カテゴリー別アーカイブ: 漫画

女の子の心と体と暮らしを描いた短編漫画集 Inés Estrada「Impatience」

Inés Estrada「Impatience」(gatosaurio) ¥2000+税

メキシコ出身でアメリカ在住、独学で漫画やイラストを描くアーティストInés Estradaが2012年〜2016年に描いた漫画作品集。

遠距離恋愛の心と体の切なさを描いたTraducciones、
アパートを出たとたんに階段で転倒して死んだOLのさまよう魂を追ったGhost Girl、
ミクロの女の子が入りこんだ愛する男性の体内で免疫細胞に滅ぼされてしますCS
メキシコシティのお騒がせアパートに二人で暮らす女の子たちの物語Sindicalismo 89
座ったまま動かずに山になる女の子のグラフィックノベルBeing、など20以上の作品を収録。

女の子の心と体と暮らしを描いた短編集に国は違えど共感は大。
表紙の銀の箔も美しいです。

15cm×20cm 200pages

ゆる〜い二人道中とサウナの快楽を綴るレポ漫画 大町テラス「わたしをサウナに連れてって」

大町テラス「わたしをサウナに連れてって」¥556+税

デザイナーとして会社で働き、運動不足、寝不足、肩こり、加えてストレス発散の飲酒と不健康な生活を送っていた著者。
休日、気晴らしにと誘ってくれた夫とのドライブついでに寄ったスーパー銭湯のサウナでボーとした後、水風呂につかるや脳が覚醒! 快楽物質が分泌され? 血行がよくなり体がとろける体験をしたことから、以後、休みとなると、夫の運転で、タナカカツキの「サ道」で紹介された各地のサウナめぐるほどに!

そんな夫とのゆる〜い道中とサウナの快楽をレポートした短編コミック集。
サウナのポータルサイト「サウナイキタイ」掲載の3話に加え、3分間の間に1000人の応募が殺到する程の大人気イベント「日本サウナ祭り2018」のレポートマンガの描きおろしを加え、これまでに入ったサウナのリストを付したサウナ体験コミック。

A5判60pages

もぐこん編集・発行 ひうち棚、こいけぐらんじ、大西真人、三島芳治、柳田人徳「MograBooks Extra 9 グループH」

もぐこん編集・発行「MograBooks Extra 9 グループH」¥600+税

同人誌で約10年活動するもぐこん編集・発行の合同誌。

webトーチでの新連載「児玉まりあ文学集成」が話題の三島芳治、近年同人活動を再開した「めこ」の柳田人徳、盛らずに誠実に丁寧に描くことをモットーにした漫画雑誌「山坂」から大西真人、ひうち棚、バンドマンでもあり、漫画やイラストを手がけるこいけぐらんじともぐこんが滋味深い6本の漫画を寄稿しています。

ひうち棚「空白期間」
こいけぐらんじ「山を知らない人の山まんが」
大西真人「空に月が見えて」
三島芳治「コミュニケーションSF」
もぐこん「私書室」
柳田人徳「エクストラのエクストラ」

A5判76pages

もぐこん「私書室」

柳田人徳「エクストラのエクストラ」

ひうち棚「空白期間」

こいけぐらんじ「山を知らない人の山まんが」

大西真人「空に月がみえて」

三島芳治「コミュニケーションSF」

大橋裕之「シティライツ 完全版 上」「シティライツ 完全版 下」

大橋裕之「シティライツ完全版 上」「シティライツ完全版 下」(カンゼン)¥1400+税

2011年から始まった『モーニング・ツー』に連載された短編が、単行本未収録作、描き下ろし作を加えて増補完全版として判型も大きくなって上下巻で復活。

スパイが苦手なスパイ学校の先生、超能力は使えないけど超能力を愛する気持ちだけは誰にも負けない超能力研究部の女子、下手くそなのに自信満々なパントマイマー……冴えなくて愛おしい登場人物が大きな失望と小さな希望を胸に今日も静かに歩む。
ひとつの町を舞台に不器用だけれど精一杯生きている住人たちが織り成す数奇な群像劇。

連載が進むにつれて、スタイルが変化してゆく様子もわかり創作と格闘しながが作家や作品が進化してゆくのもスリリングです。

上巻末に特別対談「岡村靖幸のシティライツ研究部」、下巻末には又吉直樹による解説を収録
※サインと自作解題ペーパーとステッカーつきです

上巻 目次
♯1 峠
♯2 超能力
♯3 アッパくん
♯4 小山内くん
♯5 スパイ学校
♯6 朝倉兄弟
♯7 流行語
♯8 ゆう子の秘密
♯9 八百屋
♯10 プ
♯11 ともだち
♯12 部長の恋
♯13 サマロサマ
♯14 超能力ショー
♯15 ムイマトンパ
♯16 スパイ大作戦
♯17 アイキドー
自然/朝
透明人間/パントマイム
♯18 絵の中の少女
♯19 夢で逢えたら
♯20 良子の覚醒
♯21 音楽
♯22 笑顔を探して
【特別対談】岡村靖幸のシティライツ研究部
A5判312pages

下巻 目次
♯23 治虫
♯24 転機
イメチン/占い
♯25 能力者
♯26 畑
♯27 雷
♯28 家路
♯29 CLUB
♯30 漫画神
♯31 テレパシー
♯32 ロボット
♯33 帰郷
♯34 良子の変
♯35 祭りの3人
♯36 世界のどこかで
♯37 趣味
♯38 海
♯39 ハンカチーフ
♯40 始まり
♯41 光
♯42 お前
【解説】 又吉直樹
A5判312pages

サイコロ 7号 コジマケン・文庫善哉・保光敏将・山川直人『セブン』

サイコロ 7号 コジマケン・文庫善哉・保光敏将・山川直人『セブン』¥500+税

イラストレーター・保光敏将と漫画家・山川直人ではじめた「サイコロ」シリーズ第7弾。

5号から文章で文庫善哉、デザインで小沼宏之が加わり、今回は、タコシェにも「着香系の男」「南の魚」などのコミックジンを納品していただいているコジマケンを迎え、4人でお送りします。

タイトルと同名の、コジマケンによる家出少年セブンの冒険コミック、保光敏将がイラストを添えた、菅原克己「げんげの花について」、文庫善哉が、向田邦子や栃折久美子をひもときつつ思うところを綴った「宿題」、山川直人の、ちょっとディストピアっぽい?コミック「働く人間」で構成。

A5判54pages

※初回入荷分は山川直人さんのイラスト+サイン入りです。