漫画」カテゴリーアーカイブ

いましろたかし『未来人サイジョー』ー全巻同時購入特典のご案内ー

2020年、ベテラン漫画家先生の突然死により、50才にして職を失ったプロ漫画アシスタント西条浩志は、都落ちの途中で50年前の大阪にタイムスリップしてしまう!
肉屋で働く漫画家志望の青年・北川ススムとの出会いによりはじまる、SFタイムスリップサスペンス変則まんが道!!!!!!!!!!

2018年11月号~に2021年2月号、コミックビームに連載されたいましろ先生の大型エンタメ作品が単行本化され、2021年4月12日にKADOKAWAより全3巻一挙発売となります。

これを記念して、タコシェにて全巻同時にお買い上げのお客様に、いましろ先生直筆の未掲載コマを特典としてご提供いただきました。

特典は、くじびき方式で、ご購入の際に数字をご指定いただきますと、予め割り振った番号に対応する作品をさしあげます。

(特典の一部)

(↓店頭でお求め/お受け取りのお客様は表紙画用などの大きめサイズも選択肢に含まれます)

4月1日よりご予約を開始いたします。ご注文はこちらから

==『未来人サイジョー』書籍情報==

◯『未来人サイジョー 1巻 流転立志編』¥740+tax

突如、激動騒然の2020年から、50年前の大阪にタイムスリップしてしまった元漫画家アシスタント西条浩志(50歳)。
ツテ無し無一文の彼の前に現れたのは、肉屋でバイトをしながらプロ漫画家を夢見ている稀代のお人好し北川ススム(20歳)!
二人を待つ未来とは!? 決死のサバイバルが今始まる!!
B6判210ページ

◯『未来人サイジョー  2巻 主都星雲編 』¥760+tax

西条の甘言にそそのかされた北川ススムは、盗作の片棒を担がされているとも知らず、職業漫画家の道を歩み始めるのだが……。
物語の舞台は大阪から東京へ! 目指せ漫画で一攫千金! ボンクラ凸凹コンビの奮闘を描く首都青雲編!!
B6判226ページ

 

◯『未来人サイジョー  3巻 帰還春雷編』  ¥760+tax

西条の思惑とは裏腹に、マイナー劇画誌界隈で低空飛行を続けていた北川プロダクション。そんなある日、もう一人のタイムスリッパーが現れ物語は意外な結末へ……。
ハートフルな男達が繰り広げる前代未聞の漫画道! 堂々の完結!!
B6判226ページ

Rex Koo「城塞誌異 STRANGE TALES OF WALLED CITY」

Rex Koo「城塞誌異 STRANGE TALES OF WALLED CITY」 ¥3400+tax

香港のアーティストRex Kooによ初の本格的コミック。

すべての人が認証システムにより管理されたパラレルワールドの香港を舞台に街の崩壊と再生が描かれています。

デザイナー、イラストレーターとして映画に関する仕事に携わってきたREX KOOならではの、映画へのオマージュやドラえもんからAKIRAにいたる日本の漫画への親しみも感じさせられる場面が登場します。

B5判136pages テクストはありません

スケラッコ「にぬき・ビール・デマエ またきたよ!」

スケラッコ「にぬき・ビール・デマエ またきたよ!」 ¥650+tax

「にぬき・ビール・デマエ おまちどう!」に続く、新作。

紫色で体も態度も大きい猫のにぬき、名前の通りのビールくん、会社員で本名は岡持の、デマエちゃん。

京都の町を舞台に、人と動物と飲み物がなんの違和感もなくまったりと暮らしていましたが、予想だにしなかったパンデミックがやってきました。

狭いマンションではじまる3人暮らしのリモートワーク。
なじみのお店も休業して、あんなにいた海外からの観光客たちの姿も消えてー。
いつもと違う京都で3人は、不安になったり前向きになったり、協力したりしなかったり、工夫したりで、新しい暮らしに踏み出してゆきます。

A5判48pages

ラトビア発のコミックアンソロジー š! #40「The Very End」

š! #40「The Very End」 ¥1019+tax

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌š!40号のテーマは、前号のThe Endからさらに進んでThe Very End。

様々な問題を抱えた世界に、コロナ感染の波はおさまるどころか、第2波、第3波までやってきています。
そんな今だからこそ、自分を大切に。コミックの世界にどっぷり浸かりながら自身をいたわりましょう。

表紙: Valentine Gallardo (France)
寄稿:Agate Lielpētere (Latvia), Alessandra Marin (Italy), Amber Gyselings (Belgium), Ana Maçã (Portugal), André Lemos (Portugal), Antoine Beauvois (France), Daniel Lima(Angola), Daphné Geisler (France), Emelie Östergren (Sweden), Ingrīda Pičukāne (Latvia), Iván McGill (Spain), James Turek (USA), Keiler Roberts (USA), König Lü. Q. (Switzerland), Lauri Mäkimurto (Finland), Leandro Waibe(Argentina), Lote Vilma Vītiņa (Latvia), Michael Fikaris (Australia), Nico Troti (France), Oskars Pavlovskis (Latvia) Pauls Rietums (Latvia), Sanita Skvarnavica (Latvia), Scott Travis (USA), Tanya Hrabovska (Ukraine), Valentin Orange (France), Valentine Gallardo (France), Vivianna Maria Stanislavska (Latvia)

A6判180P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

コミックアンソロジー Glaeolia 2

Glaeolia 2 (Glacier Bay Books)¥4000+tax

ポートランドのGacier Bay Booksが発行するコミックアンソロジーGlaeolia.
Glacical(氷の、氷河の)とAeolia(浮島、ギリシア神話の風の神)の合成語がタイトル。
第2弾は、300超ページ、12人の日本の漫画家の作品を収録しています。
シアトルのCold Cube Pressによる500部のリソグラフ印刷で、カバーはラミネート加工によりソフトなタッチになっています。

執筆者は—
INA「DAYS」
川勝徳重「電話・睡眠・音楽」
大庭賢哉「リーザの左手」
嶽まいこ「深夜旅行記」「手のひらに地上の星」
黒木雅巳「茶碗」
山本美希「ファミリーレストラン」
三島芳治「原子爆弾ノート」「最近のCG」
森雅之「雪の夢」「不在」「遠くから」「踊る幽霊」
森田るい「出るってウワサ」
ネルノダイスキ「M1」
中山望「ムーンドッグは待ち続ける」
詩野うら「はなびら」「プロローグエピローグ」
表紙: oratnir

17.8cm x 25.4 cm 330pages
※本の開きの関係で「電話・睡眠・音楽」は上下が逆になっています
英語 (日本語の作家・作品紹介のペーパーつき)