After Dusk #4 特集「79-85カセットの時代」/Suikazura and After Dusk presents「Season In The Dawn」ディスクガイドにのらないニューウェイヴの名盤・迷盤コレクション


After Dusk #4 特集「79-85カセットの時代」 ¥540+税

巡り巡って再びブームを呼ぶカセットだが、活況を呈した70年代末~80年代前半のパンク~ニューウェイヴ全盛期における主流メディアのレコードと異なる、独自の広がりと文化に触れる特集。

世界各地でリリースされたカセットならではの名作はもとより、メジャーで活躍するアーティストがレコードと並行して敢えてリリースしたカセット、アートやブックレットと組み合わての発展型など、様々な作品をレビューを付して紹介する。

あわせてコラム3本も収録。
●ノイズ・インダストリアルとカセットテープ
●カセット専門レーベルの存在
●カセットテープとアート

※本誌自体がカセットテープブック形式で、今回は判型もコンパクトになり、ジッパーつきの袋にカセットとともに入っています。

A6判44pages

Suikazura and After Dusk presents 「Season In The Dawn ディスクガイドにのらないニューウェイヴの名盤・迷盤コレクション」 ¥370+税

After Duskの「ポストパンク~ニューウェイヴ」特集の続編。
マニアックなアーティストの評伝などを発表するSuikazuraこと平山悠と、ニューウェイヴやトランスレコードを特集してきたAfter Duskの共同編集で、50枚の名迷盤をレビュー。

ほかに平山は「邦訳してほしい音楽書籍」、After Duskは、音楽誌フールズメイトの創始者でトランスレコード、YBO2で80年代の音楽シーンを牽引した北村昌士が90年代初頭にはじめたレーベルSSE Communicationsカタログを執筆。ほか「再発してほしい名盤・迷盤」

A5判46pages