作成者別アーカイブ: タコシェ

ネルノダイスキ 短編漫画集「あてずっぽう」

ネルノダイスキ 短編漫画集「あてずっぽう」 ¥1000+税

初の漫画単行本「ひょうひょう」を発表したネルノダイスキの書き下ろしを含む自主制作漫画短編集。

収録作品は「NecoとTaco」、「てんてん」、「Meltrip」、「あたらしいゲーム」、「夏の騒動」の5編。

訳あって逃亡中のネコとタコがそれぞれの頭部を入れ替え、なりすましの第二の人生?を送る「NetoとTaco」、町の中を歩いていると地面が揺れてあっちにぶつかりこっちにぶつかりながら転げ回る不条理を描いた「てんてん」、おふろにつかっているうちに体が溶け出してゆく「Meltrip」、視覚や聴覚でなく嗅覚による「あたらしいゲーム」、家に棲みついたクモとの奇妙は二人暮らし「夏の騒動」…

日常のパラレルワールドが、写実的なタッチとシンプルなキャラクターのタッチを織り交ぜ描かれています。
短編と短編の間に、コミック以外のイラストや立体作品も掲載されています。

B5判104pages

 

 

もぐこん「まんだらけで待ちあわせ」

もぐこん「まんだらけで待ちあわせ」 ¥500+税

まんだらけ….
そこに並んでいるものは、誰かが買って読んだり飾ったりしていた、思い出や物語を持ったものたち。

そんなものたちの中で、まだ会ったことのない人と待ち合わせ。
ショーケースのフィギュアたちを眺めながら、品物の歴史に思いを馳せたり、自分の思い出をひっぱり出しながら、見知らぬ人をまつドキドキと、そこを行き交う人々を描いた掌編。

twitterで発表したものを再構成してまとめたもの。

A5判48pages

Maya Fuji 画 Eda Yu 文「Short Tales, Long Roots Livoing legends of the East」

Maya Fuji 画 Ela Yu 文「Short Tales, Long Roots –Living legends of the East」 ¥1852+税

獏、麒麟、月兎、龍…など中国と日本の神話の中の生き物をモチーフにしたアメリカ西海岸在住のイラストレーターと詩人によるコラボジン。

いまも東アジアの文化や生活の中に息づく神話を、台湾とインドネシアにルーツを持つLA生まれのジャーナリストで詩人のEda Yuと日本に生まれて西海岸で育ったアーティストMaya Fujiとが詩的な物語とリソグラフの美しい多色刷りのイラストで紹介しています。

14cm × 21.6cm 18pages

Short Tales, Long Roots is a brief compilation of poetry and illustration that brings together creatures in Chinese and Japanese mythology through shared written language and story.

Each tale explores a different facet of East Asian culture and history, and hints at the possibility that these mythical beings continue to live among us today.

キクチヒロノリ画集 Hironori KIKUCHI the drawoing of ALCHEMICAL GRAPHICS

キクチヒロノリ画集 Hironori KIKUCHI the drawoing of ALCHEMICAL GRAPHICS ¥2315+税

95年に漫画雑誌『ガロ』でデビューして以来、ポップなキャラクターで、超現実的なストーリーを描き、『爆裂瞑想バキトマ道』『げだつマン』『へろみの夏休み』などの単行本を発表し、近年ではフランスでも翻訳が出ている漫画家キクチヒロノリ。

2011年頃から、漫画の手法を用いながら、夢で見たり頭に浮かんだイメージを新たなスタイルで描くようになりました。なかでも11~16年にかけての作品は、錬金術や銅版画、木版画、古い術師の言葉に通じるものが頻出します。

約8年にわたって描きおろした作品を、このたび『ALCHEMICAL GRAPHICS』と題してまとめました。緻密なイメージで紙面が埋め尽くされたモノクロ画は、さながら発掘された古代の石版か宇宙人からのメッセージのようです。

○キクチヒロノリ Hironori KIKUCHI the drawings of ALCHEMICAL GRAPHICS
22cmx29cm hardcover codex binding 96pages
表紙箔押し foil staped cover
表紙デザイン協力 in collaboration with Pakito Bolino (Le Dernier Cri)

コデックス装で開きやすくみやすい造本

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

キクチヒロノリ

1965年 茨城生まれ

1995 「Fruit」で、漫画雑誌ガロ(青林堂)にてデビュー
1998『爆烈瞑想バキトマ道』 (青林工藝舎)
1999 『げだつマン』(青林堂)
2000『へろみの夏休み』(青林堂)
「The admirable boys」をアンソロジー「COMIX 2000」(フランスL’Association)に寄稿
「げだつマン」からの抜粋を「Secret Comics Japan : Underground Comics Now」(アメリカ Cadence Books)に寄稿

2006『Mademoiselle Takada』(フランス Humeurs)
2011 あたらしい形の作品をつくりはじめる
2018 š! #32 日本特集に寄稿
2019 画集『Alchemical Graphics』

Hironori Kikuchi

1965 Born in Ibaraki, Japan

1995 Debut with “Fruit” in the comic magazine GARO (Seirindo) Japan
1998 Bakuretsu Meisou Bakitoma-Do(Seirinkogeisha) Japan
1999 Nirvana-man (Gedatsu man)(Seirindo) Japan
2000 Heromi No Natsuyasumi(Seirindo) Japan
Contributed “The Admirable Boys“ to the anthology COMIX 2000(L’Association) France
2000 Contributed excerpt from “Nirvana-man” to Secret Comics Japan:
Underground Comics Now(Cadence Books) USA
2006 Mademoiselle Takada(Humeurs) France
2011 Kikuchi begins to create works in his new style
2018 Contributed the work “Begin” to the magazine š!
#32 for its Japanese comic anthology (Kuš!) Latvia
2019 Alchemical Graphics (TACO ché) Japan

dong-hang 纏め短編集「波球」

dong-hang 纏め短編集「波球」¥1100+税

dong-hangが2010〜12年にかけて発表した短編5本に描きおろし1本を加えてまとめた短編漫画集。

何かを見た瞬間、記憶が鮮やかによみがえったり、感情がわきおこるような、一瞬や一つのシーンの底に横たわる、人や歴史に触れるような短編の群れ。

「Haiwa Haina Monca-灰は灰なもんか」
「あるローズバッド」
「マイネームイズジャック」
「マジックナンバー10」
「月球」
「ニューワールド」

印刷やデザインにこだわり、表紙はエンボス加工に銀のインクを使用。掠れのような部分もよく見ると街並のようです。

A5判104pages