3年ぶりの漫画雑誌 「架空 No.14 Spring 2015」


架空No.14

架空 No.14 Spring 2015 (セミ書房)¥1000+税

前号から、早3年。特に休刊したわけではなかったが、wikipediaの「ガロ系」雑誌の項で、廃刊雑誌として紹介されていたのを目にした若手同人の川勝徳重が、存続の危機を感じ、今号の編集を担当。

「エッジがききすぎて行き場を失くした迷子漫画」を募集の呼びかけにした架空が発行されなくては、行き場のない漫画がいよいよ行き場をなくしてしまう、というわけでの復活で、タイトルロゴや表紙デザインも少し変わりました。

【目次】
制作まで
斎藤潤一郎「イン・ザ・クソ・スープ」
川勝徳重「昭和我楽多万歳記」
ヤマダエイコ「海辺の出来事」
太田基之「骨を拾ったはなし」
川勝徳重「無題」
まどの一哉「絵文字工房の思い出」
まどの一哉「恵みの土」
房野の友久「無口」
原田ちあき「幸子ちゃんの中学生日記」
香山哲「労働せしめる實體(5)」
黒川じょん「わたすげ」
勝見華子「一人暮らし」

B5判166pages