DVD&CD シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ「グランマ・ローファ

グランマ ローファイ

DVD&CD 「シグリドゥル・ニールスドッティルの秘密のカセットテープ」(after hours)¥2800+税

伝説のDIYおばあちゃんを追ったドキュメンタリー・フィルム&ベスト・アルバム!

アイスランドのレイキャビックで、2011年、ひとりの女性がひっそりと息を引き取った。名前はシグリドゥル・ニールスドッティル。享年81歳。アイスランドのミュージシャンンたちが深い愛情と尊崇の念を込めて「Amma Lo-Fi(ローファイおばあちゃん)」と呼んだ女性で、本作の主人公だ。今や世界的な評価を受けるビュークやシガー・ロスといったミュージシャンから、街角で演奏する無名のアマチュア・ミュージシャンまで、誰もが敬愛した希有な存在だった。

1930年にデンマークで一男二女の末っ子として生まれ、ナチス・ドイツの戦火も経験。60代後半になってから幼少期に習っていたピアノの経験を生かして音楽を作ることに興味を持ち始め、70歳になると多重録音を始めたのだ。コンパクトなシンセサイザーが1台、身の回りにある生活道具、それに自分の歌声の3つを使ったシンプルなプライベート・ミュージック……。当初は自分の家族に向けたささやかな音楽だったが、次第に目は外に向かっていく。曲をCDにまとめ、自身で手書きしたカラーコピーのアートワークを手作業でアッセンブルし、街のレコード・ショップに卸して販売するようにしたのだ。まさに文字どおりのDIY、自主制作、自主流通だ。
店頭に並んだ彼女の作品はすぐに地元、レイキャビックで話題を呼び、ミュージシャンやジャーナリストが彼女を高く評価。地元のメディアでも写真入りで大きく紹介され、瞬く間にアイスランドのミュージック・シーンでリスペクトされる存在となった。70歳から亡くなる数年前までの実働7年間で計59枚のアルバムを発表、作曲した楽曲は687曲にも及ぶ。

本作の監督はKira KiraことクリスティンとSlowblowのオリ、Jonsiやmumのアートワーク、PVで知られるインギの3人だ。アイスランディック・フィルム・インスティチュートからのサポートを受け、周りのミュージシャンにも助けられながら10年弱の時間をかけて作品は完成した(ヨーロッパを中心に数多くの映画祭で上演され、賞も6つ獲得している)。
映画はシグリドゥルの音楽作りを縦糸に、彼女の半生を横糸に構成され、劇中で使用される音楽はすべて彼女の楽曲。作品中には彼女を敬愛するmum、SinFang、Mugison、FM Belfast、Kria Brekkan、Mr.Sillaといった現役ミュージシャンが多数友情出演する。

DVD 2011年/62分/カラー/日本語&英語字幕

CD 全21曲/53分

3月17日頃に入荷予定です。ご予約承り中です。

こちらの元になったカセットテープ(輸入)もございます。

木藤富士夫「公園遊具 vol.2」

公園遊具 vol.2

木藤富士夫「公園遊具 vol.2」¥800+税

屋上遊園地を撮影する木藤不二夫さんのもうひとつのライフワーク? 公園遊具の写真集。

第二弾は群馬、品川、柏、中野の公園遊具を撮影。ちなみに中野は、大和町のみはと公園の鳩型の遊具と丸山公園のカンガルー?型のすべり台。
巨大なクワガタやタコ、トカゲ、怪獣、魚が漆黒の公園の中に横たわっています…。
照明や撮影方法に工夫をこらし、遊具だけが浮かびあがった様はとてもシュールです。

それぞれの住所と地図もついています。

A5判横32pages フルカラー

公園遊具 vol.2

公園遊具 vol.2

公園遊具 vol.2

みんなどうやって出版をしている? BOOK5 vol.16「二足のわらじ 本業と本業のあいだ」

BOOK5 vol16 二足のわらじ

BOOK5 vol.16「二足のわらじ 本業と本業のあいだ」(トマソン社)¥600+税

ジンやタウン誌などの小規模出版をしている気になる編集発行人たち。どんなペースでどうやってやりくりしているのか? それぞれの事情を座談会やアンケートで訊いてみました。

特集 二足のわらじ 本業と本業のあいだ

◎座談会 制作と生活のあいだ 夕タン×立松カナコ×北野留美

◎アンケート ぱんとたまねぎ/OSK 朝日久美子/カラスブックス/ migratory bird book 平川朋子/編集室屋上 林さやか/映画酒場編集室 月永理絵/大散歩通信社/趣味と 実益社/生活考察 辻本力/ぽかん編集室/のむみち 他

