カテゴリー別アーカイブ: アート

国立奥多摩秘宝館 The National Museum of Sexm Okutama  森の悦び

国立奥多摩秘宝館

「国立奥多摩秘宝館  The National of Sex Okutama 森の悦び」¥926+税

2年に一度、東京に西の端の山奥で開催される「国立奥多摩美術館」。
その地下にアーティスト小鷹拓郎の母と嫁によってセルフビルドで作られた秘宝館が国立奥多摩宝館である。(ちなみに18禁)
小鷹が奥多摩を巡り、性の神様として祀られている女性器の形をした自然石・姫乃石観音をはじめ性にまつわる信仰アイテム や調査結果を展示するとともに、この女性器形の巨石に供える男根彫刻を新たに創作したり、と新旧聖俗のエロスを展示した模様を収めたカタログ。

秘宝館を制作中、小鷹はあやまって秘宝館の前で足をすべらせ、2回の手術を要する全治三か月の骨折という重傷を負う。激痛×麻酔による意識混濁の中、性器の形をした神を見、病床から母や嫁に
指示を出し、なんとか予定通り秘宝館の完成にこぎつけた!

小鷹のコレクションに加えて、彫刻家・和田昌宏や永野智大の彫刻、写経エロビデオ、奥多摩のパプアニューギニア料理店店主が現地で収集したペニスケースコレクション、母と嫁が集めた男根型の石100個を展示、さらに嫁姑によるホームメイドのパン、チンパンマンなども販売し好評を博した。
巻末には蜷川千春による官能小説も収録。

A4判20pages

okutamahihou400_2

国立奥多摩秘宝館

同じ小鷹氏が企画した別イベントのジンもあります。

100年後の芸術

ジェイソン・ウェイト、アティコム・ムクダプラコーン、国立奥多摩美術館ほか「100年後の芸術」¥463+税

日本、英国、タイの作家やキューレーターが社会運動に関わる芸術について、芸術の未来を語ったイベントを書き起こしたジン。

タイのアーティスト、アティコムムクダプラコーンが、現地のアートシーンで社会運動と結びついた様々な芸術を紹介し、イギリスのフリーキューレーターで、福島原発立ち入禁止区域内での展覧会「Don’t Follow the Wind」を共同開催したジェイソン・ウェイトが開催の経緯を語り、奥多摩で二年に1回、既成の美術から漏れたアートのイベントを開催している
『国立奥多摩美術館』が美術について語ったのち、この三者と企画者の居原田遥と小鷹拓郎をまじえて行われた公開ディスカッションの記録。

A5判40pages

comic ミツザワ 第二号

comic ミツザワ 第2号

comic ミツザワ 第二号(円盤)¥500+税

高円寺の音楽スペース円盤が発行するコミック+etc.の雑誌「comicミツザワ」第二号。

円盤というお店が、その小ささや設備のから、ライブ会場としては不完全であることを逆手にとって常に実験の場として機能し、安定に走らないように、comicミツザワもまた、素人や門外漢が素人なりの力を発揮して変化を続けています!
前号から、ジャンプ方式で、読者アンケートで人気作品と不人気作品を投票してもらい執筆陣に反映するということで、はやくも大きな変化が! アーティスト俵屋哲典、元パリ・ペキンレコーズでカレー野獣館などの怪著がある虹釜太郎、小さいテレーズの高野さおりらが新規参加で、増ページ、誌面はますます賑やかでカオスに!!

執筆陣は
<マンガ>飯田華子、つるんづマリー、葉朗、キヂマ(ペガサス)、てんこまつり(biobiopatata ほか)、俵谷哲典(2UP、半額)、ペリー(初恋レコード)、アニュウリズム、こいけぐらんじ(シラオカ)、エーツー、ゑでぃ鼓雨磨、ミツリンゴ(プリンのため息)、たかのさおり(小さいテレーズ)
<文章>虹釜太郎、見汐麻衣、北村早樹子
<その他>遠藤里美(biobiopatata、片想い)、深浦亜希、フローズンマリー(占い)

A4判98pages

別冊ZOO

別冊ZOO

別冊ZOO ¥1300+税

Twitterで活躍する人々の“動物”、をテーマにした文章や絵、写真、漫画をまとめたジン。

絵だけでも、ドット絵、紙ナプキンへの点描画家、オリジナルぬいぐるみ、図解タッチの空想の物物画、と画風も発想もまちまち、さらに一人一人にあわせたページデザインが凝っています。テクストも、twitter形式、備忘録、創作、エッセイ、回想、手紙と様々。

画像では伝わりにくいですが、表紙も動物の頭部はエンボスになっていて柵からちょっと顔を出したようなかんじ?

タイトル通り、動物園のようにヴァリエーション豊かなエンターテイメントになっています。

参加メンバー
a_o_11/アリ/いりじゃこ/牛人/エル坊/折/紙切り君/カワウソ祭/ぎゅうにゅう/ぐる田/こだま/シエ/しづ子/スズコスケ/高野雀/ちちかわえみぞう/チョーヒカル/童話/nakashin/なれなれしいひとまつげもやすちゃん/ねいろ/ねじまき/はくる/ハナウタ/ふりだし/furukawa/町田メロメ/松駒

B5変型(230mm×182mm) 100ページ オールカラー

↓ 紙ナプキンに描かれた点描。

zoo400_1 zoo400_2 別冊ZOO

Le Dernier Criより Marc Brunier Mestas「TATAROROT」

TATAROROT tarrot550_2

Marc Brunier Mestas「TATAROROT」(Le Dernier Cri)¥2315+税

セリグラフ印刷のアート出版を手掛けるLe Dernier Criの本拠地マルセイユは、16世紀から18世紀にかけてヨーロッパにおけるタロットカードの一大生産地で、今でもマルセイユ版タロットは、太い描線に赤・黄・青を配した特徴的な絵柄で知られています。

そんな土地柄もあって、タロットの中の22枚の大アルカナをモチーフにしたカードを、特製のポートファリオに入れた作品集ができました。よく見ると、どの絵柄も元ネタをうまく、模しながら、エロティックかつSMチックに表現されていて、味わい深く楽しいです。手札サイズよりは大きいですが、実際に占いにも使えそう(笑)

ポートフォリオ 13cm×20.7cm 黒厚紙に白のセリグラフ印刷
カード 12.5×20cm 22枚 オフセット6色
500部限定

TATAROROT