V.A.「ULTIMO GRITO 2」

ULTIMOO GRITO 2

V.A「ULTIMO GRITO 2」(Le dernier cri)¥6018+税

2016年、死者の日の頃にメキシコのオアハカで開催されたLe Dernier Criの展示にあわせて作られた、シルクスクリーン16色刷り印刷の大判アートブック。
本の制作中に、Le Dernier Criゆかりの、書店Un regarde modernのJacques Noel、アーティストMarc Druezが亡くなったため、展示会場にパキートやフレドックスたちは祭壇を作り、展示とこの本を二人に捧げた。
表紙は黒に白でプリント、中身は白い紙に様々な色のインクで刷られています。
日本からは石川次郎(表紙)、HAMADARAKA、俵谷哲典、早川モトヒロ、太田螢一、市場大介、瘡原亘らが参加。

参加アーティストは—-
Jiro Ishikawa / Stephane Rosse / Hamadaraka / Ciro Fanelli / Mike Diana / Stan liquide / Mathieu Desjardins / Emre Orhun / Zven Balslev / Martin Lopez Lam / Fredox / Victor Dunkel / Daniel Cantrell / nuvish / Bertoyas / Tetsunori Tawaraya / Irkus m Zeberio / Marcel Ruijters / Lilas / Timothy Georgarakis / Igor Hofbauer / Jurictus / Pakito Bolino / Sekitani / Motohiro Hayakawa / Léo Quievreux / Matti Hagelberg / Caroline Sury / Craoman / Arnaud Rochard / Stumead / Aeron Alfrey / Liao Yen Wei / Ota Keiti / Marc Brunier Mestas / John Broadley / marcus Nyblom / Martes Bathori / Pierre marty / Daisuke Ichiba / Pakito Bolino / Remi / Wataru Kasahara / David Sandlin / Reinhard Scheibner / Julien Gardon / Moolinex / Celine Guichard / Dav Guedin / Andreas Marchal / Zingendemonic / Sam Rictus / Chloé Mathiez / Laetita Brochier / Samplerman / Zven / Antoine Bernhart / Ben Sanair / Ludovic Levasseur / tommy Musturi …

30cm×42cm 56pages 150部限定

ULTIMOO GRITO 2 ULTIMOO GRITO 2 ULTIMOO GRITO 2 ULTIMOO GRITO 2

TIME TRAVEL “HAWAI’I ハワイの日本をめぐる旅”

TIME TRAVEL HAWAI'I ハワイの日本をめぐる旅

TIME TRAVEL “HWAI’I ハワイの日本をめぐる旅” ¥1000+税

ハワイ特集といっても、景観スポットやショップ情報はナシ!
近頃、移民が何かと話題になっているけど、明治元年に旅券もなしに奴隷商人まがいのアメリカの貿易商の斡旋で
ハワイに渡った150人ほどの日本人に始まる日系ハワイ移民の歴史を辿りながら、社会状況に翻弄されながら行き着いたり築きあげたハワイの日系社会や文化やを訪ねます。といっても難しい歴史の読み物やルポルタージュではなく、壮大な歴史ドラマを見るみたいに引き込まれます。

出稼ぎ移民の受け入れ問題を考えるとき、かつてそうであった日本人の足跡を辿ることで違った景色が見えてくる…という時空の旅をさせてくれる雑誌です。そして、次号の特集は沖縄だそうです。

CONTENTS
こうしてハワイ移民は誕生した
ホノルルで探す日系人の足あと
戦争の始まりと終わり
2つの故郷に挟まれて、帰米2世の戦争
人生を代えた戦争での体験、442から離れて
宗教と共に生きた移民
ハワイのうちなーんちゅ
ツーリストもローカルに踊るオキナワフェスティバル
日系人とハワイ政治
創刊104年、日本語新聞の現在
郷愁から発信へ、日本語書店の変化
ハワイアンフードに生きる移民たちの魂
移民たちのふるさと周防大島
日本にまつわるハワイのお話

B5判80pages


TIME TRAVEL HAWAI'I ハワイの日本をめぐる旅 TIME TRAVEL HAWAI'I ハワイの日本をめぐる旅 TIME TRAVEL HAWAI'I ハワイの日本をめぐる旅B5判80pages

panpanya 「動物たち」

panpanya 「動物たち」

panpanya「動物たち」(白泉社)¥980+税

白泉社「楽園」本誌やweb増刊号に掲載された13編に、同人誌に発表した「猯」、各種カラー作品、日記や用語集まで収録したpanpanyaワールド的作品集。

初単行本から一貫してpanpanyaらしい凝った装丁。
カバーをはずると、コンクリートの滑り止め加工がエンボスになっているほか中のカラーページも見応えあります。

B6判 184pages

panpanya 「動物たち」

panpanya 「動物たち」

panpanya 「動物たち」

文・画:井上百代 画:岡千紘「HEY=YO! HOSOMICHINOOKU」

「HEY=YO! HOSOMICHINOO

文・画:井上百代 画:岡千紘「HEY-YO! HOSOMICHINOOKU」¥1389+税

俳句も、それが誕生した当時は、ヒップホップが出てきたときみたいに斬新で革命的だったのかも?
ということで、小学生の頃から古今東西の古典を愛読してきた井上百代が、芭蕉の奥の細道を、HEY-YO!っと現代文に超訳、さらに親しみやすくイラストとあわせてカジュアルな本に仕上げました。

弟子の曽良とともに、マジでヤバイ東北の旅に出た芭蕉は、寺社をめぐり、パイセンや仲間を尋ねて、ときにはラップバトルみたいに句会でもりあがったり、土地土地のトリビュートを鑑賞したり。
友達の家に世話になり、宿がなかなか見つからずにひどい思いをしたりのバックパッカーな旅路で、人情に触れ、病に倒れて人生を考える…

現代風なテクストの間に、芭蕉や曽良が詠んだ句だけは原文のまま記されていて、ライトな文章の中で、五七五のシンプルゆえの重みがさらに伝わってきます。

105×167mm 116pages 和紙のカバーつき

「HEY=YO! HOSOMICHINOO

「HEY=YO! HOSOMICHINOO

「HEY=YO! HOSOMICHINOO

漫画同人誌 机上研究会第二回講演【演劇】

机上研究会第二回講演【演劇】

机上研究会第二回講演【演劇】¥500+税

月間カニ座とムクロジによる、同人誌サークル机上研究会。2号目の特集は「演劇」。

自宅のお風呂場でいきなり水上演劇がはじまるSFタッチな作品があったり、日常を演劇にみたてたり、劇中劇ならぬ漫画中劇を描いた作品あり、ちょっとサイコな演劇セラピーありの漫画短編集。

主宰の月刊蟹座とムクロジの2名に加え、牡丹棚、護魔ムガク、柴、異逆、ウナギノ腹ワタ子、町田ひろみ、スーパー軍司、猪原秀陽の計10名が寄稿。

A5判160pages

机上研究会第二回講演【演劇】

机上研究会第二回講演【演劇】

机上研究会第二回講演【演劇】