カテゴリー別アーカイブ: アート

香港発 独自の美を追求する9アーティストによるアートブック「BEAUTIFUL LAND」

「BEAUTIFUL LAND」ステッカーつき¥2315+tax TOYつき¥6481+tax

一般的な審美眼とは少し違ったセンスを持った香港のアーティスト9名が自分たち目線の美を追究した作品集とオリジナルTOYがセットになったマガジン。立体やフィギュア、グラフィティなど多岐に渡るユニークな活動をするアーティストたちが揃っています!

参加アーティストは

超載舞步Overloaddance:2009年より活動を開始。「殺了貓」「畜牲」を出版のほか漫画誌ping pongにも寄稿。そのキャラクターで人形の造形も行なう。

Graphic Airlines:2002年に結成されたTatとViのデザインユニット。彼らのアイコンともいうべきほっぺが膨らんだFAT FACEは香港の町の中でグラフィティとして見ることができます。

●Hexactus : 2016年から活動開始。絵画のほか、ソフビの彩色をはじめ、色彩の監修として活躍。そのカラーでソフビファンを魅了。

●LeeeeeeToy:2016年にLewa とLegoによって設立された人形作りユニット。

Don’t cry in the morning :Asa とPoppyによるユニット。2015年頃から、自分たちのオリジナルストーリーに基づくレジン人形やソフビの創作を開始。

Miloza:Zine活動の中で、リソなどを使った高品質な少部数出版を実践したきたアーティスト。

●Lousy: パンクとサイケに影響され、ネオンカラーのグルーヴィな線で、紙の上だけでなくストリートでも活動。

●wongszechit;書店を運営しながら、日常や自然をモチーフにした作品を描く

●Kidneying: 今回の本の守護神的Toyと本全体のデザインを担当。様々な中華圏の神仏を調べてこの造形に至ったそう。

A5判 208pages

Brandon Isralsky, Ina Jang and Dean Sameshima「Utopia Centerfolds At Play」

Brandon Isralsky, Ina Jang and Dean Sameshima「Utopia Centerfolds At Play」(convoke)¥4167+tax

Ina Jang, Brandon Isralsky, and Dean Sameshima,
3人のーティストが、写真の登場以来、人々の欲望を増幅させてきたポルノグラフィーのファンタジーを、それぞれの方法で解体。

Ina Jang(Utopia)は、モデルの個性を消して空洞化したジェスチャーのみを提示し、Brandon Isralsky(Centerfolds and Fuckboys)は検閲をヒントにグラビア上に荒々しい線と色彩を加え、
Dean Sameshima(Young Men At Play)は裸の男性たちがスポーツなどを楽しむ写真を通して、
これまでの性への視点へ疑問や否定を投げかけます。

それぞれの作品は会話をするように交互に配置されています。

両面ポスターになる、作品リストと序文をおさめたカバーつき。

23.5 x 32cm 64pages
91.5 x 63.5 cm ポスター

童話的なシーンに死を描いたイラスト集 Annie Li 「CLOWN MOTEL」

Annie Li 「CLOWN MOTEL」 (SMALL TALK)¥833+tax

台湾のバンド”透明雑誌”のTシャツなど、インディミュージックシーンを中心にグッズのデザインなどを手掛けてきた台北のイラストレイーターAnnie Liのイラスト集。
2018年にSMALL TALKを設立、ZINEの発行も行っています。

Clown Motelでは死が潜むキュートな日常シーンを集めたもの。子供や玩具のある童話的な景色の中に、死や死を暗示する不吉なものが描かれています。アメリカのネバダにある同じ名前のモーテルと関係あるのかどうかはわかりません…。

21x 14.8 cm 20pages 100部限定 リソグラフ印刷

台湾発ドキュメンタリー漫画アンソロジー「熱帯季風 Monsoon vol.3 安静的戦地」

台湾発ドキュメンタリー漫画アンソロジー「熱帯季風 Monsoon vol.3 安静的戦地」(慢工出版 Slowork publishing) ¥2778+税

台中を拠点にするSlowork publishingがタイトル通りに東南アジアのアーティストたちのドキュメンタリー漫画を集めた雑誌Monsoon熱帯季風。
3号目は、その地理的な縛りを少し離れ、抽象的なテーマ「安静的戦地」(静かなる戦場)を掲げます。

ーーーー
冒頭の必読古典作品紹介のコーナーでは、フランスで90年代のコミックムーブメントを牽引した作家の一人David Dの自伝的BDで
てんかんに罹った兄との関わりと描いた「大発作」と、オーストリアのUlli Lustがパンクスだった自身の17才当時を描いた
「If Today Is the Last Day of the Rest of Your Life」を紹介。
日本の映画監督・原一男の「ゆきゆきて神軍」も出てきます。

『異郷人』は、パレスチナで戦場の取材を続ける記者Versusの原作に新鋭漫画家の高妍(Gao Yan)が 作画を担当。

『安静的戦地』は鐘聖雄による、ベトナム人出稼ぎ労働者の失踪に関する報道を元にした漫画で、テクストを鐘聖雄が担当、アーティストの曽耀慶が作画を担当しています。

今回もそれぞれの作品にあわせて紙と印刷方法を変えた、サザイナー何佳興による美しい造本になっています。
ペンでなく筆を多用した作画、カリグラフィーにも通じたデザイナーによる造本設計…と味わい深い魅力に溢れています。

26cm×18.5ccm 158pages English/Chinese
カラーページが大半で、折り込みページやシルクスクリーンの綴じ込みページあり。


Tetsunori TAWARAYA 俵谷哲典 「FINGERPRINTS」

Tetsunori TAWARAYA 俵谷哲典 「FINGER PRINTS」(COLOUR CODE)¥2500+tax

カナダのトロントを拠点とするリソの工房+発行元COLOUR CODEから出版された、リソグラフジン。

MONITOR、TELESCOPE, BONOCULARSに続く作品で、透明な表紙に指紋のプリント、その下にはリソの多色刷りがあって、重なることで複雑な絵柄と配色を作り出しています。

細かい点描を含む不思議なクリーチャーたちのデッサンを蛍光ピンクやイエローといった鮮やかな色を含むプリントがランダムな大きさの紙片にプリントされコイルで綴じられており、プリントもブックデザインも凝りに凝った一品です。

19cm×24cm 32pages 4色刷り 650部限定
(各ページ4色印刷ですが、色の組み合わせはページごとに異なります)