カテゴリー別アーカイブ: 漫画

坂口尚「12色物語」

坂口尚「12色物語」(マンガ作品保存会)¥10000+税

1995年、49才の若さで逝去した漫画家・坂口尚の名作短編集「 12色物語」の新装復刻本。

緑のイメージから「生」をテーマに描かれた『朝凪』、白のイメージから孤高の芸術家魂を記した『雪の道』、黄のイメージから牧歌的で軽やかな恋を顕わした『ひまわり畑』など、12の色からイメージする、様々な人々、さまざまな国を舞台に紡がれる連作漫画。
坂口尚の圧倒的な画力、豊かな詩情、緻密な構成力をご堪能ください。

●坂口尚
高校在学中の1963年に虫プロダクションへ入社。
アニメーション作品『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』等で動画、原画、演出を担当した後フリーとなり
69年に漫画雑誌『COM』にて『おさらばしろ!』で漫画家デビュー。70年代後半の漫画界における”ニューウェーブ”の潮流の先駆的存在として活躍。24時間テレビのスペシャルアニメ『100万年地球の旅 バンダーブック』『フウムーン』等で、作画監督、設定デザイン、演出等を担当。
1980〜90年代に『石の花』『VERSION』『あっかんべェ一休』の長編3部作を発表した。

A5判 300部限定

本作を創作する際に作家がプロットや構成などをメモしたり、キャラクターの下描きをした創作ノートから構成した冊子「12色物語 創作ノート」、2016年の展覧会の展示作品に解説などを付したカタログ「はじめての坂口尚展」もございます。

セクシャルマイナリティがテーマの1ページ漫画集  岬千皓「ボーダレス」

岬千皓「ボーダレス」¥1000+税

岬千皓がtwitter上で発表した、セクシェルマイナリティをテーマにした1ページ1話完結の作品をまとめたもの。

男女では分けきれない、性のグラデーションの中での親子、友人間、職場などででおこる無意識の偏見や差別、LGBTという言葉が少しずつ社会に広まる中で忘れられがちなこと、当事者の心に響いたことなどを描いています。

B5判オールカラー50pages

ナマエミョウジ「ねこのおまわりさん1 」

ナマエミョウジ「ねこのおまわりさん1 」¥400+税

漫画ギャグ作家ナマエミョウジによるねこのおまわりさんが主人公のコミックシリーズ第一弾。

ニポレ島に赴任したねこのおまわりさん。
暖かくてふかふかした場所でうとうとしたり、珍しいもの(ピストルなど)にじゃれたり猫の本能を発揮しまくりながら、
島の安全のために働きはじめますが…。
無邪気なおまわりさんに仕事がつとまるのでしょうか?!

A5判24pages

創刊10年記念号 š! #29 「Baltic Comics Magazine」

š! #29 「Baltic Comics Magazine」¥1019+税

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌。
創刊10周年記念の29号は原点に戻ってバルティックコミックマガジン。
青年マンガ、オルタナティブコミックが殆どなかったラトビアにコミックの可能性を広げるべく、デビッドとサニタの2人がはじめたkus!
判型を文庫サイズに小さくしたり、言語も基本的に英語に統一したり、模索と変更を重ねながら、ラトビア、バルトや北欧以外からも作家を招き、10年間、雑誌の発行以外にも展覧会やワーックショップなどのイベントも企画しながらラトビアのコミックをサポートしてきました。
29号は地元作家とともに、その10年間の成果を披露しています。
独自の色味にあふれた、ヴァリエーション溢れるラトビアコミックの世界が楽しめます!!!

掲載作家は—
表紙: Mārtiņš Zutis
執筆者: Anete Melece, Anna Vaivare, Dace Sietiņa, Dāvis Ozols, Elīna Brasliņa, Ernests and Andrejs Kļaviņš, Ingrīda Pičukāne, Kaspars Groševs, König Lü. Q. (Switzerland), Laura Ķeniņš, Līva Kandevica, Lote Vilma Vītiņa, Maija Kurševa, Mārtiņš Zutis, Oskars Pavlovskis, Rasa Pavilona, Rebeka Lukošus, Reinis Pētersons, Rūta Briede, Zane Zlemeša (all from Latvia except Lü. Q.).

A6判164P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

池田ハル 初単行本「裸のアヌーシュカ」

池田ハル「裸のアヌーシュカ」(青林工藝舎)¥1800+税

女の子をモチーフに、イラストレーターとして活動していた池田ハルが、2003年の「第五回アックスマンガ新人賞」の古屋兎丸個人賞受賞をきっかけに漫画を描きはじめ、10数年がかりで完成させた作品集、初漫画単行本!
連載分を大幅に加筆修正し、52ページの描きおろしを加えての完成版です。

作者が大好きなゴダールの「気狂いピエロ」の中のアンナ・カリーナを下敷きにしたモチーフやオマージュ、インスパイアされた物語が詰め込まれています。一般的な漫画のコマ割りとは違った、イラストブックのような構成もところどころにあり鉛筆で描かれたタッチが味わい深いです。

A5判212pages 初版300部でエディション入り。
タコシェでお求め分にはサインと特典のポストカードがつきます!!

発売記念の個展をパールブックショップ&ギャラリーさんで7/23まで開催。