書籍」カテゴリーアーカイブ

スズキナオ「酒ともやしと横になる私」

スズキナオ「酒ともやしと横になる私」(シカク出版)¥1300+tax

大阪シカクのメルマガで連載していたエッセイコラム「鈴木のぼやき」を加筆修正、書き下ろしを加えた、昔の言葉でいうと洒脱、いまの言葉でいうと新感覚無意味系脱力なエッセイ!

格安深夜バスで大阪と東京を往復しながら、
罪悪感を減らして健康を増進するために?ラーメンにもやしを加えながら
あるいは書店でビジネスや自己啓発系の本のタイトルを眺めたり、お酒を飲みながら、スズキナオが感じたこと、考えたことを語った208頁。

「心底どうでもいい話を読まされてるなと思ってたら、それが宇宙の真理に直結していたりする。ナオさんの頭の中って、本当どうなってんだろ」パリッコ(酒場ライター)

格安深夜バスとか30円のもやしを尺度にする小さな人間にみせかけて?日常を軽やかにする視点を教えてくれるエッセイの名手。
昭和の若者が吉田健一から、新幹線時代に各駅で旅する悦びやお酒の飲み方を教わったように、令和にはスズキナオのエッセイを味わう若人がいるに違いない。

本はスマホや手札よりちょっと大きな三五判変形で、2センチほどの厚さ。手になじみやすく、パール紙のカバーとあわせて物質感があります。

三五判変形208pages
※サイン、ペーパーつき

小林瑞恵 「アール・ブリュット 湧き上がる衝動の芸術」

小林瑞恵 「アール・ブリュット 湧き上がる衝動の芸術」(大和書房)¥2700+tax

アール・ブリュットとは、伝統的・正統的な美術教育や技法から解放されたアートのこと。

1901年、フランスに生まれたジャン・デュビュッフェは画家を志ながらも、家業や兵役につく傍ら絵を描き続け、40才をすぎてようやく画業に専念しました。
それまで、様々な社会経験を積んだ彼は、人間には美術教育を受けずとも表現したいという欲求が生まれ、見返りや評価に拘らず衝動のままに作品を作る人がいる事に気づきます。
そして45年に、スイスの精神病院や刑務所で出会った未知の表現者たちの独創的な作品に魅了され、これをアール・ブリュット(ブリュットとは、天然の、なまの、原石のといった意味あい)と呼び、48年に、60人ほどの会員を募ってアール・ブリュット協会を設立し作品の収集や紹介に乗り出します。

ジャン・デュビュッフェがアール・ブリュットという概念を打ち出したことで私たちは、それまで美術の世界から、こぼれおちていた多くの作品をしました。

近年、日本でも、障害のある人の芸術活動支援がおこり、専門の美術館やギャラリーもできました。
その中で、国内外に日本の作家と彼らの作品を紹介してきたキューレーターが編んだのが本書となります。表現せずにはいられない40名の作家の270の作品を収録し、個々の作家・作品に解説を付しています。

ここ何年か、中野駅からタコシェに続くアーケード街サンモール、また中野ブロードウェイでも、アールブリュット作品を紹介するパネルやポスターが展示され、町ぐるみでこの芸術を支援していますが、この展示のディレクションも著者が行っています

装丁は、吉岡秀典。章のコンセプトにあわせて紙を変えたり、黒紙に銀刷りの重厚感ある表紙まわりにコデックス装と、作品とともに、その造りも楽しめます。

A5判204pages

刈部山本「埼玉「裏町メシ屋」街道旅」

刈部山本「埼玉「裏町メシ屋」街道旅」(光文社 知恵の森文庫)¥860+tax

町歩きをしながらの大衆食(ラーメン・町中華・食堂・酒場等)レポを、ブログ”デウスエクスマキな食卓”やミニコミ同人誌で発表してきた刈部山本が、『東京「裏メシ屋」探訪記』に続き、今度は埼玉を行く。

前著で、東京周縁部を深堀した著者だが、埼玉に特化した本の企画を提案された時には驚きや戸惑いもあったそう。
しかし、自身が埼玉出身のうえ、「翔んで埼玉」などをはじめとした埼玉への注目度uprという追い風、さらには知られていないものこそ紹介するというミニコミ活動で培ったスピリットで、埼玉の地元に根ざした「いい店」を巡る。

旧街道沿いをメインに、歩いては食べ、食べては歩き、銭湯で休んで最後に一杯。歴史と文化、食が交差する、これまでなかった埼玉グルメ本です。

【目次】

■第一章 工場労働者が支えた川口
~大衆食堂の記憶と、共働き世代の子供の聖地「ぼったら」

■第二章 西川口~蕨 今昔物語
~NK流から大陸中華へ、激変の西川口周辺を散策する

■第三章 ラーメンショップ路線バスの旅
~郊外ロードサイドの象徴「ラーショ」を味わい尽くす!

