大香港研究会「御宅族も現場に行ってきた。2019-20」

大香港研究会「御宅族も現場に行ってきた。2019-20」¥779+tax

香港で漫画を買い付けて日本で販売する香港漫画店の店主。
これまでも買い付け出張の際に、現地で仕入れたおたく視線の漫画や町ネタを同人誌にしていたが、2019年度は、まったく様子が違った。連日ニュースになった一連のデモ、そしてコロナ。

香港書展に合わせての出張。展示会場には、ほのぼのエッセイ漫画や旅行ガイドが相変わらず人気の一方、デモや運動を支持する出版社のブースやレノンウォール(付箋にメッセージやスローガンを書いてみんなで貼るアレです)が出現するカオス。
町ではデモが続いていたが、滞在中に、運動の流れを変える地下鉄・元朗駅での市民襲撃事件(デモ参加者のみならず地下鉄乗客など市民が、シャッターの閉ざされた駅構内で地ヤクザ的集団に暴行された)が発生。
翌朝のお粥屋さんで、居合わせた香港人たちがテレビのニュースを見入る様子から、日常に暴力が侵食し、不安や悲しみや怒りetc.が伝わってゆく空気感が捉えられています。

筆者が帰国後も運動は続き、その様子は時系列に沿って年表方式でまとめられています。
そして年明け。買い付を前に、深刻化して行くコロナ感染。現地は、防疫やら必要物資の確保に大忙し。加えてデモ。
ますますカオスな香港に、マスクと除菌グッズ完備で乗り込む筆者….
現在、コロナ感染の第二波を乗り越えた香港ですが、ピークを迎える前の戦々恐々の時期の模様。

生活や自由が脅かされる時、政治とどう向き会うか、自分たちの健康や命をどのように守るか…
いまや日本人にも無縁でない問題に、長く向き合って来た香港の様子を伝えてくれる現地レポート。

B5判68pages

「文字をめぐる日常」

kan「文字をめぐる日常」¥800 +tax

エディトリアル&ブックデザイナーのkanが町を歩きながら収集した、路上の標識の文字、お店の看板、メニューの手描き文字のコレクション写真からタイポグラフィ関連のイベントレポートなどをまとめたもの。

noteに発表した内容を加筆修正したうえ、デザイナーkwkmインタビューやその作品も新たに収録。
同人誌でありながら、雑誌のような多彩な切り口で、グラビアあり、インタビューあり、取材あり、読み物ありの内容。
文字好き、タイポマニアにおすすめです。

A5判42pages

MOTO HIDEYASU MUSIC BOOK ~本秀康 音楽イラストレーション集

MOTO HIDEYASU MUSIC BOOK ~本秀康 音楽イラストレーション集 (Pヴァイン)¥2700+tax

ファースト画集『ハロー・グッドバイ』から20年、セカンド『MOTO book ~本本~』から12年。
今回のサードは、ルーツロックからアジアン・ポップス、日本インディーまで、古今東西の音楽をこよなく、かつ偏愛し続けてきた本秀康ならではの「ミュージシャンと音楽」に徹底的にこだわったセレクト !

自身で主宰する7インチ・レーベル、雷音 (ライオン) レコードのジャケットの原画をはじめ、この12年に本秀康が手がけた数々のジャケット、表紙、グッズデザインなどに使用された作品の原画をほぼ初出しで掲載します。

また、髙城晶平 (cero) などゆかりあるミュージシャンを迎え、
今回の作品集のための特別対談も掲載。

B5判140pages

吉岡里奈・塙興子・マキエマキ「おピンク帝国の逆襲」

吉岡里奈・塙興子・マキエマキ「おピンク帝国の逆襲」 ¥1818+tax

2020年春、板橋のカフェ百日紅での3人展にあわせて作成された図録。

表紙は、熟女グラビアの自撮りをするマキエマキをモデルにした吉岡里奈と塙興子の合作。

昭和ムードのイラストを手掛ける吉岡は、食虫植物を女の性を重ねて図解。
塙は昭和とともに葬った湿ったエロスを描きます。
マキエマキは、エロス全開の熟した体を被写体に自撮りを披露しています。
巻末には3人の熟女集合写真も。

A4判20ages