カテゴリー別アーカイブ: ミニコミ

ヒラタ「コンドーム自販機を巡る旅〜コンドーム自販機もレトロガジェット」

ヒラタ「コンドーム自販機を巡る旅〜コンドーム自販機もレトロガジェット」¥650+税

コンビニの普及、個人営業の薬局の減少で、だんだん姿を消すコンドームの自販機。

薬局を調べてストリートビューでコンドーム自販機をチェックして、現場に向い、販売機のタイプや商品を調査して写真におさめてtwitter(ニッチな終末)で発表してきた著者が、アップした情報に裏話や補説を加え、コンドーム自販機を巡るエッセイとともに構成したジン。

「明るい家族計画」のはじまりは? 自販機で見る業者の盛衰、パッケージの名前と販売名は違う、etc.

コンドーム自販機を通して社会、性、時代の変化etc.をみつめた小冊子です。

A6判44pages

月刊ドライブイン vol.04

月刊ドライブイン vol.04 ¥463+税

交通網の発展とともに、街道沿いにできた駐車場つきの食堂やみやげもの店、ドライブイン。
近年、輸送の幹線が高速道路に移ったり、休憩所も商業施設化したり、道の駅の奮闘などで、昔ながらのドライブインは姿を消しつつあるが、ライター業の一方でインタビュー誌を自費出版してきた橋本倫史は、2011年頃から、ドラインブインを巡る旅に出てインタビューを開始する。

前号で、アメリカ的なものが人々の憧れだった時代、車やファーストフードの普及にあわせて、都心にもドライブインが現れ、アメリカ的なものの一般化とともに姿を消した事に言及したことに続いて、ドライブイン発祥の地・アメリカについて更に考えを深めます。そこで、アメリカとの関わり、距離が他の土地と大きく異なる沖縄を取材。

アメリカ生まれの炭酸飲料ルートビアが飲めるる”沖縄県民に愛されるファストフード店”A&W”、美ら海水族館に近くにある、沖縄独自の”Aランチ”が評判の「ドライブインレストランハワイ」。
このふたつの店に沖縄の中のハワイ、アメリカを訪ね、ドライブインを通して現在の日本にまで思いを巡らす。

A5判40pages

オカダキラサラ「Littlefields Photography Magazine #14: “©TOKYO HELLO, Portland!” そして #22: “©PORTKYO- My Today Is Your Tomorrow” 

オカダキラサラ「Littlefields Photography Magazine #14: “©TOKYO HELLO, Portland!”」¥700+税

町の中で偶然に出くわす絶妙な瞬間を捉えるフォトグラファー、オカダキサラが、ポートランド在住の写真家・エディターJim Clinefelterとともに発行するジンのシリーズが入荷しました。14号はオカダキサラの特集。

収録写真は10枚ですが、この号のために用意された20枚の中から、ランダムに選ばれた10枚なので、構成や収録作品はバラバラです。(従って、サンプル画像の作品が入っていない事もあります)

102×150mm 10枚 封筒入り
帯の模様も個々に異なります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

オカダキラサラ「Littlefields Photography Magazine #22: “©PORTKYO- My Today Is Your Tomorrow”」¥1500+税

2017年のポートランドでの展示に際して、制作された写真ジン。
東京とポートランドとで撮りおろした作品で構成されています。

102×150mm 20枚 封筒入り
帯の毛筆部分は一点ずつ異なります。

土屋慎吾「続ゲゲゲのアシスタント~官能劇画への出発編~」

土屋慎吾「続ゲゲゲのアシスタント~官能劇画への出発編~」¥926+税

「お検査して」などで知られる官能劇画家、土屋慎吾先生の自伝漫画第二弾。

青春編では、68年から70年まで、水木プロダクションで水木しげる先生のアシスタントとして、つげ義春、鈴木翁二、つりたくにこ、古川益三らと働きながらも繁忙期でも風俗に出かけたり、自分の作品を描くためにまとまった休暇をとったり、遊びに出掛けたくて休んだりと、あまりにあてにならずに、ついに水木先生から解雇されてしまった土屋慎吾先生。

それでも水木先生に仕事を紹介してもらったり暖かく送りだされ結婚を控え、仕事も家も失い、背水の陣で漫画家としての独立を目指すところで青春にピリオドを打ったはずがーーー

続編では、結婚し、フリーランスになっても相変わらずというか、ますますハメをはずす土屋先生。夫を応援し、勤めに出て家事までこなすしっかり者の妻の堪忍袋も切れ、退職して先生の自立を促し、しぶしぶ持ち込みをはじめたところ、エロ劇画に活路を見いだし、次第に多くの仕事を受けるように…。
ところが、取材と称して風俗に通うやら、浪費をするやらで、いつもの悪いクセが出て、連載を抱えるようになると、かつての師まで見返し、天狗になってゆくのであった…。そんな土屋先生を待ち受ける運命とは??

A5判82pages

夜舟 金魚絵作品集「金魚鉢」

夜舟 金魚絵作品集「金魚鉢」¥900+税

2015~2017年に描いた29点の金魚作品を収録。
出目金や流金のような実際の金魚から、鱗を牡丹や菊、アジサイ、椿などの花びらに置き換えた創作の花金魚、
長いヒレを持った彗星金魚、得意の植物をともに描かれた金魚など、金魚づくしの画集です。

14.8cm×14.8cm スクエア型 36pages ソフトカバー