鈴木ちはね 三上春海「時間のかかる短歌入門 1」

鈴木ちはね 三上春海「時間のかかる短歌入門 1」(稀風社)¥500+税

2015年に発行された往復書簡形式の「誰にもわからない短歌入門」から3年。
短歌や言葉をめぐる状況も大きく変わる中で、この本の著者、鈴木ちはねと三上春海は、斉藤斎藤の第二歌集「人の道、死ぬと町」に出会います。

東日本大震災をはさんだ2004年から2015年の作品を編年体でおさめたこの歌集は、歌人を取り巻く状況の変化に心を揺さぶられ、乗り越えるべく思索を深める中で作品のスタイルまでもが大きく変化してゆく軌跡を追うことになる、稀有な書物であり、二人は宮沢章夫の「時間のかかる読書」的アプローチで時間をかけて書簡による対話形式で読み解いてゆきます。

時間をかけて作られた歌集を、時間をかけて、おおきなものさしで読みながら、様々な歌人の個々の歌を一首ずつレビューした前作では掘り下げることができなかった短歌における時間や連作形式について考ます。

本書は課題の本の全体の1/10程度の段階のもので、続編が予定されています。

—(稀風社ブログより)
既刊「誰にもわからない短歌入門」では、一首評、という切り口から、短歌という問いをかんがえました。

今回の「時間のかかる短歌入門」では、そこで欠けていた「連作」「歌集」という側面に切り込むべく、2016年におおきな反響を巻き起こした『人の道、死ぬと町』という書物を題材に、ふたたび往復書簡形式で、こんどは、収録の連作の読解をこころみました。

『人の道、死ぬと町』は、その内容の重厚さから、短歌をつくらないひとにもそうではないひとにも、刊行時、おおきな反響を巻き起こした書物です。しかしながら、その巨大さゆえに、いまだ十分に消化されきってはいない、さらなる批評を待ち望みつづけたままねむっている、そんな印象をわたしたちに残す書物でもありました。

本書「時間のかかる短歌入門」には、「連作」「歌集」といった短歌のしくみのみならず、そのような反響を生み出す斉藤斎藤さんという歌人の作家性にも着目する、一個の「斉藤斎藤論」という側面があります。
しかしながら、一個の作家論でありながらも、基本は入門書として、ぐるぐると時間をかけて、「連作」「歌集」とはなにかを考えながら、短歌というふしぎに対してアプローチをこころみる、
本書はそのような、やや特殊な形式の、あたらしいタイプの入門書となりました。

ーーーーーー

B6判 96pages 稀風社

大橋裕之「シティライツ 完全版 上」「シティライツ 完全版 下」

大橋裕之「シティライツ完全版 上」「シティライツ完全版 下」(カンゼン)¥1400+税

2011年から始まった『モーニング・ツー』に連載された短編が、単行本未収録作、描き下ろし作を加えて増補完全版として判型も大きくなって上下巻で復活。

スパイが苦手なスパイ学校の先生、超能力は使えないけど超能力を愛する気持ちだけは誰にも負けない超能力研究部の女子、下手くそなのに自信満々なパントマイマー……冴えなくて愛おしい登場人物が大きな失望と小さな希望を胸に今日も静かに歩む。
ひとつの町を舞台に不器用だけれど精一杯生きている住人たちが織り成す数奇な群像劇。

連載が進むにつれて、スタイルが変化してゆく様子もわかり創作と格闘しながが作家や作品が進化してゆくのもスリリングです。

上巻末に特別対談「岡村靖幸のシティライツ研究部」、下巻末には又吉直樹による解説を収録
※サインと自作解題ペーパーとステッカーつきです

上巻 目次
♯1 峠
♯2 超能力
♯3 アッパくん
♯4 小山内くん
♯5 スパイ学校
♯6 朝倉兄弟
♯7 流行語
♯8 ゆう子の秘密
♯9 八百屋
♯10 プ
♯11 ともだち
♯12 部長の恋
♯13 サマロサマ
♯14 超能力ショー
♯15 ムイマトンパ
♯16 スパイ大作戦
♯17 アイキドー
自然/朝
透明人間/パントマイム
♯18 絵の中の少女
♯19 夢で逢えたら
♯20 良子の覚醒
♯21 音楽
♯22 笑顔を探して
【特別対談】岡村靖幸のシティライツ研究部
A5判312pages

