画集」カテゴリーアーカイブ

TOROROEN とろろ園(友沢ミミヨ+こたお)「まめ親子作品集」「キーホルダー」

TOROROEN とろろ園(友沢ミミヨ+こたお)「まめ親子作品集」¥1181+tax

友沢ミミヨ・こたお母子によるユニット、とろろ園。
母ミミヨのむっちり原案を、娘こたおが圧倒的画力でねっちりと描き、最近では、しまおまほさんの小説「スーベニア」のカバー画を担当するなど躍進中!

2020年春、京都トランスポップギャラリーにおける、とろろ園個展の際に、同ギャラリーで制作されたポストカードサイズの作品集です。

表紙は自家製活版で、母が以前から好んで描くモチーフから最新作まで10点を厳選しています。
カバーが厚紙で自立するので、そのまま飾ることもできます。

10.5×15cm コイル綴


TOROROEN とろろ園(友沢ミミヨ+こたお)キーホルダー¥1000+tax

2020年春、京都トランスポップギャラリーにおける、とろろ園個展の際に同ギャラリーが制作したアクリルキーホルダーです。アクリル部分の大きさは10.5×5cm

Fuyuko MATSUI 松井冬子自選画集「A lock of hair 髪の房」

Fuyuko MATSUI 松井冬子自選画集「A lock of hair 髪の房」¥3600+tax

松井冬子自身が編集・制作した自選画集。過去作から最新作29点を収録。

現在、新宿瑠璃光院に依頼されて、同院白蓮華堂におさめられる襖絵48領(枚)<生々流転>シリーズに没頭する松井冬子。
2021年完成を目指して、万物が生まれ変わる様を雄大にして静謐な日本の四季の風景に仮託したアーティストの新境地となる大作群です。九相図シリーズも、完結をめざし制作中ですが、本画集にも収録されています。

生きながら、あるいは亡くなってなお、体に傷をかかえた女性と、彼女の体をとりまき共生する自然ーー彼女をついばむ鳥、死肉に宿る菌類や虫、髑髏の眼窩を蛇が通るーーを描き、苦悩や肉体が大きな自然の中で変化し生まれ変わる壮大な物語は、ときに見る人の痛みを受け止め共感を呼び、癒しや力を与えます。

【テキスト】
松井冬子
八柳サエ(横浜美術館学芸員)、
メラニー・イーストバーン(ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館学芸員)

【収録作品】
浄相の持続/終極にある異体の散在/成灰の裂目/應声は体を去らない/転換を繋ぎ合わせる/喪の寄り道/四肢の統一/髪の房/夜盲症/引き起こされた不足あるいは過剰/桜下狂女図/切断された長期の実験/優しくされているという証拠をなるべく長時間にわたって要求する/なめらかな感情を日常的に投与する/無傷の肖像/完全な幸福をもたらす普遍的万能薬/腑分図:桃/適応の稽古/自然は子の形を保つ/盲犬図/静脈のための器/無傷の標本/この疾患を治癒させるために破壊する/ただちに穏やかになって眠りにおち/陰刻された四肢の祭壇/世界中の子と友達になれる/富士/生々流転/侵入された思考の再生
〈九相図も収録されています〉

232 x 303 mm 上製 56pages

dong-hang モノクロ画集「Wrecked Archives(レクトゥ・アーカイヴス)」

dong-hang モノクロ画集「Wrecked Archives(レクトゥ・アーカイヴス)」 ¥500+tax

dong-hangが自身の過去の作品に極度な加工を施したモノクロイラスト集。

特典として全文(+没ページ)のPNG形式画像データ(ダウンロードコード)つき、最後にミニポスターもついています。

A5判28pages(表紙含む)

MOTO HIDEYASU MUSIC BOOK ~本秀康 音楽イラストレーション集

MOTO HIDEYASU MUSIC BOOK ~本秀康 音楽イラストレーション集 (Pヴァイン)¥2700+tax

ファースト画集『ハロー・グッドバイ』から20年、セカンド『MOTO book ~本本~』から12年。
今回のサードは、ルーツロックからアジアン・ポップス、日本インディーまで、古今東西の音楽をこよなく、かつ偏愛し続けてきた本秀康ならではの「ミュージシャンと音楽」に徹底的にこだわったセレクト !

自身で主宰する7インチ・レーベル、雷音 (ライオン) レコードのジャケットの原画をはじめ、この12年に本秀康が手がけた数々のジャケット、表紙、グッズデザインなどに使用された作品の原画をほぼ初出しで掲載します。

また、髙城晶平 (cero) などゆかりあるミュージシャンを迎え、
今回の作品集のための特別対談も掲載。

B5判140pages

吉岡里奈・塙興子・マキエマキ「おピンク帝国の逆襲」

吉岡里奈・塙興子・マキエマキ「おピンク帝国の逆襲」 ¥1818+tax

2020年春、板橋のカフェ百日紅での3人展にあわせて作成された図録。

表紙は、熟女グラビアの自撮りをするマキエマキをモデルにした吉岡里奈と塙興子の合作。

昭和ムードのイラストを手掛ける吉岡は、食虫植物を女の性を重ねて図解。
塙は昭和とともに葬った湿ったエロスを描きます。
マキエマキは、エロス全開の熟した体を被写体に自撮りを披露しています。
巻末には3人の熟女集合写真も。

A4判20ages