カテゴリー別アーカイブ: 漫画

中西章文 遺作集「夢の途中」

中西章文 遺作集「夢の途中」(青林工藝舎)¥1650+税

1982年ガロでデビューから、90年まで同誌に作品を発表しながら、志し半ばの99年に42才の若さで他界した中西章文の遺作集。

中西文章は57年高知生まれ。
高校卒業後に上京、79年頃から『駅弁ひとり旅』でおなじみのはやせ淳の元でアシスタントを勤め、82年「夢の中」でガロにてデビュー。
8年間に11本の作品を発表し、97年に帰郷して闘病生活を送る中で2本の作品を描くも、念願の単行本化が叶わぬまま他界した。

師であるはやせ淳が作品をまとめて発行することを企画、twitterで遺族や関係者の連絡先を探す呼びかけが拡散され、没後20年にあたる2017年、単行本化が実現。

ガロに掲載された11本と闘病中に描いた未発表作2本に加え、アシスタント仲間や家族、編集人のはやせ淳の文章が収録されています。

デビュー作「夢の中」も、闘病中に描いた掌編「ベラスケスの視線」ともに、夢と現実、虚像と実像とが入れ籠のように重なり、視点の転換が続くうちに虚実の区別がつかなくなってゆく状況を描き込んでいます。

A5判240pages
はやせ淳先生の献辞とサイン入り

土屋慎吾「続々ゲゲゲのアシスタント~2人のアシスタント編~」

土屋慎吾「続々ゲゲゲのアシスタント~2人のアシスタント編~」¥926+税

全身官能劇画家・土屋慎吾先生の自伝漫画「ゲゲゲのアシスタント」第3弾。

68年から70年まで、水木プロダクションでアシスタントとして、つげ義春、鈴木翁二、つりたくにこ、古川益三らと働きながらも、繁忙期であっても休んで風俗に出かけたり、自分の作品を描くためにまとまった休暇をとったりで、戦力として全くあてにならずに、ついに師匠の水木先生から解雇されてしまった土屋慎吾先生。

実質的には無職というフリーランスとなりながらも結婚、これまで以上に自由を謳歌したため、家事もこなして外で働いて夫を支える妻の堪忍袋の緒も切れ、専業主婦となって夫の自立を促した結果、しぶしぶ持ち込みをはじめ、エロ劇画の世界に活路が見つける。
好景気と相俟って、依頼をこなすうちに仕事も増えて、取材と称して風俗に通うやら、浪費をするやらで、いつもの悪いクセが出て、どんどん天狗になってゆく…

←ここまでが前号までのあらすじ。

3弾ではアシスタントをやとったものの、相変わらずのちゃらんぽらんで、風俗、浮気、遅刻はなおらず仕事は伸び悩み…、アシスタントを抱えての経営にも苦労する中著書が発禁処分に……!!!!!!

ほかに、水木プロ最古参のアシスタントでともに働いた北川義和氏との思い出を描いた追悼コミックを収録。つげ義春、橋本将次、池上遼一といったアシスタントたちが登場する当時の水木プロの様子が伺えます。

A5判86pages ※サイン入り

2019年7月14日(日)14:00〜16:00 サイン会を行います!!!
すでに本にサインが入っていますが、+αがあるようです!!!!

2冊組漫画集 Chi Hoi 智海「Library & I’m With My Saint 圖書館 & 我和我聖人」

Chi Hoi 智海「Library & I’m With My Saint 圖書館 & 我和我聖人」(nos:books)¥4259+税

現在は台北を拠点に活動する、香港出身のアーティスト/漫画家、智海Chi Hoiの最新漫画集2冊組。

「圖書館」は、来館者たちが書物の中の膨大の記憶の迷宮に入りこんでしまったり囚われて戻れなくなったり、甘美でいて恐ろしい5つのファンタジーが展開されます。
【収録作品】圖書館、借來的書、公園裡、書地獄、七姊妹

