日別アーカイブ: 2017 年 2 月 8 日

編集から印刷、製本までをアーティストたちが手がけるフランスのアート系コミックアンソロジー Lagon#3 GOUFFRE

lagon #3 GOUFFRE

Lagon#3 GOURRFE ¥6111+税

2014年に、版画や印刷も行う4人のイラストレーターSammy Stein, Alexis Beauclair, Bettina Henni, Severine Bascouertによってフランスで創刊された年刊コミックアンソロジーLagon。
創刊号のLagon, 2号のVolcan et Dômeに次ぐ、第三弾がGouffre(ゴフル/淵、裂け目、渦潮などの意味)。

現代建築やヒデオゲームやグラフィックデザインのように、扇情的な要素を排し、テクストを抑えた、従来のバンドデシネとは一線を画す作品を、世界各国から集めて編集しています。

オフセット、リソグラフ、シルクスクリーンの3つの印刷を組み合わせており、リソとシルクスクリーンは編集人たち自身が行い、彼らの作業場で丁合、製本もしています。

今号は35人の各国のアーティストが参加した300ページのボリュームで1000部限定。

参加アーティストはーーー
SARAH LOUISE BARBETT (France)
ALEXIS BEAUCLAIR (France)
JEAN-PHILIPPE BRETIN (France)
CF (USA)
IDIR DAVAINE (France)
FÉLIX DECOMBAT (France)
LOUISA GAGLIARDI (Switzerland)
SIMON HANSELMANN (Australia)
BETTINA HENNI (France)
JIRO ISHIKAWA (Japan)
MARIE JACOTEY (France)
JLC(A.Jihel) (France)
MAREN KARLSON (Germany)
JOE KESSLER & RICHARD SHORT(England)
AIDAN KOCH (USA)
TOM LEBARON KHERIF (France)
STEFANIE LEINHOS (Germany)
ROXANE LUMERET (France)
ILAN MANOUACH (Greece)
BRIE MORENO (Canada)
JASON MURPHY (USA)
PHILLIP NESSEN (USA)
SON NI (Taïwan)
ACACIO ORTAS (France)
HUGO RUYANT & RAPHAËL ORAIN(France)
LEON SADLER (England)
SAMPLERMAN (France)
OLIVIER SCHRAUWEN (Belgium)
SHIWASHIWA (Japan)
SAMMY STEIN (France)
TIGER TATEICHI (Japan)
PAUL VAN DER EERDEN (Netherlands)
LALE WESTVIND (USA)

※日本からはタイガー立石、しわしわ、石川次郎が参加しています。
英訳テクストつき。

2月18日まで、パリのgalerie du jour agnès bで刊行記念展示を開催中。

ご予約受付中。2月下旬に入荷予定です。通販でほかの商品を一緒にご注文の場合、発送はGOUFFRE入荷後にあわせてとなりますので、ご了承願います。

GOUFFRE

表紙はシルクスクリーンプリント

gouffre_MarieJacotey500gouffre_tiger500gouffre_OlivierSchrauwen500gouffre_jiro500

ラトビア発のコミックアンソロジー š! #27 「BFF」

s! #27BFF
š! #27 「BFF」¥1018+税

ラトビアの首都リガから発信されるコミック誌。
27号は、フレンドシップをテーマにした公募作品で構成されています。ちょっと変った友情物語。20作家中18人は本誌初お目見えのkuš!にとっても発見が多かった号だそう。刺繍漫画(男女の関係を刺繍とそこからほつれたりからまる糸で表現)があったり、黒鉛筆だけのミニマルな作品がったり、と表現のヴァリエーションも豊か。日本からはキクチヒロノリが表紙と短編とで参加しています。

掲載作家は—
表紙: Hironori Kikuchiミクチヒロノリ (Japan)
執筆者: BloodBros (New Zealand), deadtheduck (India), Derrengueta (Spain), Émilie Gleason (Mexico), Erlend Peder Kvam (Norway), Gareth Brookes (UK), Gonçalo Duarte (Portugal), Hironori Kikuchi (Japan), König Lü. Q. (Switzerland), Krystal DiFronzo (USA), Līva Piterāne (Latvia), Louise Aleksiejew (France), Lucas Souza Teixeira (Brazil), Lukas Weidinger (Austria), Marie Weber (France), Melek Zertal (Algeria), Shawn Eisenach (USA), Shee Phon (China), Till Lukat (Germany), Tor Brandt (Denmark).

A6判164P 無線綴じ フルカラー 言語は英語

s! #27BFF

s! #27BFF

s! #27BFF

ついに“ゴリ婚”こと飯島市朗「ゴリラとの結婚」の全貌が明らかに!!!

飯島市朗「ゴリラとの結婚」

飯島市朗「ゴリラとの結婚」(グッピー書林)¥1000+税

2003年、飯島市朗傑作集1「トルコ星座の男たち」から14年。そこに「後編」のみが収録され、前編の発掘が待たれていたゴリ婚こと「ゴリラとの結婚」の全容が明らかに!!!! 男女に関係なく濃い造形の人物たち、人間とは思えない力強いアクションに超絶的な間接の可動域…、独特の擬音、読者を置き去りにするストーリーの飛躍。 “劇画史に封印された最後の牙”、飯島市朗が帰ってきた〜!!!!!
表題の「ゴリラとの結婚」(前・後編)の他、全11編の短編を収録。
一般書店非流通復刻!

【収録作品】
・蜘蛛の怪奇
・女体惑星
・地球の終焉
・ゴリラとの結婚(前・後編)
・悪魔に会う(前・後編)
・冷凍する女
・ある奇形種類
・奇病
・ゲテモノ料理

【初出・出典】
日文社「漫画ブラックパンチ」
1970年2月号~1970年12月号

A5判128pages

飯島市朗「ゴリラとの結婚」 飯島市朗「ゴリラとの結婚」 飯島市朗「ゴリラとの結婚」