漫画」カテゴリーアーカイブ

田中六大「にしおかのタピオカ」

田中六大「にしおかのタピオカ」¥400+tax

2020年春、徳島のいちご農家、西岡さんで個展を開催することになった田中六大が、展示にあわせて作成したコミック。

西の丘にあるタピオカ屋さんに行けば
魔法使いになれる—と夕暮れ色?の
ちょっとおどろおろどしい町をゆく子供たち。
さて、タピオカ屋さんはどんなところ?

A6判 16pages オールカラー
※表紙裏に作家によるデッサンがついています。
(絵柄はそれぞれ異なります)

いちご農家 西岡産業さんでの展示は、コロナ感染防止のため延期となりましたが、収束後に再するそうです。こちらのアイコン&かわいいジャムラベルは田中六大さんによるもの。

ラトビアのリガ発のコミックアンソロジー š! #37「Down Down Under」

š! #37「Down Down Under」 ¥1018+tax

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌š!の37号
特集はDown Down Underで、ラトビアからはもっとも遠い国オーストラリアを特集。

日本からは9時間余りのフライト距離にあるオーストラリア、その オルタナ系コミックシーンはあまり知られていませんが、今回は、在メルボルンのアーティストでSilent Army名義で出版も手掛けるMichael Fikarisを共同編集に迎え、メルボルンを中心に様々な作家の作品を収録しています。

表紙: HTMLflowers
執筆者:: Ashley Ronning, Bailey Sharp, Ben Constantine, Ben Hutchings, Ben Juers, David Blumenstein, Eleri Mai Harris, Emma Jensen, Evie Cahir, Haein Kim, HTMLflowers, Kangaroo Lü. Q., Lee Lai, Leigh Rigozzi, Marc Pearson, Michael Fikaris, Michael Hawkins, Nicky Minus, Rachel Ang, Safdar Ahmed, Sam Wallman, Simon Hanselmann, Tim Danko, Tommi Parrish
共同編集 Michael Fikaris

A6判146P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

イマイマキ、笠辺哲、黒谷知也、トキワセイイチ、ながしまひろみ、LIO KIM「どうぶつとひと Humans & Animals」vol.2

イマイマキ、笠辺哲、黒谷知也、トキワセイイチ、ながしまひろみ、LIO KIM「どうぶつとひと Humans & Animals」vol.2 ¥800+tax

トキワセイイチ企画・編集・装画で、イマイマキ、笠辺哲、黒谷知也、トキワセイイチ、ながしまひろみ、LIO KIMが執筆した動物と人をテーマにしたコミック同人誌第二弾。

そっくりな双子の犬たちが持つ特異な能力、動物視線でみた人間たち、老人と老猫…など、動物と人のかかわりを描いたコミック6本を収録。

収録作品
黒谷知也「完璧な犬」
ながしまひろみ「かわいいひと」
イマイマキ「さようなら大きい鳥たち」
トキワセイイチ「ふみちゃんのマリ」
LIO KIMU「DANCING LADY」
笠辺哲「マゴチ釣り師と灯台守の娘」

A5判74pages

トキワセイイチ「きつねとたぬきといいなずけ」オマケブック#2

トキワセイイチ「きつねとたぬきといいなずけ」オマケブック#2 ¥600+tax

1ページ7コマの定型で、noteに1ページずつ連載中の「きつねとたぬきといいなずけ」。

ネットに掲載の際、7コマに加えて、おまけの1コマがあって、そこには本編には収録されないこぼれ話や作者からのメッセージが盛り込まれています。

本編と関係あるようでないような、おまけの1コマを集めたものに、キャラクターたちが登場する番外編漫画2本と、エッセイ風漫画2本、「きつねとたぬきといいなずけ」を描くにあたっての設定図(村の地図やキャラたちの住居の間取りや見取り図、キャラクター一覧など)を収録しており、それぞれに作者の解説がついています。

A5判46pages

「片岡義男 COMIC SHOW」原作・小説:片岡義男⠀ 漫画:大橋裕之、島田虎之介、テリー・ジョンスン、長崎訓子、グレアム・ミックニー、森泉岳土、山田参助、山本美希

「片岡義男 COMIC SHOW」(左右社)¥2000+tax
原作・小説:片岡義男⠀
漫画:大橋裕之、島田虎之介、テリー・ジョンスン、長崎訓子、グレアム・ミックニー、森泉岳土、山田参助、山本美希

『スローなブギにしてくれ』などで1970-80年代を風靡し今なお新作を精力的に書き続ける片岡義男!⠀
その作品世界が8人のアーティストによりコミカライズ。

『あれよ星屑』の山田参助が描くストリップ嬢たちのロード・ノヴェル「馬鹿が惚れちゃう」、アニメーション映画「音楽」も好評の大橋裕之がシュールな一夜を描く「給料日」、ほか7つ漫画作品。さらにコミックス作家を主人公にした片岡義男の書き下ろし小説を収録。
またオールカラー別冊リーフレットとして、テリー・ジョンスンによる「TEDDY meets TERRY」がついています。
アメリカ、オートバイ、文房具、ハードボイルド…片岡義男の世界に何度もシビレる…

山本美希「心をこめてカボチャ畑にすわる」
大橋裕之「給料日」
グレアム・ミックニー「鉛筆を削るとき」
長崎訓子「スローなブギにしてくれ」
森泉岳土「彼女のリアリズムが輝く」
島田虎之介「白い町」
山田参助「馬鹿が惚れちゃう」
片岡義男 小説「ジラレナイシン」+自画像
特別別冊 テリー・ジョンスン(湯村輝彦)描き下ろし「TEDDY meets TERRY」

四六判184pages 別冊32pages