作成者別アーカイブ: タコシェ

2017年、タコシェで人気だった本やグッズ

昨年2017年にタコシェでの人気作品をご紹介します。自主制作の本やジンの中には、部数が限られていて、すでに完売して在庫がないものもありますが、リンクをご覧いただけましたら簡単な説明が出てきます。

2018年も、新しい本やジンとの出会いに恵まれた、楽しい年になりますよう、色々な作品を紹介してゆきますので、店頭やサイトでチェックしてくださませ。

漫画部門


早見純 カルト傑作選「性なる死想」(久保書店)


ひよどり祥子「死人の声をきくがよい9」(秋田書店)

小林銅蟲「寿司 虚空編」(三才ブックス)

ZINE 自費出版部門  漫画編

飯島市朗 ブックパンチ全集 上巻「ゴリラとの結婚」    sold out

 

 

 

 

 

 

 

○スケラッコ「しょうゆさしのフェイバリット飯」   sold out

 

 

 

 

 

香山哲「心のクウェート」

土屋慎吾「続ゲゲゲのアシスタント~官能劇画への出発編~」

漫画誌

架空 No.15 Spring 2017     sold out

『ホラーコミック レザレクション Vol.01』

ZINE 自費出版部門  カルチャー編

服部昇大「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」    sold out

Suikazura and After Dusk presents「Season in the dawn」 ディスクガイドにのらないニューウェイヴの名盤・迷盤コレクション      sold out

佐藤秀彦「蒸気波要点ガイド」      sold out

 

 

 

 

 

 

 

○りぼんメモリアル

ムービーマヨネーズ/MOVIE MAYONNAISE     sold out

ZINE 自費出版部門  イラスト・画集編

逆柱いみり『ニセ京都』     sold out

櫛野展正 編著「極限芸術 死刑囚は描く」

ネルノダイスキ「エソラゴト」

ZINE 自費出版部門  その他編

「何者からかの手紙」(BOOKSOUNDS)


八画文化会館 vol.5 駅前文化遺産

もとさや「元ハプニングバー店員による独断と偏見のハプバー入門」

ハイエナズ マガジン vol.2

雑貨部門


○墓場の鬼太郎スノードーム


○逆柱いみり そばちょこ

○ねこまんま ステッカー

年末年始の営業予定

12月31日~2018年1月3日まで年末年始休暇をいただきます。

この期間中もオンラインショップでのご注文は受け付けておりますが、お返事と発送は1月4日以降となりますので、ご了承願います。
お休みをはさんで、Ben Sanairさんの展示をひき続き開催します。原画とあわせて、アーティスト自身が印刷したポスターやプリント、製本も手がたシルクスクリーンの本などお楽しみください。

みなさま、よいお年をお迎えください。

Thank you vey much to all the customers who visited TACO ché in 2017.
We are closed from December 31st to January 3rd. We look forward to welcoming you back from 4th January on.

今年也衷心感謝大家的光臨興愛戴
TACO ché 將於12月31日起、至2018年1月3日休業。2018年1月4日開始正常営業。
熱烈期盼各位的再次光臨。

↓写真は開催中のBenさんの展示の模様です。


 

雑誌の形をしたプロアマ不問のオムニバス写真集 最終巻「WWB 2017」

「WWB 2017」¥2000+税

ワイワイブック、略してWWBは2015年からはじまった雑誌のような形をした写真集。年刊での三部作の最終巻になります。
プロもアマも関係なく、撮りたい人47人が自分の撮り方で撮ったものを、披露するイベントと連動しながら雑誌という紙のメディアに集結した作品集。写真と雑誌の可能性や未来を模索しながらの最終号です!!

表紙と巻頭は、金子山によるあヴぁんだんと宇佐蔵べに、ステージのランドセルを背負ったべにちゃんとは別の横顔、石井もたこの愛児写真、ドキドキクラブ、平野勝之、魚河岸ブルースの沼田学の白目写真、台湾に関するエッセイを書く檀上遼の台湾スナップ、イラストレーターつちもちしんじのイラスト+写真、奥信濃の老人にフォーカスしたジン「鶴と亀」の小林直博の老人ポートレイト、とプロアマ有名無名関係なく
写真を寄せています。

