カテゴリー別アーカイブ: アート

山口マオ 2020 壁掛カレンダー / 卓上カレンダー

山口マオ 2020 壁掛カレンダー ¥1200+tax

毎年、好評をいただいている山口マオカレンダー。
使いやすさを追求して定番化したおなじみのスタイルです。
カレンダー部分は、祝日や六曜、前後の月のカレンダーが印刷されていてメモを書き込む余白も十分あって、実用的。

2020年、令和を迎えて—
マオ猫はこれまで以上に自由にあちこちに登場、神出鬼没です。
お正月からいきなり拡声器で叫んでみたり、舞台に立ったり、孔雀や像に乗り、クジラの海で泳ぎ、カメレオンの長い舌に巻かれ、蝶になったかと思えば、虫を取り、月と語らい、時間と戯れ、夜の街に佇み…
ますます自由で思慮深く、不思議になってゆきます。

B4判変型中綴じオールカラー28P 壁掛け式
天地228mm×250mm

 


山口マオ 2020 卓上カレンダー ¥580+tax

牛乳パックの再生紙を使用した組み立て式のフレームに、毎月一枚のカレンダーが入った、定番卓上エコカレンダー。
2020年は、みずみずしい季節の果物とマオ猫シリーズ。
果物と戯れるよう、枇杷の隣りで琵琶を弾いてみたり。

小さいながらも、祝日や六曜が印刷されていて、前後の月のカレンダーも見ることができます。ひとことメモを記入する余白もあって便利。

125mm×160mm 2色印刷、13枚入。

山川博子コレクション ラッシー君作品集

山川博子コレクション ラッシー君作品集 ¥909+tax

自身の愛犬ラッシー君(ミニチュアダックスフンド)を、様々なアーティストにコミッションして表現してもらう、金沢在住のユニークな主婦アートコレクター山川博子さん。

美術に造詣が深く、多種多様な作品を鑑賞する彼女ですが、これは!という作品に出会うと、アーティストにコンタクトをとり、ラッシー君モチーフの作品を依頼してしまう、ラッシー君専門コレクター、アート界のパトロンでした。

ペインティング、ドローイング、立体、蒔絵、版画、オブジェ、友禅染、編み物…と様々に表現されたラッシー君作品(50種)は山川さんのお宅の生活空間で、ラッシー君と一緒に写真におさまります。
そのコラボ写真と、山川さん自身による作家紹介や制作裏話的なイラストエッセイで構成されています。
序文は、都築響一氏。

ユニークなコレクションですが、何よりも、好きなアーティストに、愛するラッシー君の作品を作ってもらうという、ワクワクや幸せ、感謝に溢れた幸せコレクションカタログです。

AB判24pages
立版古カードつき

香港発 薄簿仔 A THIN BOOKLET #11「自由」

香港発 薄簿仔 A THIN BOOKLET #11「自由」 ¥602+tax

号ごとに1つのテーマで様々なアーティストの作品を掲載する香港発のZINE、薄簿仔 A THIN BOOKLET。

すでに10号を出して昨年で完結していましたが、逃亡犯条例改正反対のための6月9日の100万人デモ以降の香港の状況から「自由」をテーマに作品を募集して復刊。

A6判24pages リソ印刷 中綴じ

台湾のグラフィックコミックの小出版 SHAHO SHOBOよりTsung-Hsien Xue 「凍原物語 Roaming in the Tsundra」、Shin-Yong 「找找 chercher」

Tsung-Hsien Xue 「凍原物語 Roaming in the Tsundra」(SHAOHO SHOBO)¥1481+tax

台湾のリトルプレスSHAHO SHOBOのNatura Comicシリーズ第一弾は、主宰者Tsung-Hsien Xue自身の作品。

凍原=ツンドラの生態?を描いたコミック。
凍てついた世界に光が射して、カチカチだった世界が溶けて生き物の活動が再開し、やがて社会生活が。。。
ツンドラなのに、どこか南国風であったり、鈴木翁二、横山裕一、サン=テグジュペリ etc.様々なオマージュが詰め込まれながら、そのどれでもない世界が描かれています。

13.8cm×20.9cm 48pages 日英訳つき


Shin-Yong 「找找 chercher」(SHAHO SHOBO)¥1481+tax

台湾は高雄のリトルプレスSHAHO SHOBOのNatura Comicシリーズ第2弾。
第1弾はツンドラをモチーフにしていましたが、今度はtorrey pine、サンディエゴ北部の海岸沿いの郡、およびサンタローザ島でのみ生育する絶滅危惧種の松がモチーフ。

擬人化された月と雲と星が登場し殺伐とした日常から豊かな生態系までを巡り何かを探します。

13.8cm×20.9cm 48pages 日英訳つき

八画文化会館叢書vol.10 服部亜弓『モーテル☆エロチカ 消し忘れ廃墟ラブホテル選集』

八画文化会館叢書vol.10 服部亜弓『モーテル☆エロチカ 消し忘れ廃墟ラブホテル選集』(八画出版部)¥1000+tax

著者の服部亜弓さんは、ここ10年ほどラブホの撮影をしているが、この昭和遺産のオープン当時の姿を知ることの難しさを痛感していた。

しかし、経営者の夜逃げなどで、備品もそのままに突然廃墟となった物件は、閉鎖当時の様子のみならず、崩れ落ちた部分から、さらなる過去に遡れることに気づき、廃ラブホの撮影にのめり込むようになったそう。

昭和40~50年代に列島各地で花開いた「ラブホテル」は、「サカサクラゲ」と呼ばれた連れ込み宿から進化し、アメリカの「モーテル」にも影響を受けつつ、日本特有の性愛空間として定着。
だが、1985年には、風営法改正による規制で「ラブホテル」から「ファッションホテル」へと移行し、回転ベッドや鏡張りなど趣向を凝らした部屋は減って、簡素化していった。

およそ20年の間に威容を誇った昭和遺産ラブホテルは、チープなのにゴージャス。ユーモラスなのにエロチック。
時代と顧客のニーズに応えて進化し、独特の性愛文化を繰り広げた。

現存するラブホが、ラブホの到達点なのに対して、廃ラブホは、進化の途中で、その時代の姿をとどめた遺跡。タイムトリップ空間に漂う、性愛のエネルギーとユーモアを味わうことができます。

A5判 横綴じ 32pages オールカラー