カテゴリー別アーカイブ: 漫画

新生総合マンガ誌 キッチュ 第2号 -特別リレー漫画/ガロのまんが道/台湾特集-

新生総合マンガ誌 キッチュ 第2号 -特別リレー漫画/ガロのまんが道/台湾特集-(ワイズ出版)¥1200+税

同人誌から、発行元をワイズ出版に移し、流通販路を広げての新生キッチュの第2号、通算8号目!

今回は、藤原カムイ企画、世代を超えた5人の作家、藤原カムイ 花輪和一 ほし埜、日高トモキチ 阿部洋一によるリレーマンガ『須弥山』が実現!

また台湾カルチャー紹介も充実、台湾でブームの廃墟探索をはじめ、ANTENNA牛魚 / 葉明軒 / nyaroro /李隆杰ら台湾作家探訪、台湾の歴史を描いた連環画を紹介。

ガロのまんが道は、前回のガロ元副編集長白取千夏雄氏に続いて、現在アックスを発行する青林工藝舎の手塚能理子インタビューを掲載。

【マンガ作品】
『須彌山』藤原カムイ 花輪和一 ほし埜、日高トモキチ 阿部洋一
『夏天吃挫冰』ムライ
『宝くじ女子!』透村
『真面目なんかじゃない』瀬戸響生
『パピリオと死体泥棒第3話』おがわさとし
『SHAPESHIFTER』R・リンドストロム
『らくがき』シゲカンジ
『創世記第11章』ひさうちみちお
『浦島太郎子』Morpho
『やらせろばかやろこのやろ』石川次郎
『今夜、バーで』画:風狸けん 原作:川上大典
『大海原に×をこけば』もぷ子
『遠く』森雅之
『12月の手紙』森環

【特別インタビュー】
●「“ガロ”のまんが道・後編 手塚能理子編」
取材・構成:呉 塵罡(ゴジンカン)

【台湾特集】
●巻頭グラビア『台湾の天外天劇場』廃墟探索部

●『台湾漫画家大探訪』
ANTENNA牛魚 / 葉明軒 / nyaroro /李隆杰
聞き手:呉塵罡(ゴ ジンカン) 構成協力:洪文茜(アカネ

●『台湾を描いた連環画を読む』加部勇一郎

【写真エッセイ】
「京都の死にたい場所」 吉村智樹
「視界の端〜モトコーに咲く花隈ソファーズ〜」市田響

【小説】
『なんば恵比寿座物語 第三話 ゴッドファーザー』 紺野まこと(イラスト:モツ子)
『国際探偵 — チェイス・オブ・ザ・ワールド 中編』關眼陣梧(イラスト:ヒノデエイジュン)
『『愛すべき廃人たち』浅倉俊樹(イラスト:沢渡鳶)』
『名探偵ブロッくんとお城のおばけ』土居豊(イラスト:鬼山龍宿)

【タイトル題字】 平田弘史
【表紙イラスト】 ANTENNA牛魚
【表紙デザイン】 セキネシンイチ制作室

A5判288pages

panpanya「グヤバノ・ホリデー」

panpanya「グヤバノ・ホリデー」(白泉社)¥980+税

『足摺り水族館』『蟹に誘われて」「枕魚」「動物たち」「二匹目の金魚」に続くpanpanyの漫画短編集。

楽園 Le Paradis [ル パラディ](白泉社)やweb増刊などに掲載された21作品と日記や自己解題を収録。

アメ横でみつけた缶ジュースで知った、グヤバノをみつけるべくフィリピンに出向くタイトルにもなった8章からなる「グヤバノ・ホリデー」をはじめ、「宿題のメカニズム」「学習こたつ」「いんちき日記術」「比較鳩学入門」「芋蔓ワンダーランド」などを収録。

カバーは、昔の果物の包装紙やシールを思い出す質感、はずすと煉瓦調の石畳がバーコ印刷(透明の厚盛り印刷)でリアルに現れます。装丁も作者によるものです。

B6判194pages

ネルノダイスキ「またとない機会」

ネルノダイスキ「またとない機会」¥500+税

短篇漫画集「エソラゴト」「であいがしら」などのネルノダイスキの最近のコピー誌やラトビアの雑誌s!への寄稿作品など6編をまとめたもの。

体のパーツが巻いた紙のようになっている宇宙人に遭遇した主人公をピンチを乗り越えることができるのか?
ミクロの視点で眺めた巨大ボビンと糸の世界
文字通り真っ黒なブラック企業での仕事…
読み切りの3つの短編と交互に、不動産物件探しで珍しい家を内見するシリーズもの3本が構成されています。

A5判60pages

なおこりん  漫画「何でアイドルじゃなくてストリップに通うんですか?」

なおこりん  漫画「何でアイドルじゃなくてストリップに通うんですか?」¥650+税

2017年から、ストリップ劇場にはまってしまったアラサー女子なおこりん。
地方の劇場にまで遠征し、その様子を漫画に描いてジンを作ったところ、大きな反響があり、ストリップを取材したNHKの番組から取材を受けることに。

そこで受けた質問がタイトル通りの「何でアイドルじゃなくてストリップに通うんですか?」。
はじめて観たときに心を奪われ、夢中でストリップを追いかけてきたなおこりんにとっては当たり前すぎて、虚をつかれたような質問に、答えに詰まってしまい、その不完全燃焼を解消すべく考えて描いたコミック”私がストリップ劇場に通うようになったわけ”が本作。

踊り子さんのダンスの見事さ、ひたむきさはもちろんのこと、女性のなおこりんにとって、むしろ女子としてはコンプレックス抱えたOLにすぎない自分だったから、胸があつくなった、女性の個性や在り方、どの踊り子さんもファンを大事にして大事にされる世界の魅力が描かれています。

これまでは、踊り子さんやお客さん、劇場の魅力を伝えてきたなおこりんが1ファンとして自身のストリップ体験を描いた作品。
ストリップに興味がある人はもちろん、性やエイターテイメントを仕事にすることに関心やら疑問のある人にもおすすめです。

B6判20pages

ムライ 漫画短編集「おおかみとおちゃのじかん」イラスト集「かいぶつたちの国」

ムライ「おおかみとおちゃのじかん」¥450+税

ムライが自身のtwitterやフリーペーパーなどのために描きおろした数ページ単位の短編をまとめたもの。

いつもの狼少年のお話とはちょっと違った結末とその作品をさらに俯瞰した入れ子のような構造の物語など、物事を多面的に捉える作者の視点によって見慣れた景色や聞き慣れたお話が新鮮に映ります。

A5判48pages


ムライ「かいぶつたちの国」¥450+税

ムライが2018年12月の個展「かいぶつたちの国」で展示した作品の一部をまとめたイラスト集。

漫画で描いたキャラクターたちも登場。
旅人達の風、ピクニックな人、鳥人、植物人、電球人、鳥の本棚、絵に閉じ込められた少女、記憶を食べる人、ティーカップに寄生された人…
など、ヘンなかいぶつ、怖いかいぶつだけでなく
見た目はかわいいのに怖いのや
なんでもないようでいてゾワっとするかいぶつなど
いろいろ。

一筆箋にもなるメモ帖のおまけつき(中の絵柄は3種類)

A5変型(14.8×14.8 ) 36pages