参加者

表紙 あヴぁんだんど 宇佐蔵べに http://usabeni.tumblr.com/ http://www.avandoned.tokyo/

山本佳代子 http://www.kayokoyamamoto.com/

倉科直弘 http://www.kurabou.net/

吉村麻未 https://000y000m.tumblr.com/

佐伯慎亮 http://www.saekishinryo.com/

諏訪稔 http://www.suwaminoru.com/

下薗詠子 https://www.eikoshimozono.com/

石井モタコ http://ameblo.jp/motakoo/

いくしゅん http://d.hatena.ne.jp/ikushun/

宮城ヨシ子 http://www.borderink.com/?p=19669

日下慶太 ケイタタ http://keitata.blogspot.jp/

秦裕典 https://hata-hiromichi.tumblr.com/

長谷川諭子 http://sa1000ko.tumblr.com/

佐内正史 http://www.sanaimasafumi.jp/

ドキドキクラブ https://www.instagram.com/dokidokiclub_insta2/

阪本勇 http://sakamotoisamu.com/

平野勝之 https://synapse.am/contents/monthly/hirano

横山祐介 むじゃきかめら https://mujyakijp.jimdo.com/

沼田学 http://manabunumataphotos.tumblr.com/

石渡朋 http://utrecht.jp/?p=22431

中藤毅彦 http://takehikonakafuji.com/

有元伸也 http://arimotoshinya.com/

鍛治谷直記 http://kajitaninaoki.com/

柿崎新

檀上遼 http://ryodanjyo.com/

小林勝行 https://kattunhanbai.thebase.in/

浦芝眞史 http://urashibamasashi.tumblr.com/

河合莉子 http://querico0711.tumblr.com/

森下くるみ http://blog.livedoor.jp/morisitakurumi/

雨宮里江 http://rieamemiya.com/RaiN_oF_EcLipSe_Of_THe_MooN/top_sentaku.html

つちもちしんじ https://www.instagram.com/shinji_tsuchimochi/

長野陽一 http://yoichinagano.com/

小林直博 http://tedxshinshuuniversity.com/speakers/speakers-2015/kobayashinaohiro

冬山

釣崎清隆 https://twitter.com/tsurisaki

西光祐輔 http://nishimitsu.jp/new_games/xi_guang_you_fu_yusuke_nishimitsu.html

西良太

MARK http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5458/frame.html

加藤みく

増本レミ https://www.instagram.com/reeeemi__03/

Maiuco

くろさかひな https://challn.tumblr.com/

金沢優汰 https://www.instagram.com/saidmenz072/

浜村晴奈

松江哲明

黛秀行 http://mayusumi.blogspot.jp/

金子山 http://kanekoyama.com/

編集 綾女欣伸 https://twitter.com/ayaminski 黛秀行 金子山
デザイン 伊藤信久

A4判変型 208pages

絵物語 ムライ「むしくい男と光の木」

ムライ「むしくい男と光の木」(青心社)¥1200+税

漫画家・イラストレイター、ムライによる描きおろしの絵物語。
少女がベッドに横たわる母親に語る、ちょっと残酷な3つの童話が入れ子のような構成で描かれています。

暗い森の中で、灯りを点して寄ってきた虫を食べてしまう虫食い男のもとに迷い入ってしまった少女と男の間で交わされた会話…
戦争で生き残った王女がひきこもる城に彼女を助けにゆく王子、2人の顛末は…
帰宅途中に手足が鳥の羽や脚にかわった少年は、迫り来る困難を乗り越えて母の元へと帰れるのか…

人間の生や死をめぐる、ハッピーエンドばかりではない、正解のない3つの物語が紡ぎ出さています。
ハードカバーなので、プレゼントにもおすすめです。

21 x 14.8cm 84pages

寺山修司×宇野亞喜良「五月よ 僕の少年よ さようなら」

寺山修司×宇野亞喜良「五月よ 僕の少年よ さようなら」(アリエスブックス)¥1700+税

1965年に出逢った寺山修司と宇野亞喜良。
互いに刺激し合いながら時代を走り、劇団・天井桟敷による『新宿版千一夜物語』『毛皮のマリー』のポスターや舞台美術をはじめ、寺山の著作の表紙や装幀も多数手掛けたらたなコラボレーションが本書です。

83年に亡くなった寺山の死後30余年を経ての、宇野亞喜良による新たなコラボレーションの試みとなります。

心を揺らす抒情的でエネルギー満ちる寺山の詩と、
繊細で愛らしくも官能的な宇野のイラストは、読者を1ページごとに、泡沫の時間旅行に誘います。

173×173mm 48pages アリエスブックス