アーティスト情報」カテゴリーアーカイブ

市場大介個展「テトラヒドロカンナビナール」

2022年6月11日(土)〜6月26日(日) ※水休み

市場大輔の個人アート誌「テトラヒドロカンナビナール」発行にあわせた美人画展です。

最終ページに一点一点異なるイラストを描いてサインを入れた新刊をはじめ、自身の画集に上書きしたお手製アートブック「BADADOOR ナイトメア」、シルクスクリーンを使ったアート出版Le Dernier Cri(フランス)制作のポスターや生写真も販売します。

【書籍】テトラヒドロカンナビナール
B5判100pages ¥2500

 

ケロッピー前田の「モドゥコン・ブック増補完全版」刊行記念フェア

「モドゥコン」とは「モディフィケーション・コンベンション(身体改造世界大会)」の略。
世界最大の身体改造ホームページBME が主宰する、 過激な身体改造 に特化した招待のみの大会で、1999年から3年続けて開催され、02年に『モドゥコン・ブック』が出版されました。

現地で取材にあたったケロッピー前田さんは、BMEを主宰するシャノン・ララット氏から日本での出版を提案され、モドゥコンに関する記事を寄稿した『BURST』の出版元コアマガジンに持ちかけたものの、出版不可と判断されたため、自らが翻訳&自費出版することで2003年に刊行されました。

長く品切れ状態でしたが、このたび新規カラー16ページを加えた増補完全版として復活。
男性器から火を吹き、指や手足を切断し、性器を完全除去する実践者たちのインタビューから、切除した男性器の調理法や身体の各部位への生理食塩水注入、インプラントやスプリットタン、ボディサスペンションなどの90年代以降に広まった身体改造を詳しく解説、世界的な身体改造ブームの火付け役となった決定版です。

アイボールタトゥー 、マグネティックインプラント、マイクロチップ、トレパネーション、ベーグルヘッド、ゼンタスティック、ウヴァティアール、ペインオリンピックなどを加え、2020年代 の最新の身体改造事情にまで繋がる情報を網羅しています。

今回はその出版を記念して、作品展示を含めたモドゥコン・フェアを開催いたします。一般書店やアマゾンなどでは扱えない禁断の書「モドゥコン・ブック 増補完全版」、ぜひ当店にてその現物をご覧ください。

ケロッピー前田さん 在店アワー
6月5日(日) 15:00 -17:00
6月10日(金) 18:00 – 20:00 (最終日)

◯ケロッピー前田
1965年東京都生まれ。千葉大学工学部卒、白夜書房(のちにコアマガジン)を経てフリー。世界のカウンターカルチャーを現場レポート、若者向けカルチャー誌『BURST』(白夜書房/コアマガジン)などで活躍し、海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきた。その活動は地上波の人気テレビ番組『クレイジージャーニー』で取り上げられ話題となる。
著書に『クレイジートリップ』(三才ブックス)、『クレイジーカルチャー紀行』(KADOKAWA)、責任編集『バースト・ジェネレーション』(東京キララ社)、『縄文時代にタトゥーはあったのか』(国書刊行会)など。

※6月8日(水)はお休みをいただきます
※手指消毒やマスク着用など、感染予防にご協力願います。

早川モトヒロ個展 REPETITION

2022.4.29 fri —5.13 fri

アーティスト早川モトヒロさんが約10年にわたって描きためた膨大なスケッチの中からセレクトした鉛筆画の展示です。

同名のZINE(限定300部)をリリースするほか、SNSに投稿するなりBANされた幻のイラストをプリントした記念Tシャツを発売します。

半年にわたり作品をセレククトするアーティスト

早川モトヒロさんが思いついたアイデアを描きとめ、展示作品に登場する景色やキャラクターとして納得ゆく形になるまで、毎日、繰り返し裏紙に描いた鉛筆画は、約10年の間に段ボール何箱にもなりました。その膨大な作品を掘りおこし、何カ月もかけて選別し、展示/zine発行の運びとなりました。

◯早川モトヒロ
1974年山口県生まれ。
2000年山口芸術短期大学卒業後、東京を拠点に活動をスタート。
近年は精力的に活動を行い、展示会のほかライブペイティングやミュージックビデオやフェスのイメージキャラクターに使用されるなどアーティストとして国内外を問わず活躍中。

※11(水)はお休みをいただきます
※手指消毒やマスク着用など、感染予防にご協力願います。

中村一般 画集発売記念個展 「僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ」

2021年5月22日(土)〜6月4日(金)

注目のイラストレーター・漫画家の中村一般が、アーティストとして独立する以前のゆらぐ日々の中で描いたマンガをまとめた作品集「僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ」の自家出版を記念して原画展示を行います。

twitterでの「ダックスフントを探せ」や、地元・三軒茶屋を舞台にした漫画「祖父母が営んでいた居酒屋の思い出」「こしあんぱんとグラフィティ」などで注目が高まるイラストレーター・漫画家の中村一般。

大学を卒業後にアルバイトやニートをしながら絵を描いていた何ものともつかない2019から20年の間──奇しくも、パンデミックによってすべての人にとって特別な時期となった──に、目にしたうつろいゆく景色を描きとめた作品集が「僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ」です。

遠くに見えるオリンピックを控えて建築中のビル、家とバイト先の途中のアスファルトの隙間に咲く花…やがて思い出となり、消えてゆくものたちを愛情を込めて丹念にペンとコピックで描写しています。

「この本は、2019年から2020年にかけて、私がほぼ毎日日記のように描いていたマンガの、まとめ本になります。
その日出会ったものを、1ページから6ページくらいにまとめ、コピックとペンで描いていました。

2019年は仕事がうまくいかず落ち込んでいたり、2020年はバイトを辞めてニートになっていた時期に描いていたので、一見ちょっと寂しい雰囲気のマンガですが、私は自分の「書き残しておきたい」と思ったワンシーンがほぼそのままの気持ちで書き残せたと思うので、『僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ』はとても大事な本になります」

 

中村一般「僕のちっぽけな人生を誰にも渡さないんだ」
A5判116pages オールカラー ¥1800+tax *会期中サイン本を販売いたします。

美学校「特殊漫画家-前衛の道〜商業漫画と特殊漫画-そのあいだ」レコジャケ展

美学校 根本敬クラス「特殊漫画家-前衛の道〜商業漫画と特殊漫画-そのあいだ」レコジャケ展

4月3日(土) – 4月16日(金)

1969年に、学校とは違う美術や音楽の学びと実践の場として設立された美学校。そのロゴをデザインした赤瀬川原平をはじめ、様々なアーティストを講師に迎え、多くの表現者を輩出してきました。

その中で「特殊漫画家-前衛の道〜商業漫画と特殊漫画-そのあいだ〜」クラスを受け持つ講師・根本敬と、受講生・修了生、さらにスペシャルゲストに伊藤桂司、東陽片岡を迎えてのレコードジャケットやZINEの展示販売会を開催いたします。

参加アーティスト:リキヤ、松田光市、中田真生央、出川ケイスケ、田中紀衣、本間洋、セキネトモコ、Zohre Miha、Masaru Kaido、根本敬

Special guest:伊藤桂司、東陽片岡

*画像は参加アーティストのリキヤと松田光市によるコラボ作品です。