カテゴリー別アーカイブ: 書籍

柳生忠平「モノノケマンダラ」

柳生忠平「モノノケマンダラ」(瀬戸内人)¥1400

八十八か所の霊場をめぐるお遍路信仰がいまものこる霊性の島、小豆島で、そこにつたわる妖怪やカミガミの民俗の蒐集しながら、目に見えない妖怪たちの声に耳を澄まし、”全身これ一本の筆となり”ひたすら妖怪のすがたを描く妖怪画家・柳生忠平。

島の古い民家の天井、取り壊した家屋の戸板など、何かが宿った素材に絵を描くことが多く、不定型の作品が多い作家の作品群を、フォークロアに明るい地元の出版社が24葉のポストカード画集に編集。
怖いだけでない、ユーモラスな異形に、妖怪世界の深さを感じさえられます。

A6判48pages

●柳生忠平(やぎゅう・ちゅうべい)
妖怪画家。1976年、香川県小豆島生まれ。東京、大阪、京都、香川等で個展を開催。
近年はイタリアや台湾でも展示を行うなど、世界中に「妖怪アート」の魅力を伝えている。
巨大妖怪天井が「モノノケマンダラ」など柳生忠平の作品は、香川県小豆島「迷路のまち」のアートギャラリーMeiPAMで鑑賞することができる。

櫛野展正「アウトサイドで生きている」

櫛野展正「アウトサイドで生きている」(タバブックス) ¥1800+税

専門の美術教育を受けず、美術業界のシステムの外で独自の活動を続ける特異なアーティストとその作品に魅了され、アウトサイダーアートのキュレーションを行い、自身も規制の美術業界とは一線を画した活動を行う決意表明としてアウトサイダー・キュレーターを名乗る櫛野展正が18人のアーティストを取材・紹介。

70才すぎて写真とMacをはじめた自撮りおばあちゃん、大量の死んだ甲虫を使って武者人形を作るおじいちゃん、10代からの食べたものを詳細な絵で記録する中年男性、河川敷の草を刈ってキャラを描く路上生活者…外からの情報や評価を気にせず、自らの意志と方法で表現を続ける人々を各地に訪ね、”自らを生きる”ことを問う。

福祉施設での就職を機に、アート活動支援を始め、鞆の津ミュージアムの開館に携わりキュレーターとして活動する中で、障害者だけでないアウトサイダーアート「極限芸術~死刑囚の表現~」「ヤンキー人類学」などを企画するようになった作者だが、ミュージアムが障害者の作品を中心とした場所への原点回帰を打ち出したことで独立し、2016年、アウトサイダー専門ギャラリー・クシノテラスをオープン。福祉と美術の間で模索を続けるキュレーターが
「障害がない」ゆえに既存の福祉制度でとりあげられず、美術界でも評価されない周縁アーティストたちの人生に迫った渾身のドキュメンタリー。

目次————-

はじめに
クイーン・オブ・セルフィー 西本喜美子
妄想キングダム  遠藤文裕
隠密ツーリスト  熊澤直子(忍者ぶきみ丸)
怪獣ガラパゴス天国  八木志基
昆虫メモリアル  稲村米治
ラーテルになりたい  ラーテルさん(あなぐまハチロー)
ドローイングディズ  辻修平
路上の果て  爆弾さん
お水のカラクリ道  城田貞夫
極彩色のラッキーハウス  小林伸一
落書きラビリンス  野村一雄
進化するデコ街道  山名勝己
ヲタの祝祭  武装ラブライバー(トゥッテイ)
記憶を包む極小絵画  大竹徹祐
草むらの親善大使  藤本正人
あの味を忘れない  小林一緒
進化を続ける愛の砦  大沢武史
仮面の奥の孤独 創作仮面館

世界を治癒する者 解説:花房太一
おわりに
———————–

●櫛野展正(くしの・のぶまさ)
日本唯一のアウトサイダー・キュレーター。1976年生まれ。広島県在住。
2000年より知的障害者福祉施設で介護福祉士として働きながら、
広島県福山市鞆の浦にある「鞆の津ミュージアム」 でキュレーターを担当。
2016年4月よりアウトサイダー・アート専門ギャラリー「クシノテラス」オープンのため独立。
社会の周縁で表現を行う人たちに焦点を当て、全国各地の取材を続けている。
クシノテラス http://kushiterra.com

四六判304pages
カラー136ページで、関連作品の図版も多数収録しています。

『ぼくトンちゃん 完全版』(エランド・プレス)発売記念 いましろたかしサイン会

2017年4月29日(土)15:00から約1時間

いましろたかしの名作アクション活劇漫画『ぼくトンちゃん』に44ページの大幅描き下ろしを加えた『ぼくトンちゃん 完全版』(エランド・プレス)発売を記念して、タコシェにてサイン会を行います。

4月26日(水)より発売予定の同作品をタコシェにてお求めのお客様にサインをいたします。
ご購入の際に整理券をお渡しします。番号順にサインを受け付けます。

4月29日(土)午後3時より、約1時間ほどの予定です。
当日参加も可能ですので、今年のゴールデン・ウィークはトンちゃんでスタート!!!

