池田ハル ドローイング・漫画集「アナザーガール」

池田ハル「アナザーガール」¥800+税

イラストを使って、紙、洋服、靴などでファッショナブルな表現を手がける池田ハルのドローイング・漫画集。

2017年2月から3月にかけてインスタグラムに投稿していた1コマ漫画「アナザーガール」20回分に描きおろしの5話を加えた作品集。
少女と女性が交互に、あるいは入り交じって登場し、シンクロするようなパフォーマンスを展開します。ストロボ連続撮影のようにに、ポーズや人物構成が変わるドローイングの連続。
そのリズムやタッチをお楽しみください。

サインとエディション ステッカー付き

A5判32pages 70部限定

※Tシャツつきもあります。

漫画雑誌 架空15号、16号 同時発行


架空 No.15 Spring 2017(セミ書房)¥1000+税

前号から約2年。編集を引き継いだ漫画家・川勝徳重が今度は15,16号を同時発行。

西野空男が創刊した架空のエッセスを引き継ぎつつも、誌面の半分は、レインボー祐太の同人誌「グロテスク怪奇」を雑誌内雑誌として収録したり、ミュージシャン伊藤尚毅のインタビューや自作解題、ディスコゴラフィとともにデモテープCDを付録につけたり、さらには、フラナリー・オコナーの「生きのこるために(横山貞子訳)」を元に豊田徹也が描いたネームも収録しと新たな試みを盛り込んでいます。

【内容】
●マンガ
勝見華子「僕とギターとあの娘」
豊田徹也「救う命は自分のかもしれない」(原作:フラナリー・オコナー)
まどの一哉「床屋」
岡村香穂「春だったね」
松山明子「かも」
太田基之「通学路」
川勝徳重「不憫な奴」
斎藤潤一郎「Deadly Weapons」
木下竜一「グロック18C」
山田英子「草の仮面」

●評論
石丸まく人「伊藤尚毅 讃」
レインボー祐太「ジャズ史の闇に消えた超低俗トランペッター JATPとアル・キリアン」「『レイダース失われたゾンビ』誕生物語」
深野五十吉「デヴィッド・ストーン・マーチンについて」

●付録
伊藤尚毅「デモテープ」

B5判220pages
※本の角のこすれや折皺はデザインの一部です。

架空 No.16 私漫画特集(セミ書房) ¥1000+税

16号は私漫画をテーマに、小黒小豆、亜蘭トーチカ、箕芳、三谷めめ子、嘉江など20代の若手作家の作品で構成しながら、ガロ的な誌面を作り出しています。

評論コーナーでも、可児洋介「『ねじ式』神話の成立―つげ義春のマーケティング戦略―」、内島すみれ「安部慎一の平面性と可能性」、川勝徳重「畳の目から『私漫画』を考える。~1970年前後の『ガロ』の技法~」「房のの友久作品のこと」から、ガロ的表現を検証しています。

【内容】
●マンガ
小黒小豆「東京犬聞録」
亜蘭トーチカ「川へ行く」
箕芳「藻と貝」
三谷めめ子「春の天気は不安定」「ひこうき雲で腹十二分目」
勝見華子「一応、青空」
木下竜一「音信不通」
房のの友久「何かと無常」
川勝徳重「蝦蟇」「龍神抄」
嘉江「強盗計画」

●評論
可児洋介「『ねじ式』神話の成立―つげ義春のマーケティング戦略―」
内島すみれ「安部慎一の平面性と可能性」
川勝徳重「畳の目から『私漫画』を考える。~1970年前後の『ガロ』の技法~」「房のの友久作品のこと」

B5判266pages

After Dusk #4 特集「79-85カセットの時代」/Suikazura and After Dusk presents「Season In The Dawn」ディスクガイドにのらないニューウェイヴの名盤・迷盤コレクション

