漫画」カテゴリーアーカイブ

香港を舞台に人々の営みを描いた Overloaddance 超載舞步「都市儷人」

Overloaddance 超載舞步「都市儷人」¥1273+tax

香港のアーティストOverloaddance 超載舞步の最新漫画。

グラフィティなど、町のところどころに抗議運動の痕跡をとどめる香港を舞台に、それでも日常は続く—-

ピンポンマンションを訪れたり、誰かを想い、希望や救いを求める人間たちと、体毛のジャングルの中で、パートナーを探して命のエネルギーを燃やす毛ジラミや、花の中に閉じ込められて花粉にまみれて受粉を促す甲虫を重ね合わせながら、人間の営みが描かれています。

傷ついた体を引きずり、舫を断ち切り、一人舟に乗り込んだ男が向かう先は…

18×13.5cm ソフトカバー 132pages
中国語(翻訳ペーパーがはさまっています)

かわいい、毛ジラミたち

日本の同時誌漫画を特集したコミックアンソロジー「Glaeolia 1」

「Glaeolia 1」(Gracier Bay Books)¥2727t+tax

アメリカのGacier Bay Booksが発行するインディ・コミック・アンソロジーGlaeolia.
タイトルはGlacical(氷の、氷河の)とAeolia(浮島、ギリシア神話の風の神)からの合成語だそうで創刊号は、同人誌の作家を含む日本の12作品を紹介。英訳では紹介が初となる作家も多数含む、独自の視点からの編集です。

すべてCold Cube Pressによるリソグラフ印刷で、表紙はラミネート加工が施されて独特の感触です。

森泉岳土「ハルはきにけり」Spring has come
ひうち棚「フォトグラフ」Photographe
奥田亜紀子「るすばん」Watching the house
森田るい「サンスのビン」Sansu’s bottle
温田庭子「菓子はるあき」Haruaki Confectionary
もぐこん「まんだらけで待ち合わせ」Meeting at Mandarake
増村十七「夜をあるく」Aya
川勝徳重「徳富重耕の死」The death of Tokutomi Juko
亜蘭トーチカ「川へ行く」Going to the river
雜賀 信之介「無題」Untitled
よそ町「胡桃川」Walnut River
山川直人「眠られぬ夜のために」For sleepless nights

表紙イラスト 森雅之

17.7×25.4cm 250pages 300部 ナンバリングつき

山本美希「かしこくて勇気ある子ども」

山本美希「かしこくて勇気ある子ども」(リイド社)¥1800+tax

『Sunny Sunny Ann!』『ハウアーユー?』以来、6年ぶり長編作品。

第一子妊娠を診断された若いカップル。
夫は妻に寄り添い幸せなムードに包まれ帰宅する。
出産・育児情報をチェックし、着々とベビー用品を買いそろえる二人。
ある日、妻は、11才から子供の教育の機会を訴えてきたマララさんをはじめ世界で活躍する子供たちを紹介した本を書店でみつけ、生まれてくる子と未来に希望を感じる。

自分たちの子供も、賢く勇気ある子供に育ったら…子供に無限の可能性を未来を託していたそのとき、マララさんが凶弾に倒れる事件が起き、妻は動揺し、何かが狂いはじめる。

このまま子供が生まれていいのか、この世界に? 予定日がすぎても、子供が生まれる気配はなく、憔悴する妻は突発的に不安を爆発さえ暴走してしまう…

女性をテーマに描き続けてきた著者が見つめ直す現実。
web連載から、オールカラー、左綴じ横書きの新しい制作方法、スタイルにも取り組んだ作品。

巻末にパオロ・ラ=マルカの作品解説つき。

B5判変型 168pages

ラトビア発のコミックアンソロジー š! #38「Imperfect Shapes」

š! #38「Imperfect Shapes」¥1091+tax

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌š!の38号特集はImperfect Shape,不完全な形.
カナダ、フランス、リトアニア、ラトビア、スペイン、ドイツ、デンマーク、スロバキア、スイス、チェコ、中国、シンガポール、ラトビア、フィンランド、台湾と各国のアーティストが寄稿。
ちなみに、台湾のXue Tsung-Hsienは、鈴木翁二、横山裕一にも通じる作風の凍原物語Roaming in the Tsundraの著者です。

表紙: Rebeka Lukošus (Latvia)
寄稿: Amy Lockhart (Canada), Bettina Henni (France), Indrė Svirplytė(Lithuania), Jan Soeken (Germany), Joakim Drescher (Denmark), Jooyoung Kim (South Korea), José Quintanar(Spain), Juliána Chomová (Slovakia), Kerija Arne (Latvia), König Lü. Q. (Switzerland), Lasse Wandschneider(Germany), Līva Kandevica (Latvia), Lote Vilma Vītiņa (Latvia), Lucie Lučanská (Czech Republic), Nhozagri (China), Pixin (Singapore), Rebeka Lukošus (Latvia), Roope Eronen (Finland), Xue Tsung-Hsien (Taiwan), Zane Zlemeša (Latvia).

A6判146P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

ニセ京都シリーズ完結! 逆柱いみり『The ニセ京都 全』

逆柱いみり『The ニセ京都 全』(トランスポップ) 書籍のみ¥1273+tax 書籍+活版プリント¥1636+tax

逆柱いみりが、京都のトランスポップギャラリーでの個展の際に描きおろす漫画「ニセ京都」シリーズが遂に、一冊にまとまりました。これまでの、「序」と「前編」「後編」の3つがひとつに。

ニセ京都に疫病が蔓延。病をえた者たちがサンショウウオ化し、その屁を浴びた者たちは妖怪化してしまう。
京の町を危機を救うためには、ニセ大文字の送り火の灰を散布せねばならない。屁にも耐性のあるネコカッパは、彼だけが操作できる飛行機をもとめて、町に乗り込む…

途中ネコカッパに関係なく? 怪獣たちが町の中で暴れたり、バイクに乗ったネコカッパがマッドマックス怒りのデス・ロードみたくなりながら、当初の着地点とは違った方向で物語は結末を迎えることに。

A5判136pages
書籍のみ(1400円)と、書籍+活版プリントつき(1800円)とがあります。

 

活版つきには、こちらのプリントA5判が入っています


逆柱いみり『The ニセ京都 後編』 ¥909+tax

逆柱いみりが、京都のトランスポップギャラリーでの個展の際に描きおろす漫画「ニセ京都」シリーズの後半部分。

疫病退散のために、ニセ京都の町に出たネコカッパは、ついにバイクに乗り、激しいカーチェイスや怪獣たちとの戦いを繰り広げます。

A5判76pages
※本文は「The ニセ京都全」にすべて含まれており、重複するのでご注意ください。