カテゴリー別アーカイブ: 写真集

東京ビルさんぽ「いいビルの世界 東京ハンサムイースト」

東京ビルさんぽ「いいビルの世界 東京ハンサムイースト」(大福書林)¥2000+税

東京のビルを、2冊に分けて紹介する企画の第1弾。
東京在住在勤の8人が、数年かけて東京右半分を渉猟し足でさがした、ほぼ無名だけどいいビル・マンション500選を紹介。

高度経済成長期以前の、街になじんだ、しかし今は実現できない素材・技術・デザインのビルや集合住宅。問屋街・金融街・学生街・住宅街など、さまざまな街のビルを概観する内容となっています。
外観の写真が中心で、1/3くらいはタイル/エントランス/取っ手/バルコニーなど、作られた当時の質感やデザインを楽しめるようになっています。

500のうち10箇所ほどは、取材して内部も紹介しています。

一軒一軒、紹介していますが、東京東部を歩く楽しみは、戦前の建物、戦後間もなく、70年代…と様々な
時代の建物のモザイクが楽しめるところ。目白や高田馬場あたりまで入っています。(なので高田馬場の梵寿綱も含まれます)

収録エリアはーーー
蔵前〜馬喰町、茅場町・日本橋、銀座、勝どき〜晴海、秋葉原〜岩本町、神田、神保町〜水道橋、湯島〜春日、合羽橋〜浅草、上野・御徒町、日暮里〜三河島、押上〜東部沿線、金町〜平井、門前仲町、西台〜蓮根、十条・赤羽・王子、大塚、池袋、目白

外観だけないビル鑑賞ポイント〜面格子、壁画、タイル、窓、エントランスや階段〜の紹介のほか
70年代漫画でいいビル探し、などのコラムも楽しい。

A5判200pages

鶴と亀編集部「鶴と亀 禄」

鶴と亀編集部「鶴と亀 禄」(オークラ出版)¥2300+税

2013年の創刊以来、長野県奥信濃の日常をストリートカルチャーの視点で切り取り、地元のおじいちゃん、おばあちゃんのファッションやライフシタイルを発信することで、ローカルカルチャーへの注目を高めたフリーペーパー「鶴と亀」が、これまでのスナップや取材を再編集するとともに、新たに漫画化したおじいちゃん・おばあちゃんのエピソードやらインタビューや対談を加えた集大成的一冊。

スクーターで移動するおばあちゃん、雪の中でもショベルカラーで作業のおじいちゃんの姿はもちろん
金歯や入れ歯さえも、アクセサリーのようにかわいく見せたり、手拭いの上から農協のキャップをかぶる姿にラッパーを重ねてお年寄りファッションからオシャレなテクスタイルを取り出して新しいスタイルを提案したり。
古木の木肌のような皺、きれいに輝く頭頂部、飛び出た耳毛、おばあちゃんのきわどいトップレス、愛用の道具や腰痛ベルトなどに迫った写真も魅力。

MRIを「いもあらい」と聞き取るお年寄りならではの空耳や人生が滲み出た名言、居間の歴史的なインテリアや、好きなお茶菓子(ってお惣菜?)やらの紹介。
敬老GROOVYでは、田我流、のん、角舘健悟ら、おじいしゃん子、おばあちゃん子たちと仲良しおじいちゃん、おばあちゃんとの対談。

いろいろなものを選択した=洗練された「素敵な暮らし」とは別のそこにあるもの、あるがままを生きる生活の証の本!

