紫結晶育成キットで作ってみました!


現在、展示中の銀河通信社さんの紫結晶育成キットを使って、結晶作りを試してみました。

1.まず、箱の中の材料を確認。

紫結晶 内容物

2.結晶種に触れないように母岩を取り出す。お風呂より少し熱いくらいのお湯をタッパに入れ、ふたの上に母岩を置き紙コップで覆って母岩ごと暖める。

育成キット 結晶種+母岩

3. 結晶育成溶液をすべて容器に入れる。

結晶キット 育成溶液

4.湯煎にかける。備え付けの水温計にはサックがついているので、その下線を最初の温度にあわせ、上線の温度になるまで暖める。

結晶キット 溶液湯煎

5. 暖まった溶液に結晶ノ素を入れて撹拌する。

結晶キット 結晶ノ素

6.容器の底に粘着ゴムで母岩をセットし、容器の外側を銀紙で覆う。

育成キット 容器

7. 溶液を注ぎ、さらにタッパに入れてねかせます。

結晶キット 育成中

8. 翌日には、母岩全体が小粒の結晶に覆われていました!

結晶キット 一日後

溶液を再び湯煎にかけて、残った結晶ノ素を加えて撹拌し、再び溶液の中に母岩を戻し前日と同様にねかせる。

9. 2日目の結晶。一日目よりも、結晶が大きくなり母岩をしっかり覆ってます。

結晶キット 2日目

10. さらに容器のフタをガーゼに取り替えて、2日ほど育てます。

育成キット 成長中

12. 完成! もとの種結晶も幾周りか大きくなり、母岩の結晶も八面体の形に。

育成キット 完成

湯煎などの作業もありますが、お水も、キットの紙コップ4杯分というように簡単に適量を用意できますし、温度計にも目印がつけてあるので難しい計測はありませんでした。説明書に従って作業すれば、4日〜5日でちょっとずつ結晶が育ってゆくのを楽しめます。