カテゴリー別アーカイブ: 写真集

木藤富士夫 写真集「公園遊具 vol.7」

木藤富士夫「公園遊具 vol.7」¥800+税

屋上遊園地を撮影する木藤不二夫さんのもうひとつのライフワーク? 公園遊具の写真集。

今回、北は北海道オホーツクのゾウアザラシ! ナゾのとぐろ、つま先がパッカリ開いた靴、サトちゃんに似てるような似てないような象、もろに鬼、キリン的なものなど、東京周辺、愛知、大阪と公園遊具を巡ります。
不思議な造形が、仕込んだ照明によって夜の闇に浮かびあがります。
キッズにはちょっと怖いかも?!

それぞれの住所と地図つき。

A5判横32pages フルカラー

バックナンバーも各種お取り扱いしております。

ミズノシンヤ「ミズノシンヤの視点」

ミズノシンヤ「ミズノシンヤの視点」(ヘラ出版) ¥3333+税

ユーモラスで愛らしいメカやキャラクラーを描くミズノシンヤの初画集。

仕事とは別に、日々描きためたものをまとめた作品集ですが、近未来のお伽世界ともいえるドリーミィな雰囲気&オリンピックに向けて日々変わりゆく街の表情を捉えた写真によるアーティストの視点をお楽しみください。

H240mm×W220mm上製 160pages Hera Publishing
英・日バイリンガル仕様

ソロソロ 소로소로 「森の一日 숲의 하루 」

ソロソロ소로소로 「森の一日 숲의 하루 」 ¥1370+税

日本語に由来するsorosoroの屋号で活動する、韓国のカップルのフォトエッセイ。
野外でキャンプするのが好きな二人が、約5年の間に韓国や日本の各地で見た景色を夫が写真におさめ、妻が短い文書を添え、季節毎にまとめたもの。

木漏れ日や清流、美しい新緑や蝉の羽化、満天の星、森の中で淹れるコーヒーなど、さわやかな場面もあれば、雪山、獣の足跡、かなりのバックパック…というちょっとハードな一面もある野外の四季を、たくさんの写真で再現。著者いわく”自然の中で作った四季の彫刻”。

A5判264pages

写真集 マキ Maki「いづく Japan Somewhere」

マキ Maki「いづく Japan Somewhere」(禅フォトギャラリー)¥5556+税

フランス・マルセイユ出身/在住の写真家Makiが、2001年から2015年にかけて、日本に来るたびに各地を歩いて撮りためた写真からセレクトした96点を収録。

フィルムで撮影し、粗いタッチのモノクロで現像された作品は、日本で歩きまわった路地や雑踏、展望台や屋上からの景色もあればパートナーや出会った人々が登場する私的記録です。

と同時に、高層ビルのガラスの映り込んだ下界の景色の一枚は巨大企業と庶民の生活のコントラストを捉えていたり、かなたの富士山が、群生する雑草や草木越しに写されたとき書き割りのような美しい形が虚構のように見えたり…と
マキは、日本の景色や日常、社会の様々なコントラストをレンズを通して見つめています。

「私の写真と編集の仕方は、 私が同調出来ないこの世の中で、自分の居場所を示す方法である。写真は、撮られた日付や場所に紐づけて分けておらず、そこに共通するのは寓意的で隠喩的な日本像であり、その延長としての世界像だ。それは私の経験や、この国の文化や人々との関係の断片であり、出会う人々や場所を写真として残そうとする私の抑えられない衝動と組み合わさって初めて生まれる。
現代社会の悪を認識しながらも、日常の中で光るものを探しているうちに、それらの出会いは気づかないうちに私の中に浸透していくのである。」― Maki「いづく」より

280mm x 195 mm 並製 144pages、
英語、日本語 500部
※サイン入り

道端の浴槽を通して眺めた日本人の営みーー牧ヒデアキ写真集「浴槽というモノリス」

牧ヒデアキ写真集「浴槽というモノリス」¥2500+税

9年ほど、地元の愛知を中心に各地の、空き地で破棄/再利用された浴槽を撮り続ける牧ヒデアキ氏が、これまでの作品を見た目も浴槽の写真集にまとめました!

写真では少しわかりにくいですが、表紙は水色の厚紙を浴槽型にくり抜き中に写真がおさまっています。木口も水色に染められて浴槽のような設計で、浴槽の中にたくさんの浴槽が入っているわけです。

「住宅の建替えやリフォームにより造り付けの浴槽がユニットバスに変更され不要になり、浴槽の特性である高い機能性・耐久性・耐候性を生かしながら屋外で捨てられるように再利用され続けています」(あとがきより)

この浴槽に違和感を感じた、別世界の入口のように感じた牧ヒデアキは、浴槽を撮影するフィールドワークを通して、その素材やデザインから時代の変遷を、破棄/再利用の方法から人の営みを見つめてきました。

路傍の浴槽を通した日本のカルチャー探訪です。

A5判横綴じ96pages