いましろたかし
1960年、高知県生まれ。漫画家。
1986年、「ビジネスジャンプ」で デビュー。諦念と情熱の入り交じった独特の作風で知られ、各界のクリエイ ターにも熱烈なファンが多い。著作多数。代表作に『初期のいましろたかし』 『デメキング』『トコトコ節』『釣れんボーイ』『化け猫あんずちゃん』な ど。2015年には、初の絵本『あそこまで いってみよう』も発表。現在、 「月刊コミックビーム」にて『新 釣れんボーイ』連載中。

『ぼくトンちゃん完全版』
悩みはつきない、されど……生きる!!
97 年から翌 98 年にかけて「Weekly 漫画アクショ ン」にて連載、2002 年にエンターブレインより単行本 化され人気を博したいましろ流アクション漫画の傑作が、大幅描き下ろしを加え、待望の復刻!!

ブタ仙人のもとで修行に励む子熊のトンちゃんと兄弟子・牛山五郎。
ふたりの奮闘の日々は一見、牧歌的に映るも、ときに人生の深淵を覗かせる。
44ページにも及ぶ追加描き下ろしパート「地獄会議の章」では、トンちゃんが、強大な敵を相手に仙界クマとしての潜在能力をついに開花!
行けども尽きぬ苦悩の道。はたしてふたりの修行の行方は――。

A5判176pages 本文2色
¥1450+税

大橋裕之 幻の初期作品集『ゾッキA』

大橋裕之 幻の初期作品集『ゾッキA』(カンゼン)¥1300

漫画家、イラストレーター、ときに俳優として活躍する大橋裕之の初期作品集。ゾッキBもまもなく発売予定の2冊セットになります。

自費出版の「謎漫画作品集」「週刊オオハシ」をはじめ、マンガ誌やミニコミ誌などに掲載された活動初期の作品に加え、描き下ろしの「遠浅の部屋から~2006 逃避~」や、ミュージシャン・ロマン優光による解説も収録。

単行本を何冊も上梓し、雑誌の連絡も抱える作者の、これまでの作品の向こうに初期の作品を振り返ると、まだ何者でもなかった、何にも形容されなかった、生な作品にふいに出会ったようで衝撃的。
どうぞ、週刊大橋を手にしたことのある人もない人もぜひ、デビュー直後の漫画家大橋裕之に出会ってください!!

【収録作品】
伴くん/父/秘密/Winter Love/プロレス/オサムをこんなうさんくさい道場に通わせたくありません/犬死くん 第1話/日本/旅/アルバイト/光走族について/風習/プレゼント/全部燃やせ/37才/小松製パン/朝/判断/おっぱい/雨の日/偉人/石鹸の香り/殺人
[描き下ろし]遠浅の部屋から~2006 逃避~
解説 ロマン優光
あとがき

A5判160pages

↑何かが激しくほとばしってますよね?!

 

Paul Schonberger ポール・ションバーガー「The Gentlemen of Oniontown」

Paul Schonberger「The Gentlemen of Oniontown」¥1481+税

オーストリア人の著者ポール・ションバーガーは、アジアのバーコードヘアにフォーカスした写真集up and overを出版した人物。
今回は、数年にわたって東欧あたり?の“おやじ”たちをスケッチしつつ、彼の脳内にある町オニオンタウンの住人としてコレクションし、このコミュニティを数年にわたって築いてきました。

約150人の個性的なポートレイトに、それぞれの男たちの経歴や性格、町の役割や人間関係が付された
オニオンタウン紳士録はテクストはすべて古いタイプライターで打たれ、表紙も活版の風合いを感じさせる黒箔押しです。時間の経過とともに変色し古びた質感を増すアドニスラフを使用。数年かけてデザインが完成する予定です。

A5判152pages
※ページのノンブルの順番が一部来るっていたり、罫線が斜めになっている部分がありますがデザインの一部で、乱丁ではありません。