カテゴリー別アーカイブ: アート

香港発 薄簿仔 A THIN BOOKLET #11「自由」

香港発 薄簿仔 A THIN BOOKLET #11「自由」 ¥602+tax

号ごとに1つのテーマで様々なアーティストの作品を掲載する香港発のZINE、薄簿仔 A THIN BOOKLET。

すでに10号を出して昨年で完結していましたが、逃亡犯条例改正反対のための6月9日の100万人デモ以降の香港の状況から「自由」をテーマに作品を募集して復刊。

A6判24pages リソ印刷 中綴じ

台湾のグラフィックコミックの小出版 SHAHO SHOBOよりTsung-Hsien Xue 「凍原物語 Roaming in the Tsundra」、Shin-Yong 「找找 chercher」

Tsung-Hsien Xue 「凍原物語 Roaming in the Tsundra」(SHAOHO SHOBO)¥1481+tax

台湾のリトルプレスSHAHO SHOBOのNatura Comicシリーズ第一弾は、主宰者Tsung-Hsien Xue自身の作品。

凍原=ツンドラの生態?を描いたコミック。
凍てついた世界に光が射して、カチカチだった世界が溶けて生き物の活動が再開し、やがて社会生活が。。。
ツンドラなのに、どこか南国風であったり、鈴木翁二、横山裕一、サン=テグジュペリ etc.様々なオマージュが詰め込まれながら、そのどれでもない世界が描かれています。

13.8cm×20.9cm 48pages 日英訳つき


Shin-Yong 「找找 chercher」(SHAHO SHOBO)¥1481+tax

台湾は高雄のリトルプレスSHAHO SHOBOのNatura Comicシリーズ第2弾。
第1弾はツンドラをモチーフにしていましたが、今度はtorrey pine、サンディエゴ北部の海岸沿いの郡、およびサンタローザ島でのみ生育する絶滅危惧種の松がモチーフ。

擬人化された月と雲と星が登場し殺伐とした日常から豊かな生態系までを巡り何かを探します。

13.8cm×20.9cm 48pages 日英訳つき

八画文化会館叢書vol.10 服部亜弓『モーテル☆エロチカ 消し忘れ廃墟ラブホテル選集』

八画文化会館叢書vol.10 服部亜弓『モーテル☆エロチカ 消し忘れ廃墟ラブホテル選集』(八画出版部)¥1000+tax

著者の服部亜弓さんは、ここ10年ほどラブホの撮影をしているが、この昭和遺産のオープン当時の姿を知ることの難しさを痛感していた。

しかし、経営者の夜逃げなどで、備品もそのままに突然廃墟となった物件は、閉鎖当時の様子のみならず、崩れ落ちた部分から、さらなる過去に遡れることに気づき、廃ラブホの撮影にのめり込むようになったそう。

昭和40~50年代に列島各地で花開いた「ラブホテル」は、「サカサクラゲ」と呼ばれた連れ込み宿から進化し、アメリカの「モーテル」にも影響を受けつつ、日本特有の性愛空間として定着。
だが、1985年には、風営法改正による規制で「ラブホテル」から「ファッションホテル」へと移行し、回転ベッドや鏡張りなど趣向を凝らした部屋は減って、簡素化していった。

およそ20年の間に威容を誇った昭和遺産ラブホテルは、チープなのにゴージャス。ユーモラスなのにエロチック。
時代と顧客のニーズに応えて進化し、独特の性愛文化を繰り広げた。

現存するラブホが、ラブホの到達点なのに対して、廃ラブホは、進化の途中で、その時代の姿をとどめた遺跡。タイムトリップ空間に漂う、性愛のエネルギーとユーモアを味わうことができます。

A5判 横綴じ 32pages オールカラー

中国,台湾,日本のアーティストが寄稿するvisual arts zine 凸凹dekoboko vol.2 -dinner 晩餐

visual arts zine 凸凹dekoboko vol.2 -dinner 晩餐 ¥1800+tax

日本に滞在中のマンガ好きアーティストChou(周)とJiaxi(佳西)の二人が、中国、台湾、日本の3カ国のアーティスト9人集で作ったオリジナルのコミック誌。

第2号のテーマはdinner 晩餐。
9人が様々なアプローチで、食事、あるいはその準備や、食べることについてのコミックを寄稿。生き物をいただいたり、様々な作法のある食事、人の食事もあれば動物の食事もあり…。

●目次
Wenkai Mao Dinner
OlgaZ The man who took our treasure
イチカワハナ  たべるよる
我是白   空位
周  Daily life
GGDOG 晩餐
佳西  殺しや
Quiliq Grandpa’s secret mission
雲丹  taste
ーAuthor info

A5判68pages 100部 English / Chinese

haco デコボコorギザギザなビルのミニ写真集「UNEVEN BUILDING」 「JAGGED BUILDING」

haco 「UNEVEN BUILDING」¥800+tax

『いいビルの世界 東京ハンサムイースト』を執筆した「東京ビルさんぽ」メンバーのひとり、hacoさんによる、東京周辺+ところどころ愛知、大阪のでこぼこビルをあつめた写真集。

出窓やベランダが規則的に飛び出て並ぶビル、複雑なレゴみたいなビル、土台よりも上の建物が大きいアンバランスなデコボコ…
幾何学的な美しさを誇るビルたちが登場。

見る角度によって、表情を変えるビル。町を歩く楽しみが増えます。

15cm×15cm 36pages


haco 「JAGGED BUILDING」¥1000+tax

首都圏を中心に収集したギザギザビルの写真集。

ウェイヴィーな壁面デザイン、塗装によるギザギザの激しいコントラスト、採光やプライバシーを考えてのずらし構造からくる段々…
キザキザの反復は大型の集合住宅やホテルのなせる技。その存在感にも圧倒されます。

15cm×15cm 48pages