下巻 目次
♯23 治虫
♯24 転機
イメチン/占い
♯25 能力者
♯26 畑
♯27 雷
♯28 家路
♯29 CLUB
♯30 漫画神
♯31 テレパシー
♯32 ロボット
♯33 帰郷
♯34 良子の変
♯35 祭りの3人
♯36 世界のどこかで
♯37 趣味
♯38 海
♯39 ハンカチーフ
♯40 始まり
♯41 光
♯42 お前
【解説】 又吉直樹
A5判312pages

道端の浴槽を通して眺めた日本人の営みーー牧ヒデアキ写真集「浴槽というモノリス」

牧ヒデアキ写真集「浴槽というモノリス」¥2500+税

9年ほど、地元の愛知を中心に各地の、空き地で破棄/再利用された浴槽を撮り続ける牧ヒデアキ氏が、これまでの作品を見た目も浴槽の写真集にまとめました!

写真では少しわかりにくいですが、表紙は水色の厚紙を浴槽型にくり抜き中に写真がおさまっています。木口も水色に染められて浴槽のような設計で、浴槽の中にたくさんの浴槽が入っているわけです。

「住宅の建替えやリフォームにより造り付けの浴槽がユニットバスに変更され不要になり、浴槽の特性である高い機能性・耐久性・耐候性を生かしながら屋外で捨てられるように再利用され続けています」(あとがきより)

この浴槽に違和感を感じた、別世界の入口のように感じた牧ヒデアキは、浴槽を撮影するフィールドワークを通して、その素材やデザインから時代の変遷を、破棄/再利用の方法から人の営みを見つめてきました。

路傍の浴槽を通した日本のカルチャー探訪です。

A5判横綴じ96pages

漫画+漫画研究の同人誌 黒のマガジン 03「特集 水木しげるとアメコミの世界」


黒のマガジン 03「特集 水木しげるとアメコミの世界」¥741+税

約7年ぶりの第3号は、前号に引き続き水木しげる特集。
本の基本フォーマットは変わってませんが、中身の充実ぶりはハンパない。

雑誌SPECTATORのつげ義春特集で、名作の中の印象的シーンの元ネタとなった写真とコマを対比させた検証コーナーを担当した漫画家・藤本和也と漫画評論の足立守正のコンビが、水木しげるに多大な影響を与えたアメリカンコミックスの数々を徹底徹底捜索、徹底研究。

藤本と足立が対談しながら、資料発掘、発見の経緯や、定説の検証+修正をしながら、50年代の怪奇系アメコミを中心に水木しげるのインスピレーションの源を追究します。
実際の図版と水木作品を対比したコーナーごとの藤本による凝った見出しに水木愛があふれています。

●緊急掲載「AMNESIA!」水木画とアメリカンコミックスの世界
対談 足立守正×藤本和也
足立守正「鬼太郎の髪の毛針はアメリカ製か」
炭子部山貝十「水木しげる映像鑑賞記録」

●漫画
炭子部山貝十「ゲバルト西海」
藤本和也「鶴の恩返し2017」

A5判98pages

タコシェ オリジナルカタログ「パニョス・チカーノス ルノ・ルプラ=トルティの刑務所芸術コレクション」

パニョス・チカーノス ルノ・ルプラ=トルティの刑務所芸術コレクション (タコシェ)¥556+税

パニョス・チカーノスとは、メキシコ系アメリカ人”チカーノ”の囚人たちが、塀の外の家族や近親者に向けて手紙代わりに絵を描いたハンカチ類のことです。

犯罪、薬物、売春、ローライダーなどのギャングらしいモチーフはもちろん、アステカの戦士や都市、聖母マリアやイエス・キリスト、漫画やアニメのキャラクター、白鳥やハートやバラなどのファンシー要素まで盛り込んだイラストは、アメリカ、メキシコ両国の伝統文化から大衆文化の豊富なヴィジュアルのボキャブラリーがちりばめられています。

自身や周囲の囚人の刺青や印刷物を参考に、そのモチーフや技術を引き継ぎながら、チカーノのアイデンティティと文化を築き上げたこの刑務所芸術を、フランス人アーティスト/キュレーターであるルノ・ルプラ=トルティのコレクションからご覧いただきます! チカーノやアメリカ、メキシコから文化的にも地理的にも距離を置いたルノのコレクションは、出会いや絵柄の面白さにまかせて集めたもので、人種内/人種間の派閥を超えたユニークな内容になっています。

2018年、コレクションの日本での初公開に際して、ルノ自身が監修・デザインしたカタログをタコシェで作成しました。 パニョスのモチーフの歴史や背景がわかる解説もついています。

A5版変型(14.8cm × 14.8cm) 48pages ※A4サイズのミニポスターつき