呪みちる 短編集「顔ビル/真夜中のバスラーメン」

呪みちる「顔ビル/真夜中のバスラーメン」 (トラッシュアップ) ¥1400+税

ホラー漫画家・呪みちるの単行本未収録だった近年の作品を集めた、最新短編集!

2003〜2017年の間に発表した「ピアスの白い糸」や「魔法のダイエット」など都市伝説をモチーフにした作品を中心に編纂。

イベント、サディスティック・サーカスのために描きおろしたイラスト2点もカラーで収録。巻末に餌食姫による各作品の解説つき。

「さあ、今すぐページをめくれ! 恐怖という名のサーカスが、白と黒で描かれた極彩色のカーニバルがはじまる! 」黒木あるじ(作家)

【収録作品】
「秘密のダイエット」、「顔ビル」、「第3京浜の追跡者」、「宇宙耳かき」、「ヤキトリ奇談」、「アメリカのコート」、「真夜中のバスラーメン」、「地下街の怪」、「ピアスの白い糸」、「雲脂肥育法」、「七色の脳みそ」

A5判240pages (トラッシュアップ)

「顔ビル/真夜中のバスラーメン」発売記念
呪みちる サイン会
2018年9月2日(日) 16:00〜

本書をタコシェでお求めのお客様にサイン会の整理券を配布します。
行き違いを避けるため、通販での整理券つきの書籍の発送は27日までにお申し込み分までとさせていただきます。発送は、発売日の8月29日以降となりますのでご注意くださいませ。

スクラッチアート作品集 目黒ミロ「Pins」

目黒ミロ「Pins」 800m+税

2014年にスクラッチアートに触れたのをきっかけに、イラスト中心の活動から、2015年以降、本格的にスクラッチボードに取り組み、布の織り目やレース、人物の髪の毛の一本一本までをニードルで描写するスクラッチ作家・目黒ミロの作品集第2弾。
初個展「ヴェールをかけて」と二人展「私を纏う」で発表した作品を収録。

判型も大きくなり、ニードルの硬質なタッチで、人物のふくよかでみずみずしい頬や唇まで表現されています。

作品には、布やレースで目を覆った人物が多く登場しますが「それは、何もかも素直にさらけ出す事を望まれてい状態や空気に対しての防衛、抵抗、自己表現だと思います」とのことで、静かに語りかけてくるものがあります。

※スクラッチボード
皮膜のある紙、またはボードに塗布された黒い塗料(墨など)をニードルなどの
先が尖った道具で削り、下地の白面を浮き出して描く技法。

B5判24pages

趣味の製麺 別冊「作ろう! 10分ラーメン ラーメン作りは10分あれば十分!」

趣味の製麺 別冊「作ろう! 10分ラーメン ラーメン作りは10分あれば十分!」¥1200+税

おいしいラーメンを作るには、寸胴鍋で豚骨や鶏ガラを長時間煮てスープを作らないといけないのでは… そんな常識を覆す!
スーパーなどで売っている市販の材料を使って、本格的(な感じの)味を10分(この10分は3分クッキングのような概念的なものです)でできるお気楽ラーメンの魅力とレシピを伝える、趣味の製麺別冊。

化学調味料なしで、煮干し醤油スープとチャーシューを作るといった離れ業も飛び出しますよ!
麺漫画執筆陣も超豪華です。

内容はーー
■『10分ラーメン』とは何か
■スーパーで買った市販生麺レビュー
■生麺の茹で方講座

■第2回10分ラーメン選手権大会レポート/レシピ
・マダラさん:ミニマル無化調煮干し醤油ラーメン
・辻村哲也:肉野菜つけ麺
・小松ヌンチャク:10分ラオシャン
・のそ子:誰でも簡単 安心安定の麻婆豆腐麺
・玉置標本:豆乳キムチラーメン
・鈴木陽々:タイ風屋台ラーメン
・米谷マリ絵:鶏そぼろ美酒ラーメン
・山田技研:2分でできる(?)塩昆布まぜそば

■夏に食べたい 冷・辛・爽 10分ラーメン大集合
・マダラさん:旨辛北極風ラーメン(〇本インスパイア)
・辻村哲也:ガスパチョ冷やし中華
・川井ララ:しりしりナッツ麺
・玉置標本:ごまドレダレ冷やし中華
・まいける:まろやか冷やし坦々麺
・aya:汁なし檸檬麺
・鬼頭哲:韓国風辛味ちゃんぽん
・キンマサタカ:簡単本格カレーラーメン

■オリジナル麺マンガ
・パリッコ
・近頃チモ
・寺島令子
・てふや食堂
・川崎タカオ
・スケラッコ
・かわのうそこ
・鶴谷香央理
・オカヤイヅミ
・かわいしのぶ
・油虫太郎
・小林銅蟲

B5判46pages

 

 

山本タカト「緋色のマニエラ下絵帖」

山本タカト「緋色のマニエラ下絵帖」(アップタイト)¥1000+税

イメージスケッチをもとに、正確な下絵を描き、トレース、描線、彩色という作業で仕上げられる山本タカト作品。
長年、その作品の編集や展示に携わってきた編者が精密かつ繊細に完成された作品の奥に潜む、熱感を伝える下絵を、ひとつの
作品、バリアントとして解説を付して公開。

彩色された作品では見落とされがちな細部や意匠の数々、変更点などを画集と見比べて発見するのも楽しいブックレット。
(塗り絵としても活用できます)

「緋色のマニエラ」の中から17点(95年〜97年)に描かれた下絵を赤あるいは青のインクに置き換えてシルクスクリーンで印刷しています。

B5判24pages

10人の音楽たちの音楽以外のエッセイ集  編 寺尾紗穂 画 小林エリカ 「音楽のまわり」

編集発行 寺尾穂 画 小林エリカ 「音楽のまわり」¥1800+税

10人の音楽家が「音楽以外」のことを書いた」エッセイ集。
音楽を通して知っている音楽家たちが、日常目にしている世界を自由に綴る。
カレー、愛車、実家、喫茶店、昆虫、懐かしのメロディ etc. 音楽とは関係ないような、あるような日常の景色。

執筆者はーーー
伊賀航 「水鹿」
植野隆司 「スパイス・ワールド」
あだち麗三郎 「身体のこと」
ユザーン「十月二十一日の昼ごはん」
折坂悠太 「ゆうびの劇」
寺尾紗穂 「ドトールと私」
知久寿焼「ツノゼミをめぐるせんちめんと」
エマーソン北村 「寝る前に読む進化論」
マヒトゥ・ザ・ピーポー 「とある、光、ちがう、光」
浜田真理子 「お別れ公衆電話」

発行 寺尾紗穂
編集  寺尾紗穂 谷口愛
画   小林エリカ

約105×172mm 128pagees