カテゴリー別アーカイブ: 漫画

台湾発のアジアのドキュメンタリー漫画誌「Monsoon vol.1」

Monsoon vol.1(漫工出版 Slowork Publishing)¥2500+税

台湾を拠点とするSlowork publishingが創刊した、アジアのアーティストたちによるドキュメンタリー漫画雑誌Monsoon熱帯季風。

漫工=Sloworkの名前の通り、シルクスクリーンを使った丁寧な少部数出版で良質のドキュメンタリー漫画を発行してきた版元は、台湾が文化的影響を多く受けてきた中国や日本以外に、アジアのモンスーン地帯を視野に入れ、作家と作品の発掘し、これからの漫画文化と文化圏を育てるドキュメンタリー漫画の雑誌を作りました。熱く広くアジアに吹く風となるように、その願いをタイトルに込めて。

ドキュメンタリーといっても社会問題や歴史だけでなく、日常観察、自然、フォークロア、建築など様々のモチーフをドキュメンタリー的なアプローチで描いています。

作品やによって紙を変えたり、シルクスクリーンで印刷したイラストを綴じ込んだり、光沢紙や銀のインクの効果を狙った印刷があったり、丁寧で贅沢な造りです。

漫画だけでなく、レビューもあり、マルタ出身のアメリカの作家ジョー・サッコの「パレスチナ」「Safe Area Goražde」とともに、日本のドキュメンタリー漫画として花輪和一「刑務所の中」(牢獄中)が紹介されています。いぶし銀地にスミで印刷された刑務所内の風呂場の見開きページが印象的です。

26m×18.5cm 148pages
カラーページが大半で、折り込みページやシルクスクリーンの綴じ込みページあり。

↓ 創刊前にクラウドファンディングのために作られた予告編

試し読みはこちらから>>>>>

表表紙見返しと、シルクスクリーンにより銀のインクで印刷された扉

鶏のさばき方の詳細が図解されています

作品によって紙も異なります。奥は折りたたみページ、手前はツルツル光沢紙に銀の印刷。

もんだみなころ 「どこへでもいけるのに、ここにいる」

もんだみなころ 「どこへでもいけるのに、ここにいる」¥500+税

わたしここにいる
たまたま■■■■■■■■■■ここにいる
わたしここにいる
もっともっと違う場所いきたいのに
わたしここにいる
選んでる
どこへいってもいいのに
信念なく
たまたま
選んだ気になって
なんとなくを選んで
わたしここにいるよ
どこへでも
いけるのに
ここにいる           (もんだみなころ)

心の中の声や葛藤、不安や空虚、自己否定と肯定、依存と自立…
揺れ動く心を綴ったコミックあるいは詩画集。

A5判56pages

新刊2冊 スケラッコ「平太郎に怖いものはない 前編」「「しょうゆさしの食いしん本」

スケラッコ「平太郎に怖いものはない 前編」(リイド社)¥630+税

日常の登場人物たちを、チクワやしょうゆさしの姿で描いたり、「盆の国」では、亡くなった人たちを日常に呼び込んだスケラッコが、本作では、江戸時代の広島の少年・稲生平太郎の妖怪実見譚「稲生物怪録」をベースに、舞台を現在に移して、シュールにゆるく幽霊のいる日常を描いています。
ちなみに、現在の平太郎は、お好み焼き屋さんを営む16才。
トーチwebにて連載中

B6判160pages

スケラッコ「しょうゆさしの食いしん本」(芳文社)¥619+税

コミックの中で食卓をよく描き、自身のレパートリーを紹介したジンも出したスケラッコの
食いしん坊コミックエッセイ!!

コンビニメニューから、ちょっとぜいたくしてのすき焼き、
パラパラチャーハンとしっとりチャーハン、ありあわせの材料で作る丼もの、
自家製エスニック、自家製あんこを乗せてのトースト、再現ちゃんこ鍋
などなど、外食や買い出しも楽しみながら、家庭用に工夫したりアレンジした
お料理を紹介します。

モノクロの絵で表現された料理、そして食感やおいしさの表現もみどころです!!

出てくるメニューは
ブリトー、シューマイ、すきやき、関西だしうどん、カマスゴのアヒージョ、
やきめし、なんでもたまごとじ丼、トマトキムチ納豆そば、いろいろのせちゃうピザ、
ベトナム風揚げ春巻き、エスニック風おかゆ、小倉トースト、ラザニア、
手巻き寿司、エビフライ、ちゃんこ鍋

B6判160pages

丸尾末広「丸尾画報DX II(改)」

丸尾末広「丸尾画報DX II(改)」(河出書房新社)¥3800+税

『丸尾画報DX 2』に新随筆、追加図版 18点を加えて20ページ増補版。
紙を見直したため、DX 1よりページは増えていますが厚みは減ってスリムになっています。

俺も行くから君も行け、狭い日本にゃ住みあいた。
敵中横断三百里、雲と流れて西東。
因果応報。怨敵退散。堕地獄仏法。曼珠沙華。
饅頭怖いと涅槃で待てば、まっかな太陽燃えている。
丸尾末広一座、昭和頽廃大サーカス凱旋公演の始まり始まり!!!

随筆:丸尾末廣 中川翔子 荒俣宏 種村季弘 永瀬正敏

B5判 214pages
サイン入り

丸尾末広「丸尾画報DX Ⅰ(改)」

丸尾末広「丸尾画報DX Ⅰ(改)」(河出書房新社)¥3800+税

『丸尾画報DX 1』に新随筆、追加図版 18点を加えて20ページ増補版。
紙を見直したため、DX 1よりページは増えていますが厚みは減ってスリムになっています。

嗚呼、五芒星とともに浮かび上がる亡國の凶兆!
東亜の空に暗雲立ち籠める時、帝都に式神放たれ、丸尾暗黒藝術が闇から目醒める!
『愛蔵版 丸尾画報DX』 1/300~30/300のために描き下ろした
ドローイング作品ほかを増補した決定版。

随筆:丸尾末広 鳥居みゆき ジョン・ゾーン、四方田犬彦、マッド・ジョージ

B5判 230pages
サイン入り
表紙まわりは赤を貴重にした普及版と、野戦色の二種類あります。