213mm × 276mm 234pages

再入荷 珍奇世界社「オール見世物」

珍奇世界社「オール見世物」¥9800+税

珍奇世界社のカルロス山崎編集による、見世物小屋の雰囲気を満喫できる豪華ヴィジュアルブック。

実際の見世物小屋に掲げられ各地を旅した巨大な布製看板90枚をメインに、舞台に登場した蛇女、牛娘、女相撲などの芸人、双頭の動物の剥製など小屋の様子を伝える貴重な写真や書き起こした口上を収録。
大半のページは看板の形にあわせて観音びらきという豪勢なつくりで、98ページですが150ページ分くらいのボリュームがあります。

317×220mm上製、タイトル金箔押し 98pages

YOSHI YUBAI 弓場井宜嗣 「SAN FRANCISCO」

YOSHI YUBAI 弓場井宜嗣 「SAN FRANCISCO」(TINY SPLENDOR)¥3241+税

弓場井宜嗣による初写真集。
バークレーでリソグラグなどで少部数出版を手がけるTiny Splendorより出版。

サンフランシスコの書店City Lights Bookstoreで働いていたV.Valeが、 詩人のローレンス・ファーリングヘッティやアレン・ギンズバーグから100ドルずつ出資を募り77年に発行したアンダーグラウンドカルチャーを紹介する伝説的雑誌RE/searchに共鳴した広島出身のYoshiは、2002年にサンフラシスコにValeを訪ねる。
以後、同地に通ってRE/searchに長期滞在しながら、そのアーカイヴを見たり 彼らの仕事を目の当たりにしながら、
周辺の人々と交流する。そして、赤外線写真家アナ・バラッドとの出会いがきっかけとなり、フィルムでの撮影を開始し、後に日本で現像技術を学んだ。

Yoshiは、VICE JAPANへ寄稿したり、インディペンデントアートのリサーチをしながら、サンフランシスコの(危険な地域や夜間も含めた)ストリートに繰り出しては、景色や人々を撮り、2016年に東京アートブックフェアで知り合った、サンフランシスコとバークレーを拠点に出版を行うTiny Splendorより、本人立ち会いのもとリソグラフ印刷と製本を行い、本作を上梓した。

サフランシスコのストリートのエッジの効いた人物たちの姿を切りとった写真がリソグラフ印刷と相俟って、ザラついた質感で迫り来る。

本書は、80年代からサンフランシスコで活動し、2016年に他界した写真家チャールズ・ゲイトウッドに捧げられている。

序文 V.Vale(RE/Search Publications)あとがき Yosuke Konishi(NWN! Productions)。
26.7×18cm 60pages リング綴じ 120部限定

作品の紹介とイタビューはこちら>>>> 若き写真家が見る歪んだ世界vol.8 弓場井宜嗣

沼田学「築地魚河岸ブルース」

沼田学「築地魚河岸ブルース」(東京キララ社)¥2000+税

移転問題で注目される築地市場。
撮影に通ううちに、そこで働く人たちの人生が刻み込まれた沢山のいい顔に魅了され、その姿と表情を撮るベストアングルを見つけた沼田学。
働く人たちにとって馴染みの景色の一部になるべく、同じ時間に同じ場所に撮影機材をセッティングをし、カメラを構え、撮った写真をご本人に贈るうちに、構えず飾らぬ姿を写すようにーー。
それらの写真を集めての展覧会「魚河岸ブルース」が好評を博し単行本化が実現しました。
巻頭テキスト: 戌井昭人

A5判144pages

沼田学(ぬまたまなぶ)

1972年北海道生まれ。早稲田大学商学部卒。写真ワークショップコルプス修了。 雑誌編集やデザイン、音楽に興味がある学生時代を過ごし、たまたま授業の課題で扱うことになった写真に出会う。同時期に森山大道・倉田精二に影響を受け、以降写真ばかりを撮るようになる。
その後、ロックバンドのローディー、ライブフォトグラファー、肉体労働、アシスタントをなどを経験、思い切り遠回りして2003年独立。雑誌、書籍、広告、web、ムービーなどを中心にアンダーグラウンドな文化をドキュメントすることに軸足をおき、幅ひろく活躍している。
歌舞伎町のホストクラブを取材したシリーズ 「指名アリ」はCNNで特集され好評を得る。続く花街を取材したシリーズ 「赤線」は写真キュレーションサイト、フラクションマガジンで特集される。
現在は明治時代の写真術に影響を受けた技法で市井の人たちの一風変わったポートレートを撮るシリーズ「界面をなぞる」はアサヒカメラ2014年11月号ポートレート特集に掲載。展覧会は東京スポーツでとりあげられる。