カテゴリー別アーカイブ: アート

メキシコからのシルクスクリーン本 Yecatl Peña「Fiestas Negras」

Yecatl Peña「Fiestas Negras」¥2700+税

Y. Peñaによる、リノカット作品のシリーズをシルクスクリーンで手刷りしてまとめたもの。

メキシコ社会の暗黒面〜暴力の横行、内なる植民地主義、女性差別、麻薬組織の暴力など〜を描きだしています。
力強いタッチが印象的です。黒い紙に金や赤、クラフト紙に黒で印刷しており、そのコントラストもリノ版画のタッチを際立たせています。腐食性のインキを使用しているため独特の匂いがします。

21cm × 30cm 28pages

Isabelle Boinot イザベル・ボワノ “Les Petits”

Isabelle Boinot イザベル・ボワノ “Les Petits”(Editions Crocuta Crocuta)¥1300+税

Editions Crocuta Crocuta で制作されたイザベル・ボワノの50部限定のイザベル・ボワノの小作品集。

Les petits、おちびちゃんたちをテーマにした20のドローイングを収録しています。

タイトルは、ひとつひとつ手書きで、封入写真カードもそそれぞれ異なり、ナンバー入りです。

14cm×10cm
フランスのちょっと懐かしいキーホルダーのおまけつき(通販の際のキーホルダーの選択はおまかせください)

俵谷哲典 Tetsunori Tawaraya「双眼鏡 BINOCULARS」

俵谷哲典 Tetsunori Tawaraya「双眼鏡 BINOCULARS」(COLOUR CODE)¥2500+税

カナダ・モントリオールのCOLOUR CODEから出版された、リソグラフジン。

MONITORやTELESCOPEに続く、蛍光カラーやパステルの多色刷りが鮮やかなシリーズ。

タイトルは透明な樹脂にプリントされいて、最初のページをめくると、入れ子のように、チケットのような横長の小さなページ、続いてB6くらいのページ、A5くらいのページ、正方形のページとページサイズが5段階に分かれているブックデザインが面白いです。

19cm×24cm 32pages リソ多色刷り

右側に5種類の異なる大きさのページが重なっています。

表紙は透明で、タイトルのみプリントされています。

アニメになって動きだすzine Alex Besikian「ZERO db」

Alex Besikian「ZERO db」¥1444+税

グラフィックなアートワークでzineを制作するフランス人アーティストAlex Besikianの新作、アニメになって動き出す小冊子!!

日本語のタイポグラフィや懐かしいデザインの一部を切り取り、その形の特徴や印象だけを取り出し組み立てるALEXがさらに、“部分”をカラーで表現。

ARTIVIVEという無料アプリをタブレットやスマホにインストールして、ページにかざすと、それぞれの作品がアニメになって動きだします! ジンとスマホのこんな組み合わせ、楽しい!!

18.4×13.4cm 16pages カードつき


宇野亞喜良「恋の迷宮」

宇野亞喜良「恋の迷宮」(888ブックス)¥1800+税

サンリオが山梨シルクセンターとして、詩画集を出版していた1960 年代~70 年代。
本体10.5 ×8cm の手のひらにすっぽり入るハードカバーの本が函入りで「ヤマナシ・ミニブック・シリーズ」として刊行されていました。この度、その中から宇野亞喜良が手がけた1968年刊の『恋の迷宮』を888ブックスが復刻。

本書は絵だけでなく、詩も宇野によるもので、宇野ならではの言葉のセンスで綴られた詩に、60年代の鮮烈なイラストレーションが添えられています。

小さい本ゆえ、当時の製本も大変だったと推測されますが、復刻に関しても、製本所を探すことが困難で通常の製本機械では対応できず、結果、製本、函の制作、シール貼はすべて手作業。その点でも珍しい本になっています。

収録詩
「月は泣いた」「けしは立ったままで死んだ」「火曜日の朝の事件」「そのとき空は」「くず屋さん」「マッカナバラガ」「ナイト・マスク」「白い猫が空を歩く」「歌う少女」「世界でいちばん」「ゆれる老婆のロバの背中で」「お月さまとキャンデー」「あのこに会いたい」「さよなら」

縦105mm 横80mm 32pages 函入り
※初回入荷分サイン入り

実物よりひとまわり〜ふたまわり小さめ。かわいいでしょ!