■第四章 大宮~川越を繋ぐ痕跡
~大宮の昭和残照から川越廃線跡うどん巡りへ

■第五章 川越「裏町メシ屋」紀行
~隠れご当地グルメで辿る“小江戸”じゃない川越

■第六章 広大なるフライ文化圏
~行田・熊谷・深谷の駄菓子メシ「フライ」を求めて

■第七章 秩父盆地 極楽案内
~秩父セメント廃線と、類まれなる盆地カルチャー

コラム1 埼玉の熊手市は酉の市ではない!
コラム2 伊勢崎線(松原団地~越谷)
コラム3 大宮~鴻巣路線バスの旅
コラム4 伊勢崎線(越谷~栗橋)
コラム5 最北の地・本庄へ

文庫326pages(光文社 知恵の森文庫)

※これまでタコシェにて、長年にわたり多くのお客様に”デウスエクスマキな食卓”をお求めいただいたご縁から、著者より16ページの特典冊子『川口「裏町メシ屋」少年期」をつけていただきました。

森泉岳土「爪のようなもの・最後のフェリーその他の短篇 」

森泉岳土「爪のようなもの・最後のフェリーその他の短篇 」 (小学館)¥1100+税

爪楊枝をメインの筆記具にして、墨と水を使って漫画を描く森泉岳土の読み切り短編10本を収録。(今回は冒頭に初ボールペン作品が登場)

夏にふさわしい洞窟からはじまるひんやりホラー、片岡義男作品のコミカライズ、大林宣彦監督のエピソードからタイトルに使われた幻想譚「爪のようなもの」と、ヴァラエティあふれる内容になっています。

作品にあわせて、異なる色と質の紙を使っているので、紙の本で、ページをめくる嬉しさ、ひとつひとつの世界の色や演出も味わっていただきたい。

■収録作品■
最後のフェリー
片岡義男の「彼女のリアリズムが輝く」
タゴールの「妖精」
リングワンデルング
ムルの顔
Two shades of summer
夏の夜のけものfeat.けもの
冬の偶有的神秘エトセトラ
爪のようなもの

A5判232pages

中原昌也「人生は驚きに充ちている」サイン本

 中原昌也「人生は驚きに充ちている」(新潮社)¥1800+tax

Hair Stylistics名義での音楽活動をはじめ、小説や映画評論などの執筆、コラージュやペインティングの制作と、多岐にわたり活動する中原昌也の新刊。(挿画も作家本人によるもの)

「私の体験した、希有な心霊現象を記す術」を探求する小説をはじめ、今年の2月に逝去した古井由吉との文学問答、東日本大震災後の福島で「廃墟の声」を訊いた話、新型コロナウイルスの影響により都市封鎖寸前のフランスでの無観客ライブなどについてのテクストなどを収録しています。

Novel 人生は驚きに充ちている
Interview 古井由吉氏にズバリ訊く vs.古井由吉
Interview 21世紀のクラシック音楽体験とは? vs.浅田彰
Reportage 一斗缶4個の人生
Reportage 廃墟が語りかけてくる
Essay 五輪総合演出「秋元康」という悪夢
Essay すき家、マルクス、ブラック企業
Reportage ショッピングモール空間探検記
Diary 戒厳令の昼のフランス・ツアー日誌 2020・3・4-3・17
あとがき

四六判224pages

【サイン本について】
※2020年8月2日(日)15時前までにご注文の場合、ご希望のお客様にお名入れの上、発送いたします。
備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
(お支払い方法はクレジットなど先払いでお願いします。お送りは8月3日以降となります)

2020年8月2日(日)15時から18時の間にご来店の場合は、在店予定の作家からサイン本をお渡しいたします。
新型コロナウィルス感染予防のためにご来店のお時間をオンラインショップにてご予約願います。
ご来店時はマスク着用の上、手指消毒をお願いいたします。