高木壮太 「新 荒唐無稽 音楽事典」



高木壮太 「新 荒唐無稽 音楽事典」(平凡社)¥1300+税

90年代よりスタジオミュージシャン、音楽作家として活動をはじめ、数々のバンドのサポートミュージシャンの一方で、ファンクバンド「CATS BOYS」キーボーディストや「井の頭レンジャーズ」プロデューサーとして活躍する高木壮太による、諧謔性あふれる音楽事典。

自費出版した文庫版「荒唐無稽音楽事典」が好評で、版を重ね、ついに単行本に!!!
単行本化にあたり、約100項目を増補し、全面的に加筆修正を行った全1730項目の完全版とのことですが、作者によれば、商業ベースでの出版にあたり、削除した項目もあれば、加えた部分もあるとか。あるいは、本書のあとがきによれば「版を新たにするにあたって、筆者が心掛けたのは、さらなる狂気の表出と、文字を大きくすることである」そうで、版が大きくなった分、確かに字も大きく読みやすくなっています!!!

音楽に関する専門用語から国内外の多くのアーティスト・ミュージシャン・バンド・アイドル(グループ)、楽器・ジャンル・etc….と音楽に関するあらゆる項目をピックアップし、どんな偉業も笑い飛ばすor肩すかしを食らわす内容になっています。

内容を一部抜粋して紹介するとーーーーー
【X JAPAN】えっくす‐じゃぱん〔バンド〕
NHKホールには日本最大のパイプオルガンがある。レピッシュのひとが借りに行ったら断られたそうだ。ところがYOSHIKIには簡単に貸した。世の中ヤンキーに優しくサブカルに厳しいという例である。

【セルジュ・ゲンズブール】Serge Gainsbourg(1928-1991)〔人物〕
世の女性に「嫌いな男性のタイプは?」と訊くと99%が「不潔なひと」と答える。セルジュ・ゲンズブールは2年くらい風呂に入らず、アルバート・アインシュタインみたいな髪形になって、ぼろぼろの服を着ていたのに、ブリジット・バルドー、アンナ・カリーナ、ジェーン・バーキン、バンブーと絶世の美女に惚れられた。矛盾である。

【ヘッドフォン】headphone〔電気〕
スタジオで演奏に集中しているミュージシャンに出前が届いたことを知らせる装置。

【ロック】rock〔ジャンル〕
リズム&ブルーズやカントリーを元に発達した、大人たちの消費主義や社会への服従に対する若者たちの反抗の表現音楽である。取り仕切っているのはもちろん消費主義の大人たちである。

ほかに、凡例/音楽史年表(有史以前~21世紀)/付録(ギター各部の名称、各地域で最も人気のあるバンド、音域表)/平凡社版によせて を収録。

四六判272pages