Isabelle BOINOT(イザベル・ボワノ)展 Usagi pour toi 福岡店


イザベル・ボワノ展 Usagi pour toi

パリをモチーフにしたイザベル・ボワノの展示が、福岡のデザイニング展2012(5/13まで)催しの一つとして、福岡・天神のUsagi pour toiで開催中です。

一見すると、ペン画のようなイザベル作品。しかし。よく見ると、薄い紙に極細のペンで描いたイラストを描線ギリギリにカットして貼付けたコラージュになっています。

たとえば、「のみのいち」と題された作品では、かぶりものを脱ぐように、無表情な頭部を取り外した人物あるいは人形の姿が描かれています。ちょっとシュールですが、イザベルが展示あわせて蚤の市で撮った写真をよく見ると、よく似た表情のお人形の頭部が…。頭だけのお人形を見たとき、イザベルの頭の中にはどんな物語が生まれたのでしょうか? 離ればなれになった体の事を思ったのでしょうか?

ちょっと、日常から逸脱したようでいて、実は日本旅行の手帳「Sumimasen」に見るように、独特の感覚で切り取られた実際のパリが細部までしっかりと描かれています。どうぞ、イザベルのパリをじっくり鑑賞してくださいね。今後、日本でも活躍の予感のイザベル。どうぞ、今のうちにチェックを。