鈴木翁二「かたわれワルツ」


鈴木翁二「かたわれワルツ」(而立書房)¥2000+税

オルタナティヴ系漫画雑誌「ガロ」で活躍し、安部慎一、古川益三と並び〝三羽烏〟と称された鈴木翁二。

古きよき時代なのか、少年の心なのか、浮遊する魂をわしづかみにして紙面に焼き付けたような、
奇妙で魅惑的な漫画表現。加筆再編、未発表イラストを収録した、圧倒的詩情にあふれる文芸コミック。

「永遠」の匂いがする。濃い。たまらない。—–推薦・穂村弘

【収録作品】
かたわれワルツ(80)/柘榴と颱風(78)/麦畑野原(77)/オゝマツヨイのヨル(77)/菫(77)/庭の光(02)/歌の町(82)/一億年(93)/スワロー(77)/雲雀!雲雀!(80)/じごく(72)/少女と神さま(79)/恋と夕立(74)/むべ咲く哉(77)/転轍機(87)/ちきゅうのよかぜ(91)/海のタッチ(78)/愉しい二人(75)/サーカス(73)/街道の町(72)

著者:鈴木翁二(すずき・おうじ)
1949年愛知県生まれ。漫画家。69年、空想の恋を描いたデビュー作「庄助あたりで」をガロに発表。
以降「東京グッドバイ」「マッチ一本の話」「海の実」等で独自の世界を造る。 著書に『うみのきらきら』『こくう物語』(青林工藝舎)、『A SINGLE MATCH』(D+Q)など。
楽曲集にCD『未明ノ歌』『うたたね』(オフノート)。近刊に『オートバイ少女』(ワイズ出版)がある。