カテゴリー別アーカイブ: 写真集

木藤富士夫「ZOO COLLECTION」

zoo collection

木藤富士夫「ZOO COLLECTION」¥1430+税

屋上遊園地や公園遊具の写真集のシリーズを出す木藤富士夫の初期作品集。
動物園で動物たちをモノクロフィルムで撮影し、増感現像でハイコントラストにしたもの。
ゾウ、シマウマ、サル、サイ、カバ、クジャク、チンパンジー、キリン、ワニなど、おなじみの動物たちの眼差し、皺が刻み込まれた皮膚など、体の一部を表情に焦点を当てた作品群。

B5判32pages オフセット

木藤富士夫「ZOO COLLECTION」

木藤富士夫「ZOO COLLECTION」

木藤富士夫「ZOO COLLECTION」

台湾の日常雑貨の美を集めた「普通 美」

普通 美

「普通 美」(it is edition)  ¥2500+税

台湾の日常で使われている、用の美にも通じるシンプルで美しく昨日的な生活雑貨を集めた写真集。

しゃもじ、お弁当箱、ほうき、針、コップなど日本のものにも似ているけど、どこかノスタルジックでエキゾチック、チープなのに美しいものを一点一点カードにして箱に収め丁寧に作られた写真集。
500部限定版。

20×14×2.5cm (箱サイズ)
18.6×12.5cmのカード48枚入り

普通 美

普通 美

普通 美

普通 美

普通 美

原田栄夫人形作品集「祖父の人形」

祖父の人形

原田栄夫人形作品集「祖父の人形」¥900+税

1914年生まれ、101歳になる原田栄夫氏が、ちり紙や紙粘土で作った、ちょっと変った人形の写真集。

もともとは電気関係の技術者で器用ではあったものの、アートには無縁で90歳を過ぎてから、身近な材料で作りはじめた人形は、編者になった孫の目にもユニークでいながら清廉でもあり色っぽくもあり…。そんな人形もは人にすぐにあげたり、気が向くと作り直したりしてしまうので、その形を記録すべく、2014年からtwitterにアップするようになり、そこから厳選した34点を本にまとめたとのこと。

巻末に孫から見た祖父のことや、本ができまでの経緯などが綴られています。帯文は浅生ハルミン。

A5判48pages オールカラー

祖父の人形

祖父の人形

祖父の人形

朱宮垂狐 人形作品集「SUICO DOLL PHOTOGRAPHS」

SUICO DOLL PHOTOGRAPHS 表紙

朱宮垂狐「SUICO DOLL PHOTOGRAPHS」¥1000+税

2012年より木村龍氏に師事し、人形制作をはじめた朱宮垂狐が、2012年7月~2015年10月までの約3年間で作った球体関節人形6体と小さな人形1体の写真を収録した作品集。

小さな作品集ですが、制作過程のパーツ、完成した状態、そこから服や装飾を加えたり、背景を作り込んで撮影されたものと様々なヴァリエーション、表情を捉えているので見応えある仕上がりとなっています。撮影は作家自身、一部、写真家の谷敦志によります。

130cm×181cm 36pages オールカラー 500部限定
リンボで綴じられています。(リボンのお色はいろいろ)

SUICO DOLL PHOTOGRAPHS

SUICO DOLL PHOTOGRAPHS

SUICO DOLL PHOTOGRAPHS

木藤富士夫「屋上遊園地vol.2阪神梅田本店」

屋上遊園地vol.2  阪神梅田本店

木藤富士夫「屋上遊園地vol.2 阪神梅田本店」¥1111+税

年々、減っているデパートなどの屋上遊園地を紹介する写真雑誌。屋上遊園地がシリーズ第二弾は2014年2月をもって閉園した阪神梅田本店の屋上遊園地。
昭和33年オープン以来、時代とともに遊具も変わり、閉園前はバッテリーカーを中心とした、乗り物やゲームコーナーを配した造りとなっていた。また近年では、「涼宮ハルヒの憂鬱」で知られた聖地でもあった。梅田阪神の屋上遊園地のエレベーター入口から見て右手の屋上遊園地の2005年以降に撮影した写真を集めています。
懐古趣味というより、現在進行形で私たちが失いつつある景色を記録している印象を受ける、今を切りとるシリーズです。

A4変型 28pages フルカラー

屋上遊園地vol.2  阪神梅田本店

屋上遊園地vol.2  阪神梅田本店

屋上遊園地vol.2  阪神梅田本店