季刊25時 vol.9 やっぱり中島らもが好き!


季刊25時 vol.9 やっぱり中島らもが好き!(経堂福島出版社) ¥463+税

酒や酒場、飲食店にまつわる話や、酒場にふさわしい人物や話を毎号お届けするリトルプレス 季刊25時がバックナンバーとあわせて入荷しました。第9号の特集は中島らも。

灘中に入学したものの、バンド、B級映画、漫画、深夜ラジオなどにはまりドロップアウト。社会に出ても反骨精神を貫き、新聞連載「明るい悩み相談室」をきっかけにブレイクし、数々の小説を書く人気作家である一方、バンドや舞台活動を行い、躁鬱病を抱えて酒の世界に浸り、世の中からはみ出した者たちに常に優しい眼差しを注ぎながら、あまりに早くにこの世から去ってしまった作家、中島らも。遺された人たちが今なお愛してやまない、ぶっとんでいながら優しい、それぞれの中島らもを語ります。

巻頭では、中島らもの娘で作家でミュージシャンの中島さなえをゲストに迎えて、父とその作品、父以上にぶっとんだキャラの母と築いた家庭の模様などを聞くほか、松尾貴史、俳優の山内圭哉、コピーライターの中畑貴志ら、ゆかりの人たちが寄稿。

●巻頭インタビュー
「これからは、ゆっくり父の作品を読んでみたいですね」 中島さなえ
●寄稿
「中島らも、高槻事件」中畑貴志
「らもさんのこと。」桂南光
「どんな人かと問われたら」山内圭哉
「らもさん的なものをひきずり戦う日々。」浦田拓
「我が師、我が兄貴、我が親友、中島らも」 松尾貴史
●特別対談
「らもさんがいなかったら雑誌「酒とつまみ」は、なかったかもしれない」
渡邉和彦(雑誌「酒とつまみ」編集発行人×須田康成(コメディライター・さばのゆ店主)
●中島らも全著作

【連載】
●風のとまり木9 –松江 山小舎–西林初秋
●世界の路上から1 「今日も明日も、米を食わなきゃはじまらん」木村聡
●偏愛カフェ3

B6判120pages

vol.7の伊丹十三号もおすすめです!!