「我和我聖人」はアンソロジーなどに掲載された短編からのセレクション。
【収録作品】橫豎憂愁、疏離、海、電車、當你見到天上星星、犬類、我和我聖人、夜長夢多

☆智海(Chi Hoi チーホイ)
77年香港生まれ。子供の頃から絵を描くのが好きで、大学では食品栄養学を学ぶ一方で、独学で漫画や絵を描き、96年より、地方紙や海外の雑誌のアンソロジーなどで作品を発表しはじめる。
作品には、《大騎劫──漫畫香港文學》(Hijacking – Comic HongKong Literature)(2007), 《灰掐》(The Train)(2007) , and solo《默示錄》(Still Life) (2003) などがある。漫画作品は、英語圏をはじめイタリア、フランス、フィンランドなどで翻訳されている。

16.5cm×22.5cm 120 pages エンボス加工のスリーブケース入り
表紙はポリ塩化ビニールにシルクスクリーン2色刷り印刷 かがり綴じ
「圖書館」はパントーン黒でのオフセット印刷
「我和我聖人」はCMYKに特色2色を加えたオフセットカラー印刷
*英訳冊子つきです

Morning Anxiety 日安焦慮(丁柏晏)短編漫画集「SKETCH MANGA 速寫漫畫」写真集「DRIVING PEOPLE in Japan」

Morning Anxiety 日安焦慮(丁柏晏)「SKETCH MANGA 速寫漫畫」¥1000+税

台湾でもっとも今後の活躍が期待される作家のひとり、漫画家としてはMorning Anxiety=日安焦慮、画家としては丁柏晏名義で活動するアーティストのスケッチ的な短編漫画作品。

かわいらしいキャラクターや鉛筆の素朴な線とは裏腹なちょっとブラックで、なんともいえない不安や焦燥がつきまとう未踏の世界が描かれています。

スケッチ的なスピード感のある作品ですが写真とのコラージュ、銀のマジックを使った手描き加筆などZINEらしいDIY感が随所に盛り込まれています。

21×15cm 92pages 300部限定 ステッカーつき

銀のフェルトペンで汗が描き加えられています。


Morning Anxiety 日安焦慮(丁柏晏)「DRIVING PEOPLE in Japan」¥1600+tax

Morning Anxiety=日安焦慮(丁柏晏)が日本に旅行した際に撮影した、運転する人たち…
車ではなくて、純粋に運転席ばかりを撮ったもの。←なぜソコ?!

すぐ近くにいながら、みな目的地を目指して前を見る人たち…ただ前へ、誰にもすぐ横にいる彼は見えていません。まとめて見ると、その素通り感が伝わってきます。

10×14.3cm 44pages 50部限定

漫画作品「Road to Nowhere世界邊緣之旅」も再入荷しております。あわせてどうぞ。

デザインユニット”コニコ(カヤヒロヤ/高橋由季)”関連のzine各種

高橋由季「ループ」 TAKAHASHI Yuki “LOOP” ¥1500+tax[

女の子のイラストレーションを中心に、書籍、雑誌、広告、CDジャケットなど様々な媒体で活動中のイラストレーター・高橋由季の作品集「ループ」。

バスを待つ間の停留所で本を読んだり、スマホで話しながらネコをあやしたり…女の子の日常、何気ない表情をとらえた愛らしいイラスト集です。

128mm×209mm 48pages


カヤヒロヤ「ゆうれいBOOK」 KAYA Hiroya “phantom” ¥1300+tax

とぎれとぎれの線を活かした味のあるキャラクター、不均一なあわい色味と線で、そこにあるようで、ないような、浮遊観ある不思議な世界を描くカヤヒロヤの画集+コミック。

イラストを中心に、書籍、雑誌、広告など様々な媒体で活動する一方で、イラストレーター高橋由季とのデザインユニット「コニコ」としても活躍中。

B5判無線綴じ 24pages


カヤヒロヤ KAYA Hiroya “NO DATA” + 高橋由季 TAKAHASHI Yuki “OUR PLANET” ¥500+税

デザインユニット”コニコ”としても活躍するイラストレイターカヤヒロヤと高橋由季、それぞれのテキストなしのショートコミックのカップリング。

カヤヒロヤは、ゲームの世界か夢の中かわからないあわいを、高橋由季は、女の子とペットのワンちゃんとのかわいい宇宙旅行を描いています。両開き仕様。

B5判 12pages