石川次郎 Jirô ISHIKAWA「ATOMIC LOVE」

石川次郎 Jirô ISHIKAWA「ATOMIC LOVE」(Les Requins Marteaux)¥1800+税

2018年末、フランスの出版社、Les Requins Martauxの中のBD culというアーティスティック×エロに特化したシリーズのために描きおろした長編コミック。

テクストを排したグラフィックのみの作品で、性器の形をしたキャラクターや、頭部がペニスやヴァギナの形をした動物や人間たちが、地上で宇宙でサイケデリックに、からみ、まぐわう様をコンピュータを使わず手作業で細密に描ききった大河コミック。

13×18cm 128pages

Fanette Mellier「Aquarium」

Fanette Mellier「Aquarium」 (Editions du livre) ¥2500+税

Dans la luneで、シンプルな色と形の組み合わせによって、美しく静謐な月の満ち欠けを表現したFanette Mellierが、今度は水の中の世界に読者を誘います。

半透明の紙の片側には、グレイの濃淡で水槽と水棲生物たちのシルクエットが浮かんでいます。そして、ページをめくるとその裏側には、影とはまた違った形の色鮮やかな幾何学模様が描かれています。さらにページを透かして見ると、裏側のシルエットと色とが重なり、水の中の劇場に、第三のクリーチャーたちが現れます。
夢のようなグラフィックのイリュージョンが12の水槽で展開されます。

表紙には、透明な箔で水棲生物たちのシルエットが浮かんでいます。
21 x 18 cm 50pages パントーン10色印刷

グレイの濃淡で水槽の中にシルエットがみえます

シルエットの水槽の裏側には、美しい色合いの幾何学模様。

ページをすかしてみると、シルエットと幾何学模様とが重なって、新しい景色が浮かんできます。

漫画 ナマエミョウジ「名作集 2013-2016」

ナマエミョウジ「名作集 2013-2016」 ¥1300+税

ナマエミョウジの名作集第2弾。(第1弾は2010〜2012年の作品集)

「全部のせ昔話」では、海亀にもらった玉手箱をあけたとたんに、おじいさんおばあさんになってしまった夫婦。以来、赤ん坊を拾うは、子供や動物が次々に迷い込むは、おじいさんのほっぺにコブができるは、雀からつづらを貰う、犬は外で吠えっぱなしで大忙し! それでもキャラクターは増える一方、収拾がつかなくなった昔話はどこへ向かう?

大切な人に手編みニットを贈るための「亜美先生の手編みニット教室」。
変わったパートナーを持つ生徒たちが何を贈るか先生にアドバイスを求めます。彼氏や夫が鉄火巻きだったり、漢字だったり、メロンだったり、はては拡張子だったり。しかし亜美先生は、どんな人も優しく包み込む名解答を連発! そして衝撃のラスト。

ほかにも形を持たない”ドラムソロ”の一生を辿ったり、猥褻物や残忍なものを隠したりプライバシーを守るためにメディアで大活躍のモザイクを主人公にしたりと、奇抜な発想の作品が次々繰り出されます。

『名作集 2013~2016』
・全部のせ昔話
・ちょっと待ってくださいよー!!
・ケンカの仲直り
・加持会長のお宝自慢
・亜美先生の手編みニット教室
・ドラムソロの一生
・イン・ヘヴン
・モザイクくん
・人間やめて無人島へ行こう!
・2013年お年玉回避の旅
・ダジャレを言うのは

A5判196pages 2018.11.25

映画誌 南海 4「ペテン師グラインドハウスにダマされたい!/底なし映画俳優 バート・レイノルズのB面」

南海4 「ペテン師グラインドハウスにダマされたい!/底なし映画俳優 バート・レイノルズのB面」¥1000+税

2年8ヶ月ぶりに出た第4号の特集は2本立て。

まず「ペテン師グラインドハウスにダマされたい!」と題して、80年代末にエクスプロイテーション映画の最底辺ともいえる『ロボポリス』などを2本立てで上映したチェーン、プラットフォーム・シアターをとりあげます。

もうひとつは「底なし映画俳優 バート・レイノルズのB面」。
2018年9月にこの世を去ったタフガイの後半戦を、レンタル落ちVHSと輸入DVDでたどります。また彼の最晩年の傑作『The Last Movie Star』を監督自身のエッセイとレビューで紹介します。

〈特集1〉 ペテン師グラインドハウスに?ダマされたい!
●インタビュー「ロボポリス宣伝指令! JAVN作品配給・宣伝奮闘記」
岡村尚人(宣伝プロデューサー、元メイジャー宣伝部)
江口?浩(フィルム・アーキヴィスト、元JAVN)
●寄稿「新宿ピカデリー3に思い入れはないが……」中原昌也

〈特集2〉 底なし映画俳優 バート・レイノルズのB面
●寄稿「ビデオでみるバート・レイノルズ」小坂裕司(Kプラス/ビデオ博物館)
●作品ガイド「レンタル落ちVHSと輸入DVDでめぐるバート・レイノルズのB面ツアー」
●作品評「ラスト・ムービー・スター 現在進行形の映画スター、バート・レイノルズ」Murderous Ink(映画批評/映像史)
● エッセイ+追悼文「あこがれのヒーローとついに巡り合う。そして訪れる、つらいお別れ。」アダム・リフキン(『The Last Movie Star』監督) 訳=川原理世

〈シリーズ企画?〉 フリードキン逆襲 [第1回]?『恐怖の報酬』
●論考「「重力」としての映画音楽 フリードキン版『恐怖の報酬』の魔的なる音楽使用法」後藤護(暗黒批評)
●コラム「『恐怖の報酬』テレビ版カットについて」山村英己

18.7cm×10.4cm四六判変形 120pages

二艘木洋行 Hiroyuki NISOUGI+平山昌尚 Masanao HIRAYAMA「NEW HORISON ニューホライゾン」

二艘木洋行 Hiroyuki NISOUGI+平山昌尚 Masanao HIRAYAMA「NEW HORISON ニューホライゾン」(Talion Gallery)¥2000+税

「お絵かき掲示板をはじめとしたペイントソフト環境に、プリンタや手描きの描画環境をエミュレートする、あるいはその逆を行うことによって、いくつかの意図的なエラーを発生させようとする」手法の二艘木洋行と
反対に「太さが一定で線に肥痩を生まないフェルトペンと定規を用いて、ひとつひとつの描線が持つ絵画内容に関与的な諸情報を可能な限り減少させようと試みている」平山昌尚の
カップリング画集。
2つの画集の表紙が繋がっていて、広げるとステレオで並行して見ることができる造本です。

29.7 x 21cm 56pages English/Japanese
テキスト:副田一穂、中尾拓哉/デザイン:刈谷悠三+角田奈央/neucitora
それぞれのアーティストの名刺大のカードつき