After Dusk #4 特集「79-85カセットの時代」 ¥540+税

巡り巡って再びブームを呼ぶカセットだが、活況を呈した70年代末~80年代前半のパンク~ニューウェイヴ全盛期における主流メディアのレコードと異なる、独自の広がりと文化に触れる特集。

世界各地でリリースされたカセットならではの名作はもとより、メジャーで活躍するアーティストがレコードと並行して敢えてリリースしたカセット、アートやブックレットと組み合わての発展型など、様々な作品をレビューを付して紹介する。

あわせてコラム3本も収録。
●ノイズ・インダストリアルとカセットテープ
●カセット専門レーベルの存在
●カセットテープとアート

※本誌自体がカセットテープブック形式で、今回は判型もコンパクトになり、ジッパーつきの袋にカセットとともに入っています。

A6判44pages

Suikazura and After Dusk presents 「Season In The Dawn ディスクガイドにのらないニューウェイヴの名盤・迷盤コレクション」 ¥370+税

After Duskの「ポストパンク~ニューウェイヴ」特集の続編。
マニアックなアーティストの評伝などを発表するSuikazuraこと平山悠と、ニューウェイヴやトランスレコードを特集してきたAfter Duskの共同編集で、50枚の名迷盤をレビュー。

ほかに平山は「邦訳してほしい音楽書籍」、After Duskは、音楽誌フールズメイトの創始者でトランスレコード、YBO2で80年代の音楽シーンを牽引した北村昌士が90年代初頭にはじめたレーベルSSE Communicationsカタログを執筆。ほか「再発してほしい名盤・迷盤」

A5判46pages

手差しユニッツ×THE LOST CLUB「僕は停滞気味」

手差しユニッツ×THE LOST CLUB「僕は停滞気味」¥500+税

2010年に結成された4人組バンドTHE LOST CLUBの1stアルバム「僕は停滞気味」からの2曲入りCDと、手差しユニッツの青春コミックジンのパック。

CD収録曲は「僕は停滞気味」「素敵なシーズン」

手差しユニッツの漫画は、しばらく受験勉強に集中しようという彼女と、そんな彼女のことが気になって仕方ない彼氏の高校生カップの微妙な関係を描いたちょっぴり切ない同名の青春物語短編。
A6判16pages 2色刷り

月刊ドライブイン vol.01

月刊ドライブイン vol.01 ¥463+税

交通網の発展とともに、街道沿いにできた駐車場つきの食堂やみやげもの店、ドライブイン。
近年、輸送の幹線が高速道路に移ったり、休憩所も商業施設化したり、道の駅の奮闘などで、昔ながらのドライブインは姿を消しつつあるが、ライター業の一方でインタビュー誌を自費出版してきた橋本倫史は2011年頃から、ドラインブインを巡る旅に出てインタビューを開始する。

学生時代に免許をとってバイクで旅した北海道を走り、酪農の町のドライブインで、ひとり店を切り盛りする90才すぎの女性に、町とドライブインの歴史、半生について尋ね、地元の図書館に残る資料でドライブインの始まりとピーク時の模様を遡る。

もうひとつのドライブインは、60年代にできた阿蘇のやまなみハイウェイの城山ドライブイン。九州横断道路としてオリンピックイヤーに観光のために作られたハイウェイのドライブインに嫁ぎ、旅行ブームやマイカーブームによる隆盛を経て、2012年の集中豪雨、16年の地震に見舞われる中、店の再開を望みながらおかみさんが逝ったことを再訪で知る筆者…。

ドライブインを支えてきたおかみさんたちを取材しながら、郷土史資料から歴史をひもといたり、当時の新聞などから、ドライブインの時代ーー道路が整備され、自動車が普及する60年代~70年代ーーを辿る。
「戦後という時間も七〇年以上が経ち、それをひとくくりに語るだけのリアリティを僕は持っていない。
でも、街道沿いに残るドライブイン一軒一軒の物語を拾い集めることで浮かび上がってくる風景があるのではないかと思ったのだ」

A5判44pages