印刷機を使って印刷した本です。

既刊の「LOI」と「JEAN& JEAN」も合わせて再入荷しています。

icinori 「COUNT DOWN」¥1389+税

タイトル通り、5から0への装飾的に描かれた数字のカウントダウンです。
余談ですが、以前にicinoriは、リソグラフで、アルファベットの中の文字を装飾的に描いた
冊子PROCRASTINATIONを作っていましたが、こちらは、数字版、活版ヴァージョンといったかんじです。

10cm×18cm 手製本 活版の多色刷りになります。
表紙には箔押し、帯にはエンボスがほどこされています。


icinori 「DESSUS DESSOUS」¥1389+税

上下逆さま、あべこべ世界を描いた活版折り本。
大好きな人が遠くにいるとき、帰ってきたときーー魚が空を泳いだり、人が犬小屋や檻の中、動物が外…6つのイメージを収録しています。

10cm×18cm 手製本 活版の多色刷りになります。
表紙は箔押し、帯にはエンボスが施されています。

フランスのアーティストデュオicinoriのリソグラフ本「L’AMI」「TEUSAQUILLO 」「n the shell」

フランスはオルレアンのアーティストデュオ、マユミとラファエルによるicinoriのリソグラフ本が3種入荷しました。絵本や挿絵などでフランス内外で活躍する2人は、学生時代から、中古で買った古いリソグラフで自ら印刷や製本を手掛け、企業やショップとコラボする人気作家となった今も、上質なジン作りを続けています。
共同制作の間は、作品を2人の間で往復させながら、編集者目線で互いに相手の描いたものを修正しながら加筆してゆくのだとか。

icinori「L’AMI」¥1389+税

真夜中に目がさめた子供が、謎の訪問者とともに世界の果てまで旅をする、一夜の物語。

点描によるやわらかでニュアンスある絵を古いリソグラフによる2~3色印刷で、味わい深く、アーティスト自ら印刷・製本しています。
表紙はシルクスクリーン3色刷りで、一部、銅色の箔押しがあります。

20.5cm×21cm 20pages
本文は簡単なフランス語ですが、最後のページに英訳もまとめて出ています。


icinori リソグラフ 「TEUSAQUILLO drawing in BOGOTA」 ¥741+税

アンスティチュ・フランセの招聘で、コロンビアの首都ボゴタに滞在したicinoriの二人がテウサキリョ地区の建物に取材したデッサンを現地のLA SILUETAのリソグラフで作家たちが印刷したもの。

15.5cm×23.5cm 16pages


 

icinori「 in the shell 」¥1389+税

デュオの片割れMayumi Oteroが、フランス東部のナントゥア湖畔で生まれたアパレルブランドCotélac(湖畔の意味)の2015年の春夏コレクションのために描いたモチーフを収録したジン。

表紙は青い独特の風合いの紙に黒インクで印刷されており、光の反射加減によって金色っぽく見えたり黒になったりします。以前に白い紙ヴァージョンで出されましたが、表紙の紙とインクを変えての改訂ヴァージョンで再入荷しました。

29cm×31cm 24pages リソグラフ6色刷り。
小さな厚紙の本の真ん中に大きなサイズの本がはさまった形になっています。