カテゴリー別アーカイブ: ミニコミ

高寺彰彦「失われた水平線 THE LOST HORIZON ウンドゥルスム神話」

http://taco.shop-pro.jp/?pid=145312086

高寺彰彦「失われた水平線 THE LOST HORIZON ウンドゥルスム神話」(マンガ作品保存会MOM)¥1800+tax

1997年頃からアナログで作画が始められ、2007年ウェブ媒体に掲載が決まってから、終盤の20ページ弱のみフルデジタルで描かれた、壮大なファンタジー冒険譚の序章(未完)。

物語の内容にあわせて部分的にフルカラーが使われているため、モノクロ部分も塗りで描かれ、高寺彰彦の作画技術が惜しみなく披露されています。これを再現するため本書の印刷もモノクロ部分はKのみ、カラー部分のみCMYKでコントラストが際立ちます。

プロットやキャラクターのデザイン、など構想を知る原稿や鈴木淳也の解説も収録。
表紙絵は、闘病中で手の自由が効かなくなっていた作者に代わり山本二三による描きおろし。

●高寺彰彦
1960年静岡県下田市出身。
高校卒業後、上京して、漫画情報誌『ぱふ』に投稿をする傍ら、手伝いスタッフとなる。そこで出会った大友克洋作品に強く影響を受け、後に交流するようになり大友の『気分はもう戦争』『童夢』の作画を手伝う。

デビューはマンガ奇想天外、1981年1月号に掲載された「FOGGY GOBLIN」。以降、SFやミステリーなど様々な中短編を発表、様々な映画に大きな影響を受けた作風は、アクション活劇「サルタン防衛隊」、学園アクション「大脱走」を等を経て1988年代表作「悪霊」に結実する。
その後も、大作の構想を複数抱えながら、アニメ脚本やゲーム製作などに活動の場を広げ1992年、理想の作品『ナムチ』の連載を始まるものの、打ち切り未完。
2014年に多発性骨髄腫と診断され、闘病を続けながらSNSで、活発に発信を行っていたが、2019年4月23日、帰らぬ人となった。

B5判96pages

田中六大「六大日記 ありがぼー」

田中六大「六大日記 ありがぼー」¥1000+tax

絵本、漫画、イラストで活躍する田中六大の2人の子供の事を中心とした日常日記4コマ(ときどき8コマ)をまとめたもの。
当初、自身のブログで発表、途中からモーニングのtwitterに掲載されるようにりました。

小学生の長男こうくんと3才になった長女もっちゃん。

自転車に乗る手がかじかむ寒い日、自分の手を重ねて暖めてくれたかと思えば、お母さんが好きでお父さんにはちょっとつれない女子、もっちゃん。
いつも人を乗せてる椅子さんに肩もみしてあげるファンタジー系なやさしさで、ときどきとっぴな事を言うこうくん。
そんな二人にふりまわされたり癒されるアーティスト田中六大の日常。

A6判204pages

※表紙裏に作家によるデッサンがついています。
(絵柄はそれぞれ異なります)

札幌のシティファーマーが編集する食べることと考えることの文藝誌 B

食べることと考えることの文藝誌 B ¥500+tax

札幌で野菜や蜜蜂を育てるシティファーマーとして活動する小笠賢社による、食べることと考えることの文藝誌。農業や食体験を通して見えてきた事を綴り、食べることを考えます。

第一特集はミツバチ。
ミツバチ歳時記、ミツバチを知る15のトピックス、養蜂の歴史、ミツバチと農業、ミツバチに関する本。

ミツバチの営みを助けハチミツを収穫する養蜂は、いわばミツバチとのコラボ。間違ったサポートをすればミツバチの住環境を損ない弱らせてしまうし、養蜂家によってその方法も違うようです。ミツバチを通して周囲の植生や環境問題にも自然と話題が広がります。

第二特集 文芸
屠殺を他人に委ねず自らさばくことで食物連鎖の中に自分を位置づけられるようになった体験。
都会のサラリーマンを辞めて、アラスカで雄大な自然に接したのをきっかけに、マタギに弟子入りし、狩猟や採取生活を送る若者が描く自然との調和。
などなど、お菓子屋さん、公務員、マタギ見習い、旅人など様々な年齢、職業の人が、食にかかわるエッセイを寄稿。

10.5×17.3cm 64pages

スケラッコ「602号、木の見える部屋」

スケラッコ「602号、木の見える部屋」¥750+tax

理屈っぽいところがあるけど、どこか抜けているショウタ。
のんびりしているけど、決断力はあるルイ。
新居は緑いっぱいの団地。

新婚カップルのお引っ越しから、二人の家具選び、ご近所さんとのおつきあい、ささいなきっかけでのケンカ、散歩やお花見…ふたりの日常ーーある日のある出来事ーーを、それぞれの目線で描き、2つで1つの立体的なお話になる短編集。8話×2人=16のエピソードを収録。

新しい暮らしをきっかけに、互いの新たな一面に気づきながら思い出や楽しみを増やしてゆくショウタとルイにほっこりします。

URくらしのカレッジとROOMIEの二つのサイトで並行して掲載された作品をまとめたもの。

A5判104mpages オールカラー

郷里の娘「キャバレー百物語」

郷里の娘「キャバレー百物語」 ¥1000+tax

『キャバレーは今も昔も青春のキャンパス』で、昭和のグランドキャバレーでのショーやホステスさんとお客さんの交流にスポットをあてた「郷里の娘」が、これまで収録できなかった、まことしやかな?エピソード100本を「百物語」としてまとめました。

怖い話、切ない話から温かい話まで、 ネットに書けないキャバレー妄想エピソード集!
お客さんとホステスさんが、代価を払い受け取ることで、「男らしさ」「女らしさ」を演じる中で、ふと見える素顔や本音、虚勢や孤独…。
男と女、接客、プロフェッショナルについてはもちろん、人の幸せとは…まで考えさせられてしまう一冊。

「百物語」に加え、「キャバレー風景」「お客さん語録」 「ホステス図鑑」「ホステスの一言」などのエッセイやコラムもあり。

A5判80pages