投稿者「タコシェ」のアーカイブ

尾崎織女「世界の民芸玩具 日本玩具博物館コレクション

尾崎織女「世界の民芸玩具 日本玩具博物館コレクション」(大福書林)¥3000+tax

電鉄会社で車掌として働く青年、井上重義は、書店で斎藤良輔「日本の郷土玩具」を手にしたのをきっかけに、77年より、非番や休日を利用して、消え行く各地の郷土玩具を収集、自宅の一部に展示スペースまで作ってしまった。
コレクションは増え、サラリーマンが作った異例の私設博物館として話題になり、ついに「日本玩具博物館」と改称し、来場者の期待に応え、学芸員を迎え活動を本格化。
現在では世界160カ国、3万点を越える世界の民芸玩具コレクションへと成長した。

本書は同館の学芸員・尾崎織女が、コレクションの中から味わい深い玩具や装飾品などを選び、美しい写真とともにその誕生背景や成り立ちを紹介したもの。

木、土、木の実、麦わら、ヤシの葉、ヒョウタン、紙……身近なものを使った多様な表現を通して、世界の造形文化を旅します。
メキシコの陶芸の村で作られたアヒルの貯金箱、
イヌイットの作った骨のけん玉、
東欧や北欧の国々に伝承される翼を広げた木製の鳥。
時代に取り残され、消滅しようとしている民衆芸術に光を当てます。

民芸玩具に関するエッセイも収録。
企画・デザインはCOCHAEの軸原ヨウスケ。カバーをはずした表紙、目次、読者カード、どれも民芸テイストで愛らしい。

B5判変型糸かがり上製 160pages

美学校根本敬クラス・特殊漫画家 前衛の道 商業漫画と特殊漫画 そのあいだ 『椅子があるのに鮫に座る』

2020年9月12日(土)〜9月26日(土)
商業漫画と特区種漫画の間をさぐる、美学校・根本敬クラスの師弟グループ展となります。

展示参加者—-
リキヤ、松田光市、中田真生央、出川ケイスケ、Rumi、ZohreMiha、Masaru Kaido、根本敬

※ご来場の際は、マスク着用、手指消毒にご協力ください。

リキヤ

松田光市

中田真生央

出川ケイスケ

Rumi

Zohre Miha

田口史人「父とゆうちゃん」

田口史人「父とゆうちゃん」¥1200+tax

大学中退を機に実家を出て、30年近く家族と疎遠だった著者は、父親が住み慣れた家を立ち退かざるを得ない事を知り、5年ぶりに再会する。
母親は他界し、父も、父と同居する妹も相応に年をとり、様子の変わった家族にほどよい距離を感じ、ねたきりになった親友のゆうちゃんを見舞いにゆくという父について病院に行き、そこで経済成長の昭和をギラギラ仕事に生きた男たちが旧交を暖める場に立ち会う。これが本書の前半。

やがて病を得た父は、治療中に自伝の執筆を試みるが筆がすすまず、父が生きた時代に興味を持つ息子は呼び水になればと、ゆうちゃんとの対面場面を描写し、父に見せると、文学青年だった父は「そうか」と何かをつかんだような反応をする。

一時は驚異的回復をみせた父は、やがて亡くなり後半はその前後を綴ったものとなります。

老い、死、病、仕事、生活…
父や同世代の男性たちの老後を目の前に、50にさしかかり、東京を拠点に地方と往復する生活に疑問を感じたり、後半生の過ごし方を考えはじめた息子の胸に去来するものを綴ったエッセイ。

18.2cm×12.8cm 36pages

mississippi 月子ちゃんと衛星

mississippi 「月子ちゃんと衛星」¥300+tax

月子ちゃんは、生まれたときから頭の周りを小さな衛星がまわっている以外は、普通の女の子。

ある日、巨大彗星が地球に高い確立で地球に衝突することが発表され、ニュースで避難が呼びかけられ、みんながパニックになり逃げまどう中、月子ちゃんだけは不思議な胸騒ぎを覚えて、みんなとは逆の方向にバイクをとばすのでした…..
果たしてその先には何が待っている?

2018年に発行されたラトビアのコミック誌kus!の日本特集にあわせて描き下ろした8Pの短編に加筆修正したもの。

A6判12pages

田中六大「六大日記 いい夢」

田中六大「六大日記 いい夢」¥1000+tax

絵本、漫画、イラストで活躍する田中六大の2人の子供の事を中心とした日常日記4コマをまとめたもの。

小学生の長男こうくんと保育園に通う長女もっちゃん。

急な雨でビショ濡れになってもハイテンションで喜ぶ一方、「ヨシタケシンスケって有名?」と同業の父に質問しながら「まあお父さんもがんばって」フォローするこうくん。
マグカップのふちの影が落ちたところの牛乳だけを飲みたがるもっちゃんは、ひげそり中に「すてきなおじさんになりたいの?」と
尋ね「え、まあね」の答えに「やばい、やばい、やばい、やばい」とギャルのような過剰反応をしたり。

表紙がカラーになったほかカラー4コマが4ページあります。

A6判168ages
※表紙裏に作家によるデッサンがついています。
(絵柄はそれぞれ異なります)


↓六大日記既刊もございます↓