書籍」カテゴリーアーカイブ

根本敬 Takashi NEMOTO 「Honeymoon」

根本敬 Takashi NEMOTO 「Honeymoon」(Le Dernier Cri) ¥3000+tax

フランスはマルセイユで、スルクスリーン印刷によるアートブック出版を手掛けるLe Dernier Criによる、表紙も中身もすべてシルクスクリーンで印刷された根本敬作品集。
根本敬のドローイングやコラージュをさらにパキート・ボリノが再構成してプリント。
カラーページは4色分解風に刷っており、片側が観音折りになったページになっています。

20 x 30 cm 本文18ppages 12色刷 150部

 

 

 

ネルノダイスキ「いえめぐり」

ネルノダイスキ「いえめぐり」(KADOKAWA)¥1000+tax

駅から徒歩30分以内の部屋数の多い静かな物件—
そんな希望を不動産屋に伝え、さっそく車で内見に向かったが案内される物件は、どれもワケあり….?

二笑亭のようにかつての主が自ら設計した不思議な屋敷もあれば
地下に広がる巨大なアリの巣のような屋敷
すべてがデジタル化した全自動の家、
カルト集団の生活拠点、
自然と共生できるbioすぎる家
サイケな館….

と、奇想天外な物件が続く…
カラーページのサイケ屋敷の中に登場する奇妙なコラージュやオブジェは、作品の中に展示されたネルノダイスキのアートワークで、それらも含めて、建築めぐり、いわくの物語めぐり、ネルノ作品めぐりが堪能できます!
描きおろし作品。

A5判168pages

煙囪 Yan Cong 漫畫集 Comics 2012-2020

煙囪 Yan Cong 漫畫集 Comics 2012-2020 (Mangasick)¥2273+tax

中国の漫画家、煙囪(Yan Cong 煙突の意味)の2012年以降の作品集。
日本のガロ系漫画のファンで、自身もオルタナ系漫画誌「叙事癖」を編集発行し、お手製のコミックzineでも作品を発表。最近はkus!など、海外の漫画誌にも寄稿しています。

冒頭の最新作「從北京到香港、從香港至台北」は、自身が見た夢を漫画化したもので、逆柱いみりの「夢の香港旅行」を求めて、レンタル自転車をこいで、北京から香港へ、香港から台北へ行くというお話。日本のひとつの漫画作品を通して、北京ー香港ー台北が繋がってゆきます。
作品集の中に根本敬作品が出てきますが、氏の作品にも通じる人間の存在や営みに対する悲哀や無常観が漂いながらも、同時につきぬけたエネルギーや愛しさに溢れています。

鉛筆のタッチ、描写が美しく、モノクロページが多いのですが、その質感を再現するために、墨と銀のインクを使ってデュオトーンで印刷されています。
台北のMangasickでの個展にあわせて制作された作品集。

23cm ×17cm 272pages 2020

追悼版 春川ナミオ画集 I & II

春川ナミオ画集 I 『INCREDIBLE FEMDOM ART OF NAMIO HARUKAWA—ドミナの玉座、あるいは顔面騎乗主義者の愉楽』(エディシオン・トレヴィル)¥3600+tax

少年時代、絵画の教師の豊満な美尻に魅せられ、夜な夜な布団の中で憧れのお尻絵を描き始めて以来、60年以上に亘って、類稀な想像力とユーモアある構成で、豊満なお尻に顔を埋める至福を描き続けてきた春川ナミオ画伯の集大成的画集。

春川ナミオまえがき、春川ナミオ・インタビュー
寄稿:空山基、谷川渥、藤田博史、アニエス・ジアール、相馬俊樹。

圧倒的な図版数に加え充実した資料・解説を収録。追悼増補版となっています。

A5判変型366pages、並製


春川ナミオ画集 II 『FACESITTING ARE FOREVER – 顔面騎乗主義は永遠に』(エディシオン・トレヴィル)¥3800+tax

孤高のロマンティック・マゾヒズムでM世界を席巻し、その生涯を堵して<絶対的顔面騎乗主義>のレジームを貫いたフェムドム・アート界の太陽王・春川ナミオに捧ぐレクイエム。

異才の苛烈な画業と謎にみちた驚異の人生を回顧した愛溢れる追悼版。

寄稿:鹿島茂、みうらじゅん、ロッキン・ジェリービーン、大沼瞳
初期&未発表作品、デッサン、アトリエ風景など貴重資料収録。

A5判変型366pages、並製

自由爵士音盤取調掛・編「日本フリージャズレコード図説」

自由爵士音盤取調掛・編「日本フリージャズレコード図説」(カンパニー社)¥2000+tax

1969年から1989年の間に録音された日本のフリージャズ・レコード384枚をリスト化し、細部を見つめ、流れるままに語る。+α関連するレコードやカセット・CDも多数掲載。
コンパクトなフリージャズ入門書と言うには奇矯な、あまりに奇矯な、読み物的ディスクガイド。

目次

レコード・リスト
-column:原種と亜種 その1
-column:原種と亜種 その2
-column:宇宙楽団、すなわち日本のサン・ラ?
-column:おんがくぐーん! 音楽の学校・音楽の劇場
-column:山下洋輔&仲間たちのその他の作品
-column:沖至、加古隆のフランス活動時代の諸作品
-column:佐藤允彦・富樫雅彦のピアノトリオ
-column:近藤等則のその他の参加作品
-column:リスト未掲載盤の補足
注釈の多い座談会
注釈
索引

●自由爵士音盤取調掛(ふりーじゃず・おんばんとりしらべがかり)
2011年、ジャケット・イメージ研究室としておもにフリージャズ・レコードのオリジナル盤鑑別、分類、調査を目的に設立された私的研究所。当初はある研究機関の分室だったが2016年独立を機に改名。現在までに初盤判別手引書(Incus編、FMP編、ICP編)、阿部薫ディスコグラフィーなどを制作、《NANA》ジャケットに見る3連敗の考察、マルテ・レーリンク擬似ジャケ研究を発表している。

B6変型並製:288pages(うち、カラー口絵32pages)