◎ぼくと二足のわらじ 古書モダン・クラシック 古賀大郎

◎箒と筆 近代ナリコ

連載

ここさいきん やすだ書店 安田剛/イーピャオ/太閤堂書店 藤田真人

コラム・新刊案内  朝倉史明/南雲重徳/佐藤翔/鵜殿一朗/荻原魚雷・鳩野恵介/栗山新
リレー連載 本屋さんへの道のりで 植本一子
ノムとマメのピーチクパーチク
せどりしようZ! Z
漢字のカナメ 虚勢博士
古本屋ツアー・イン・ドリーム 小山力也
詩はSFに乗って Pippo
どうせ本は見つからない 南陀楼綾繁
市場の教室 宇田智子
なんてひどい店なんだ 古書赤いドリル 那須太一
ほろにがの群像 続・朝日麦酒の宣伝文化とその時代   濱田研吾

表紙、イラスト 夕タン
編集 松田友泉  編集協力 切貼豆子

B5判変型 48pages

これから10年の記録 10年メモ 2015-2025

10年メモ

10年メモ2015-2025(nu)¥3000+税

書籍や雑誌のデザインを行なうnuがお送りする、日々の記録10年分をメモることができる、シンプルで機能的なノート。発売以来、毎年、好評のうちに売り切れ、今年も色合い&風合いを新たに2015-2025が登場。

見開きの左ページには一日のメモ欄が10年分並びます。右ページはフリースペースなので、メモだけでは書き足りないときのため、あるいは別の用途に使えます。メモ欄は1日約50文字分の紙幅。twitterよりも短めなので、日記より気楽に続けられます。2年目以降は、前年のメモとの比較をたのしめるのが10年メモの特徴。続けるほどにたのしさ倍増。人生がミルフィーユのように365×10層に重なってゆきます!

たとえば、料理したものいや食べたものをメモっておくと、今頃何を食べてたっけ?と、見返せて献立に悩まなくて便利(往年の名脇役、沢村貞子さんが、献立メモをつけていて、何を作るか悩んだときに同じ時期の過去の記録を見る、と書いてましたっけ)。ほかにも、読んだ本の記録や、趣味や仕事の専用のメモや小ネタ集にしてもいいですね。

新生活のスタート、春の贈り物にもユニーク。4月はじまりなので、どうぞ、お早めに!!贈り物用のプレゼント包装も承ります。

表紙の色は、基本のブラックのほか、限定色のネイビー、くちなし、レンガ、グリーンをご用意しております。糸かがり製本なので丈夫でしっかりページを開くことができます。

2015年4月始まり。
B6判変型(125×175×40mm)クロス装 832p 糸かがり製本、表紙は箔押し

10年メモ 2015-2025

10年メモ 2015-2025

10年メモ 2015-2025

10年メモ 2015-2025

雑誌でもzineでもない文芸誌 なnD 3

なnD 3

なnD 3 ¥800+税

「nu」戸塚泰雄と「DU」小林英治と「なんクリ」森田真規の3編集者が共同編集した文芸誌なnD(なんど)第3弾。
普段は別々に編集の仕事をしている3人が、一週間くらいの期間で集中して作る雑誌ともzineとも違う読み物です。

【内容】
坪内祐三インタビュー/二〇一五年のストリートワイズ ※取材・文=田中元樹
山下賢二インタビュー/ガケ書房の11年とこれからの本屋のかたち
北沢夏音インタビュー/「リラックス」から遠く離れて
三宅唱インタビュー/無為の瞬間の蓄積が生みだすもの─「無言日記」をめぐって

内藤誠の酒談義 ※取材・文=寺岡裕治
Picseeダイアリー/ドミニク・チェン
雑貨の歌を聴け/三品輝起(FALL)
岡崎京子を巡る談義/キデンセン

佐竹家のふみ/近代ナリコ
新宿1996/2015/迫川尚子
解説#3/三角みづ紀+木暮伸也
「12ヶ月のための絵画」は振り返らない/近藤恵介
偽装日記/五所純子
インスタ日記3/小林英治

■frames(コラム集)
「欲望日記」市川水緒/「男と女と僕。そして前野健太」ヨシムラヒロム/「フアナと大阪」森田真規/「シャウい」谷内栄樹/『鵺の鳴く夜を正しく恐れるために』迫川尚子/Vermikko Books Recommend/「VHSと無意識」轟夕起夫/「白樺樹液」こヴィ/『DEVON FOLKLORE TAPES VOL.1 -TWO WITCHES』松村孝宏/「Why We Make」高橋政宏/「デコトラ☆ミーハー見学記」小林英治/「あるテニスファンの素顔」池本ゆきこ

表紙装画:堀節子

B6判変型 152pages