70年代の家電デザインと広告アートを堪能ー松崎順一「メイド・イン・ジャパンのデザイン! 70年代アナログ家電カタログ」


松崎順一「メイド・イン・ジャパンのデザイン! 70年代アナログ家電カタロ」(青幻舎)¥1500+税

タコシェでも好評だった、70年代のメイド・イン・ジャパン家電本が文庫で復刻しました。70年代のレトロな家電デザインだけでなく、カタログなどを通して、当時の広告アートやタイポグラフィなどを堪能できるのが魅力です!!!

大阪万博で幕を開け、大衆消費ブームに沸いた1970年代、家電各メーカーは、競って新しい商品を世に送り出しました。
本書は、オーディオ、テレビ、冷蔵庫、掃除機、電話、デジタル時計、ゲーム…など、
1970年代前後に生まれた家電の製品カタログを約550点収録。
名品家電の数々が、貴重なカタログから蘇ります。各社の多彩なオリジナルデザインや技術の遷移など、希代の家電蒐集家・松崎順一氏によるカタログを楽しく読み解く解説付き。
メイド・イン・ジャパン家電の黄金期の魅力をたっぷり知ることができる内容です。

●松崎順一
家電蒐集家。デザインアンダーグラウンド工場長。
1960年東京生まれ。2002年デザイン会社を退職し、2003年にデザインアンダーグラウンドを設立。
東京・足立区内にファクトリーを構える。
日本製ラジカセやレトロ家電の魅力を伝える〝レトロフィッター〟として、
主に1970年以降の近代工業製品を発掘・蒐集し、整備・カスタマイズしてイベントやアート展を企画。
「タモリ倶楽部」「高城剛の家電ワールド」等、テレビや雑誌でもその活動を展開している。
著書に『ラジカセのデザイン!』。同名のDVDもユニバーサルミュージックジャパンより発売中。

文庫版336pages