カテゴリー別アーカイブ: 漫画

コマツシンヤ「午后のあくび」

コマツシンヤ「午后のあくび」(亜紀書房)¥1000+税

うたたねしている間にみた夢のように、日常から半歩外の世界。

遅刻しそうになって猫に道案内について見知らぬ通りと抜けると…見慣れたあの場所に。
時計を修理しにいったお店が実は洋菓子店で、チョコやクッキーの部品でできた食べられる時計を食べて時間が過ぎるのを忘れたり…。

かわったことがあぶくのように湧いてくる白玉町を舞台にこの町に住むOLひび野あわこさんの“うたかたの日々”を綴った心にすっとしみ込む、キュートなショート漫画集。
コマツシンヤが読書を空想、幻想、妄想の世界にいざないます!!

A5判176pages

黄島点心「黄色い悪夢」

黄島点心「黄色い悪夢」(リイド社)¥1200+税

リイドカフェのweb連載をまとめた単行本。

布団圧縮袋にパートナーを入れて空気を抜く「圧縮芸術」マニアのカップルの関係の破綻で生じた事件、ある地方に残る奇祭、人の上っ面を剥ぐ儀式にやってきた、八方美人とそのとりまきたちが遭遇する怪、孤島の蚊を巡る時空と種を超えた壮大なロマンス…

いずれも、黄島点心のストーリーテラーとしての本領発揮といった短編揃い。
ひとつの事件や現象を巡って壮大な歴史や運命、怨念が語られています。

A5判256pages

「ホラーコミック レザレクション Vol.01」

『ホラーコミック レザレクション Vol.01』¥1850+税
イラストレーター酒井康彰が企画・編集のホラー漫画アンソロジー。

ホラー漫画がブームだった90年代に、少年期を送った酒井が、ホラー漫画ファンとして、またアーティストとして、クラウドファンディングでの応援を得て実現した本格ホラー漫画雑誌。
漫画家はもちろん、イラストレーター、怪奇作家、小説家、画家、アーティスト、20人以上のアーティストの
新作描きおろし作品、未公開作を集めた200ページ超のボリュームでの創刊です。

【夢幻画牢 [甲]】(カラーイラスト作品)
GENk 「密歌事」
GENk 「私の誕生日」
呪みちる 「搭屋小僧の最期」
西塚em 「溶葬の沼」
五ノ井愛 「蛇の子」
星レン 「怨みの孵化」
里見有 「2頭」

【HORRORS [第一部]】(漫画作品)
界賀邑里 「オーディション」
稲垣みさお 「ハコ生活」
川勝徳重 「お葬式」
金風呂タロウ 「訪問」
ナチミサト 「美容整形医師の恋」
崇山祟 「愛妻弁当」
谷口世麿 「野良ゾンビのハナちゃん」
生熊奈央 「蛾獲首」
鯛夢×戸神重明 「正夢を見る少女 ~秘蒐実話怪異譚~」
戸神重明 原作 「正夢を見る少女」

【夢幻画牢 [乙]】(モノクロイラスト作品)
黒川じょん 「蟲女 ~むしおんな~」
高橋秀武 「幻相黒月」
晴風野田 「侵食」
財賀アカネ 「拷問しようとしたらバケモノだった」
Charmal 「school days」
高港基資 「悪霊ハ嗤フ」

【HORRORS [第ニ部]】(ホラー漫画作品)
鍋島真麻 「骨間の濡れ事」
駕籠真太郎 「部屋」
オガツカヅオ 「かぐやひこ」
酒井康彰×黒実操 絵物語 「怪人形 ブリキ之介」
鯖玉弓 「H山開発プロジェクト」
高野美香 「インサイド」
雨がっぱ少女群 「人魚になりたかったお姫さま」

A5判256pages(うちカラー8ページ) カバーあり

ホラーコミックレザレクションの創刊を記念して、怪奇・ホラー系のジンを特集してみました。こちらもあわせてご覧ください。

北海道在住の漫画家による怪奇短編漫画集 年刊 怪奇 2017年 第2号

年刊誌 怪奇2017 第2号 ¥741+税

北海道在住の漫画家たちの作品で構成した怪奇ホラー系年刊漫画誌。北海道というくくりで、普段はホラーや怪奇からは遠い作品を描いている作家たちの、イレギュラーな作品を見ることができるのも楽しみのひとつ。

耽美的な少年少女を描く中井結が漫画で初参加、森環の表紙や飴屋晶貴の折り込みページの口絵などイラストも充実。今回は、創立20周年を迎えた青林工藝舎の手塚能理子編集長インタビューも収録。

●参加作家
森環、飴屋晶貴、今純子、中井結、恵助、工藤正樹、森雅之、たか、宮ノ森章太郎、
ヤナフミ、SF007、車まん吉、根本尚、池田匠、エガワタロウ、アケミックス

A5判162pages

人と動物の体感がくるくる入れ替わる? 香港の作家Overloaddance Overloaddance 超載舞步「殺了貓」「畜牲」

Overloaddance Overloaddance 超載舞步「殺了貓」¥2407+税

香港のアーティストOverloaddance 超載舞步の漫画短編集。
筆、ペン、鉛筆、グラフェイティと、画材とタッチを変えて描かれる猫の物語。

巨女の姿をした怪物を倒す一匹狼ならぬ一匹猫(ちょっと西遊妖猿伝の悟空みたいな雰囲気が)町中で猫を虐待する男を狩るストリート猫、飼い主とベッドに入りながら猫が見る夢の物語、いつの間にか人と猫が入れ替わって、エリザベルカラーをつけられる感覚や自分より大きな生き物に遭遇する感覚を想像させられたり、室外機や庇の上から日常を覗いている猫の存在を感じたり…
まったりしてい話もあれば、バイオレンスもありで猫の感覚を増幅して感じるシュールな世界を楽しめます。テクストなしです。

17.5×12cm 上製 104pages

ーーーーーーーーーー

Overloaddance 超載舞步「畜牲」¥1111+税

香港のアーティストOverloaddance 超載舞步のコミックとイラストをミックスした作品集。

「畜牲」で描かれているのは、人間を含めた生き物たち。
人ごみを描きながら、突然、ネズミのような小動物の視点で人々を見上げるようになったり
ガリバーのように足下に人々を見下ろすようになったり…。
人と獣が入れ替わるだけでなく、野生や生理的な感情や欲望を管理する側とされる側
(必ずしも人間が管理しているわけでなく、人が人をがんじがらめにしていることも)
などなどが、淡々とあるいはブラックに描かれています

21.5×16.5cm 104pages