カテゴリー別アーカイブ: 漫画

panpanya スウエット 魚

panpanya スウエット 魚 ¥4544+tax

panpanya による「オフィシャル スウエット2020」

Tシャツでも好評をいただいていたpanpanya の漫画に頻出するモチーフ魚を、缶詰ラベル風の絵柄にして、生成りとグレーのニュアンスが入ったオートミール色のスウエットにあしらいました。

裏はパイル地になっていますが、季節を問わず着やすい薄手素材です。

S・M・L・XL の4サイズ展開になります。
(Sサイズ = 女性Mくらいの大きさです)
S: 身丈64 身幅47 肩幅41 袖丈61
M: 身丈67 身幅50 肩幅44 袖丈62
L: 身丈70 身幅53 肩幅47 袖丈63
XL: 身丈73 身幅56 肩幅50 袖丈63

素材: 綿100% (8.4オンス)

形や色味は写実的、でも頭部はpanpanyaらしいキャラクターに。

袖や裾のリブと、裏のパイル地部分

襟ぐりのバックプリント

関根美有「あだうち喫茶」

関根美有「あだうち喫茶」¥364+tax

関根美有の新旧の漫画短編4本を収録したジン。

●「ママール・フ・モモール、なりに」「タピシエール」「白エリと青エリ」など仕事にまつわる日常の哲学を描く関根美有が、神様のミッションを遂行する科学者を主人公に職場を描いた「はたらきものたち」(2013)。

●自身の喫茶店でのアルバイト経験をもとに店内で同時に展開する会話を定点観測的に描いた「池袋の喫茶店」(2019)。

●父が好きなアロマ風呂に浸り、その日を反芻する娘。時間をずらして同じ場所で言葉もなく香りで繋がる父と娘の日常を描いた「風呂と父さん」(2013)。

●仇討ちを果たすことを人生のモチベーションに大人になった娘の、その先を描く「あだうちさん」(2019)。

表紙は猫ですが、作品の中には猫は出てきません。
A5判50pages

ムライ 作品集「ネコ・フォルモサ」

ムライ 作品集「ネコ・フォルモサ」¥1000+tax

漫画家ムライの初期の作品から最新の作まで、雑誌やpixiv,ツイッターに掲載したものを21本セレクトした短編漫画集。
比較しながら見ることで、そのタッチの変遷を追う事もできます。

日常に巨大な猫や焼鴨が現れるちょっと不思議な話や、台湾っぽいアジアな雰囲気(タイトルのフォルモサは台湾の別称)、日常雑記的なもの、青春もの、恋愛ものなど、色々なお話が入っています。

【収録作品】
京都鴨川納涼猫
ヘビになった彼氏の話①
読書
美術
音楽
美術部先輩と後輩の話
タマと光子おばちゃん
ツジウルミ
ハッスルクラッシャー
一人ぽっちの機械の町
SECRET OF WOLF
楢ノ木大学士の野宿 第二夜 原作:宮沢賢治
CAT IN THE CAR~後日談・もう一つの秘密~
バードウィーク
夏天吃剉冰-チュンティエンチーツォーピン
焼鴨恋物語
イラ・フォルモサ
ヘビになった彼氏の話②
ある日のダイアログ
クレイドル
森と林

A5判152pages

香山哲「ベルリンうわの空 ここ…もしかしたら最高の街なんじゃない?」

香山哲「ベルリンうわの空 ここ…もしかしたら最高の街なんじゃない?」(イースト・プレス)¥1000+tax

香山哲のベルリン移住記。

アーティスト活動や自主制作出版をしながら、フリーランスで、限られた自分の時間を使って消耗せずに生きるには…というテーマに向き合ったきた香山哲。

ヨーロッパを旅して、より自分に合った暮らしを模索してベルリンに移住してみたら、仕事に追われることなく、のんびり生活や暮らしができるようになった。。。

SNSにアップした移住生活を描いた漫画に書籍版限定書きおろしコラムを加えてまとめたもの。

B6判変型168pages

※このお話の前段階ともいえる「心もクウェート」もあわせてどうぞ。

KAYA Hiroyaカヤヒロヤ「Now Loading」 Yuki TAKAHASHI 高橋由季「Now Loading」

KAYA Hiroya カヤヒロヤ「Now Loading」 ¥1300+tax

とぎれとぎれの線を活かした味のあるキャラクター、不均一なあわい色合いと線でそこにあるようで、ないような、浮遊観ある不思議な世界を描くカヤヒロヤ。

2019年秋の高橋由季とのデザインユニット、コニコでの展示にあわせて作成された画集。

夢の中にいるのか、ゲームの中に入りこんでしまったのか
ふわふわした不思議な世界を、女の子が変身したり
未知の世界に飛び込みながら、すすんでゆきますー。

ゲームのローディング画面のような、余韻の残るイラスト集。

A5判72pages  無線綴じ


TAKAHASHI Yuki 高橋由季 「Now Loading」 ¥1300+tax

女の子のイラストレーションを中心に、書籍、雑誌、広告、CDジャケットなど様々な媒体で活動中のイラストレーター・高橋由季。

2019年秋のカヤヒロヤとのデザインユニット、コニコでの展示にあわせて作成された画集。

スケボーやエスカレーターやバスに乗ってちょっと近未来な街に出て、喫茶店や屋上へと流れるように移動する女の子。
途中、コニコのカヤヒロヤが描くキャラクターが出てきて同名のそれぞれの画集がリンクします。

A5判72pages 無線綴じ